ブログ説明


若者の心の扉を開き、いのちの感覚を目覚めさせ、知力・体力・気力を充実させ、

人間力・仕事力・徳力・生活力・学力・実践力・自分力を養い、世のため、人のために

役立つ人間に成長することを願い、若者の「生き方」と「働き方」と「自立」を応援しています。
ご感想・お問合せは、メール suirin@suirin.com までお願いいたします。


2017年3月25日土曜日

2017/3/25 キノコの菌打ちです!

先日キノコの菌うちを行いました!
いのちの森のキノコ王子こと市川さんがドリルで原木に穴をあけ、その中にキノコの種菌を押し込みました。早ければ今年の秋にキノコとなってでてきます。
種菌はあたりまえですが、菌なので生きています。押し込むときに「元気に育ってね」という思いをこめると、きっとその思いは伝わります。地道な実習ですが、心を込めて行いました。
まだまだ寒いけど、頑張れきのこ菌!

2017年3月23日木曜日

2017/3/23 ソーラン節 in 養生塾!

先日、帯津良一先生を迎えての水輪養生塾での帯津先生を囲む会にて、いのちの森の音楽隊のソーラン節とお馴染み実習生のBさんの歌を披露させていただきました。最初のご挨拶のときに、帯津先生から「いのちの森に訪れたときには、ソーラン節を見るのを必ず楽しみにしている」と言っていただいたので、いっそう気合いと感謝の気持ちを込めて躍らせていただきました。


ありがたいことにお客様も喜んでくださり、中には感動して涙を流してくださる方もいました。まだまだ未熟な私たちですが、皆さんのお言葉を支えにしてこれからも頑張らせていただきます!

2017年3月22日水曜日

2017/3/22 力を合わせて

いのちの森では生活力を養うためにさまざまな実習を行っています。夕食を皆で頂いた後は30人分の食器の片付けと、厨房内のお掃除を皆で一斉に行います。食器洗いに食器拭き、レンジフードや五徳、ガス台磨きに、厨房内と、食堂の床を徹底的にみがく床ふき。皆それぞれの役割に別れて力をあわせて綺麗にします。そして少し落ち着いたら、翌朝の朝食のためのお野菜皮むき。30人分の朝食、しかもすべて手作りの安心安全のごはんを皆に食べさせてあげるために、たくさんのお野菜の下準備を行います。

そして一通り終わったら、皆で集まって夜のミーティングや、勉強会を行います。


一つ一つの役割を通して一歩一歩生活するための力を養い、そして皆で協力するなかで協調性を学んでいます。
皆で力をあわせると、片付けやお掃除も本当にやりがいのある実習です。すべて終わった時の達成感はなにものにも代えられません。

皆さんも一度仲間に入ってみませんか?

2017年3月21日火曜日

2017/3/21 蛤ありがとうございました!

今日は実習生のWさんのおうちから蛤が届きました!
ものすごい活きがよく、立派な蛤でした!

われらがお父ちゃんこと、総料理長の研先生が自ら腕をふるい、蛤のお味噌汁を皆に作ってくれました。これが絶品。プリプリの蛤と、旨味の効いた汁はもう最高。皆何杯もおかわりして、お腹がたぷたぷになるまでいただきました(笑)

Wさん、ご家族のみなさま、本当にありがとうございました!

2017年3月20日月曜日

2017/3/20 養生塾開催中です!

18日~22日にかけていのちの森水輪では養生塾が開催されております。帯津三敬病院名誉院長・日本ホリスティック医学協会会長・日本ホメオパシー医学協会理事長である帯津良一先生をお迎えして、がん患者の方やその家族、医学生や医師を対象にさまざまな講座が開かれています。

畑のお野菜をたっぷりと使った、とっておきの養生食を皆様に食べていただくために、厨房メンバーとお給仕のメンバーは一生懸命頑張っております!
お料理をお出しする直前は、料理長の鷲尾さんを筆頭に、皆ど真剣な表情になり、張り詰めた空気が流れます。少しでもお客様に喜んでいただけるよう、未熟ながらも皆で精一杯おもてなしさせていただいています。

実は入所したばかりで、まだお給仕が初心者のWさん。最初は不慣れなお給仕に戸惑っていましたが、お客様のあたたかい励ましの声や、喜びの声に少しずつ自分に自信とやりがいがでてきたようです。

こうしていのちの森では、お客様に来ていただき過ごしていただくことが青少年の自立にむけての実践教育の場ともなっています。また、ありがたいことに、訪れてくださるみなさんが心優しい方ばかりで、今まで人間関係や、社会での摩擦により心を閉ざした青少年たちも、少しずつ心を開いていくことができます。

皆様のあたたかいお心に答えられるよう、これからも精一杯頑張りたいと思います!