ブログ説明


若者の心の扉を開き、いのちの感覚を目覚めさせ、知力・体力・気力を充実させ、

人間力・仕事力・徳力・生活力・学力・実践力・自分力を養い、世のため、人のために

役立つ人間に成長することを願い、若者の「生き方」と「働き方」と「自立」を応援しています。
ご感想・お問合せは、メール suirin@suirin.com までお願いいたします。


2018年6月20日水曜日

2018/06/20 藤本司先生による「脳外科医・脳科学者に聞く脳のお話」に参加させていただきました。

6月16日(土)~17日(日)には、
藤本司先生による講座、
「脳外科医・脳科学者に聞く脳のお話」が
開催されました。

今回のテーマは、「考え方・意識の大切さ」でした。

私たちが普段、実践の中で学んでいる
考え方や意識の持ち方などについて
脳外科医・脳科学者の視点から、
とても分かりやすくご講義をしてくださいました。

藤本先生、本当にありがとうございました。

講義に参加した青少年たちの感想文をご紹介させていただきます。

*****

今日は貴重なお話を聞かせて頂いてありがとうございました。
先生のとても分かりやすいご説明のおかげで、よく理解ができ、
普段、研先生、みどり先生のおっしゃられていることと同じ
「今、目の前のことに集中すること」が大切なのだと改めて感じました。
今回の講座での一番の収穫は、
辛い、苦しいと思ってやることも
極めれば至福感へと繋がるはずということです。
人間は辛いと思うとすぐにその事柄から目背けてしまいがちです。
しかし、そのプロセスこそが実はとても人生の中で重要な時期・期間であり、
そのプロセスをどのように捉え、考えるか、
ものの見方は一つだけでなく、見る見方によって、
角度によって何通りもの捉え方ができるのだと思います。
私自身何でも固定的に捉えてしまい、何でもこうである、と
一つの見方だけで考えがちです。
もっと頭(脳)を柔らかくして
起こってくる良いことも悪いことも悲観的に捉えるのではなく、
出来るだけポジティブな思考へ考えを転換できるようになりたいと思います。
辛いと思われることも人生の中で一生続くものではなく、
自分がその境遇に居合わせた時の考え方次第で
人生は転換できると信じて、日々の生活に取り組んで参ります。
(M.T.)

本日は貴重なお話をありがとうございました。
“刺激によるシナプスの増減”の話を聞いて思った事は、
自分は統合失調症になってしまい、一度、脳をおかしくしてしまいました。
しかし、シナプスが増減する事で今の状態にまでなって来た事もあり、
将来の社会復帰に対して希望を感じる事ができました。
これからは脳に対して適度なストレスを与えながらも
楽しく日々をすごせるようにしたいと思いました。
水輪での生活は自分にとって
改めてよかったのかなと感じることもできました。
最後に感情に流される事なく、
一呼吸おいて物事、観るという事を行えるようにしたいと思います。
ありがとうございました。
(Y.K.)

*****










2018年6月19日火曜日

2018/06/19 地域清掃を行いました。

日頃、お世話になっている地域の皆様、
飯綱への感謝の気持ちを込め
畑・館内のメンバーみんなで2日間かけて
地区清掃を行いました。

道路の側溝にたまった落ち葉や土を取り除いたり、
道路際の草刈りをしました。

体力をたくさん使いますが、
地域清掃をしてきれいになり、
終わったあとは清々しい気分になりました。

ご近所の方にもお言葉をかけていただき、
地域清掃に今後も取り組んでまいります!














































こちらもあわせてご覧ください!

2018年6月16日土曜日

2018/06/16 『生き方』(稲盛和夫著)から学ぶ~現実になる姿が「カラーで」見えているか~

稲盛和夫塾長の著書、『生き方』の勉強会の感想文をご紹介します。

“現実になる姿が「カラーで」見えているか”


見えてくるまで考え抜く。
非常に大事なテーマだと思いました。

何度も思い、考え、練っていくことによって
見えない道に光を当て、道を明らかにしていくという行為は、
人の限界を常に常に拡張していく行為にも感じられました。

「今作っている製品の2倍のクオリティで、
お客様にとっての普通。
3倍のクオリティで、はじめてお客様にご満足していただける。」
こういう話を聞いたことがあります。

そのクオリティに達するには、
常に自分自身をも驚かされる領域の技術に
踏み込まなければならない。

理想のビジョンを浮かべるのは簡単だが、
それを実現するのは難しい。

料理作りで最近メインをさせていただいている身として、
本当に考えさせられます。

どうやったらイメージ通りの味になるか、
イメージ通りの見た目になるか。
思った通りにいかないことが多々あります。

だからといって、考えることを止めてはいけない。
止めることは停滞ではなくむしろ退化です。

だから考えて考えて、考え抜いて、
これからも料理作りを続けていきたいと思います。

自分の人生をも切り開いていくこととイコールだと思いました。
(研修生 T.S.)













こちらもあわせてご覧ください!

2018年6月14日木曜日

2018/06/14 ワークシートを書いて一日を振り返っています。

今日は、一日の終わりに全員が書いている
「ワークシート」についてご紹介をします。

私たちは、毎日寝る前にワークシートを書き、
一日の振り返りや、反省を行なっています。

今日考えたこと、感じたこと、
自分の状態、気付いたこと、
なんでも包み隠さずにワークシートに記入していきます。

書き方にもポイントがあり、
ただ書くだけではなく、
認知行動療法を取り入れた書き方を実践しています。

①最も心に残った出来事(事実)
②その出来事に関して感じたこと
③それに対して考えたこととその理由
④別の角度からの考え方はできなかったか

ワークシートを書く時間は、
ただ一日を振り返るだけではなく
自分たちを成長させるための大切な時間です。






2018年6月10日日曜日

『生き方』(稲盛和夫著)から学ぶ~「好き」であればこそ「燃える」人間になれる~


今日は、稲盛和夫塾長の著書、『生き方』の勉強会の感想文をご紹介します。


“「好き」であればこそ「燃える」人間になれる”

私は、仕事をしていた時、丸一日仕事に集中していました。
ただ仕事をするのではなく、
ミスなく上司に認めてもらえるような気で頑張っていました。
ですが、積極性が私にはなく、
まだまだ伸びるところがあるのかなあと思いました。

仕事は好きですが、自分に何か足りないところがあるんだと思いました。
しかし、人間関係も厳しく、
すぐに辞めてしまうところがありました。
自分に勝たなくて、自分に甘いのだからだと実感しました。

「水輪」に来て、私は私の内を学んでいるんだと
だんだんそう思ってきました。
勉強は全くしていなくて、運動ばっかりしていた私が、
本当に「水輪」に来てよかったと思いました。

まだ何があるか分かりませんが、
色々頑張っていきたいと思っています。
逃げてばかりいる自分に勝っていかなければならないと思います。

実習生 N.S.

























こちらもあわせてご覧ください!

2018年6月8日金曜日

2018/06/06 夕食作り&夕食


夕食作りの様子です。
30人分のご飯の用意を、
夕食作りの担当が2人で3時間かけて作ります。




























畑メンバーが、採れたての美味しそうな野菜がやってきます。
今私たちが3食食べているご飯は、
ほとんどが畑の野菜を使った手作り料理です。

自分たちの手で作った、
無農薬・無化学肥料のエネルギーたっぷりのお野菜は
私たちの体も心も整えてくれる大切な存在です。

































ご飯ができたら、食事準備の担当の人がやってきて、盛り付けをはじめます。
どうやったら効率よく、美味しそうに盛り付けができるのかを考えながら
今日もみんなのご飯を用意してくれています。




























ご飯の準備ができました!
みんな揃って、いただきます!


























食事の時間は、今日行なった実習の共有や、
体調の報告、その他にも色々な話題で話し合いをします。

違う実習をしているメンバーの様子も、
ミーティングを通して知ることができます。

みんなで情報共有をするこの時間は、私たちにとって重要な時間です。


今日も一日お疲れ様でした。
また明日も頑張ります!





こちらもあわせてご覧ください!





2018年6月4日月曜日

2018/06/04 お出かけ懇親会がありました

先週は、部署ごとにお出かけ懇親会に行かせていただきました。

普段とは違う環境の中で、日頃の学びを実践し、
さらに外から新しい気付きを得る。
楽しいなかでも、多くの学びにあふれた時間でした。

みんなの書いた懇親会の感想文をいくつかご紹介いたします。


























たまに外へ出て、お食事などをすることで、
世間ではどのようなことが求められていて、
またどのようなサービスが展開されているのかを自分の肌で感じることができます。

外に出ることによって感じる楽しみは、
私たちが水輪で感じている楽しさとは違いますが、
食に関しては誰もが共通して必要としているものです。

その食が、いのちとつながっているということを学べるのが
水輪という場所でもあると思うので、
いのちのつながりというものを私たちが生きている間に
どこまで理解することができるのか、それが大切なのだと思います。

本日はこのような機会をいただき、本当にありがとうございました。

研修生 T.O.





























本日は、懇親会へ連れて行っていただき、
誠にありがとうございました。
先生方のお心づかいに感謝申し上げます。

普段の実習中ではあまり話さないことも、
食事のなかで聞けてよかったです。

今日ミーティングであったように、
親しき仲にも礼儀ありということはどこへいっても、
友人関係においても重要なことであると思います。
これが高いから食べたいという考え方は、
人のことを全く考えていないことであり、
ただの欲にしかすぎないので、
そういった面では今日のメンバーは
そういった礼を尽くすことはできたのではないかと思います。

心からの満腹感があれば、
お腹も自然と満たされます。

とてもお腹は満腹で、明日以降の実習に対しても
頑張っていきたいと思います。
ありがとうございました。

スタッフ 木賊萌

















































今日は、お出かけ懇親会でした。このような会を開いてくださって、
ありがとうございました。

母屋ではなかなかみんなで食事をとることができないので、
みんなで一緒にご飯を食べられるだけで、
とても嬉しかったです。

ご飯も外に食べにいくと、盛り方や作り方など参考になる部分が多々あり、
勉強という意味でも有意義な時間でした。

また、日々本当に恵まれた環境で過ごしているのだな
ということを強く感じました。

空気や、自然の多い環境、
自分を誘惑するものが少ない場所というのは
自分と向き合う上でもとても大切なものだと思います。

そういう水輪という場所に今いることが
本当にありがたく、感謝しなければならないと思いました。

ありがとうございました。

実習生 Y.T.



こちらもあわせてご覧ください!