ブログ説明


若者の心の扉を開き、いのちの感覚を目覚めさせ、知力・体力・気力を充実させ、

人間力・仕事力・徳力・生活力・学力・実践力・自分力を養い、世のため、人のために

役立つ人間に成長することを願い、若者の「生き方」と「働き方」と「自立」を応援しています。
ご感想・お問合せは、メール suirin@suirin.com までお願いいたします。


2018年8月16日木曜日

2018/08/16 喜多郎コンサート リハーサルの様子です

8月11日の喜多郎コンサートの数日前、
竹内優美さんご夫婦が、リハーサルを兼ねた小さな演奏会を
私たちスタッフ・研修生・実習生に披露してくださいました。

今回喜多郎コンサートで歌ってくださる歌の歌詞は、
塩澤みどり先生が作られたものです。

深い言葉をのせたホールいっぱいに響く竹内さんの透きとおった声には、
圧倒されてしまいました。

落ち着いた歌から、楽しくて愉快な歌、
水輪のスタッフの航介さんや平岡さんの踊り、心に沁みる歌まで、
みんな聴き入っており、
中には感動して泣いてしまう実習生もいるくらい、
本当に心が洗われるような演奏会でした。

ありがとうございました!

































2018/08/15 喜多郎コンサート

8月11日には、いのちの森水輪で、喜多郎コンサートが行われました!

スタッフ・研修生・実習生、館内のメンバーだけでなく、
ファームや母屋・総務のメンバーも総出で、準備から当日運営まで行いました。

今年の夏一番の大イベントで、
お越しくださったお客様は、200名を超えました。

喜多郎さんをはじめ、宮崎ますみさん、竹内優美さんなどのアーティストの皆様と、
たくさんのご支援を頂きましたコロナの内田会長、
鼓童文化財団理事長の五十嵐さん、
私たちに太鼓の指導をしてくださったよねちゃん、
いつも私たちを支えてくださっている多くの方々と一緒に、
素晴らしいコンサートを開催することができました。

私たち、「いのちの森音楽隊」も、
約1ヶ月猛特訓をした和太鼓の演奏を披露させていただきました。

太鼓の練習を通して学んだ、「心を合わせて一つになること」。
本番は、大勢のお客様を前にとても緊張しましたが、
日々の実習の中でも、お互い支え合って助け合っている仲間たちを信じ、
一つになって演奏することができたと思います。

コンサートの最後には、喜多郎さんとのセッションをさせて頂きました。

いきなりのことで、二度目の舞台に上がった瞬間は戸惑いましたが、
一度バチを振り下ろせば、あとは体が自由に動きはじめました。

練習も、リハーサルもなくいきなり本番を迎えたセッション。
喜多郎さんの太鼓の音に包まれながら、
舞台も、観客席も、自然とも、全てが一体となっている感じがしました。

あっという間の2時間で、コンサートが終わってしまうのが名残惜しいくらい、
とても素敵な時間を過ごすことができました。

このような機会を与えていただいたこと、本当に感謝しています。
ありがとうございました。



























こちらもあわせてご覧ください!

2018年8月8日水曜日

2018/08/08 消防訓練を行いました。

7月末に、いのちの森水輪のスタッフ・研修生・実習生全員で消防訓練を行いました。
消防訓練は年に2回、夏と冬、
近所にある長野市消防局飯綱分署の消防隊の皆様や
ご近所の方々のご協力を得て、行わせていただいています。

今回は、いのちの森水輪の敷地内にある宿泊棟から出火したことを想定した訓練でした。
宿泊しているお客様への対応、また母屋で生活をしている早穂理さんの避難など、
必要な状況を想定した上で、
一人ひとりがどのように動くかということをシュミレーションする
とても良い機会でした。

また、水輪では、全員が消火器の使い方を学べるよう、
飯綱分署の消防署の方に、消火器の使い方を教えていただいています。
今回も、厨房や館内のメンバーを中心に消火器の訓練をさせていただきました。

突然災害に見舞われたとき、とっさに的確な判断をし、
動くというのはとても難しいことです。
この年に2回の消防訓練の中で、災害時の動きを何度も何度もシュミレーションし、
経験を重ねていくことは、災害対策の中でも特に重要なことだと感じます。

こういった機会を与えていただいていることに感謝をし、
いざというときの判断力を養っていけるよう、日々精進していきたいです。




































2018年8月5日日曜日

2018/08/05 ステージ建設中!

いのちの森では、8月11日の喜多郎コンサートに向けて、
大ステージの建設が行われています!

11日は、喜多郎の「宇宙と古事記」という大宇宙の神秘をスクリーンに映しながら、
喜多郎の演奏、また他に宮崎ますみさん、竹内優美さんなどアーティストの方々、
そしていのちの森音楽隊によるソーラン節と太鼓の演奏などを行う予定です。

夏の満天の星空の下でのコンサート、
素晴らしい時間になること間違いなしです!

ぜひ皆様お越しください。

(A.K.)























こちらもあわせてご覧ください!

2018年7月29日日曜日

2018/07/29 青少年の親御さんからお菓子をいただきました!


青少年の親御さんから、ういろうと胡麻せんべいをいただきました。
一日の終わり、実習で疲れた体に、優しい甘さが染み渡ります!
ありがとうございました。

































こちらもあわせてご覧ください!

2018年7月25日水曜日

2018/07/25 中先生による青少年育成公開講座が開催されました!


713日~17日には、中健次郎先生・暢子先生の気功合宿が開催されました‼

前日の12日の夜には、中先生が青少年のために、
青少年育成公開講座の講師をしていただきました。

中先生、本当にありがとうございました。

講座を受けた青少年たちの感想文をご紹介させていただきます。

*****

本日は、青少年育成公開講座に参加させていただき、ありがとうございました。
今回は中先生の一つひとつの言葉が心にしみわたるように感じられました。
まさに今の自分に必要なことをたくさん学ぶことができました。

自分のことで悩み、ごちゃごちゃ頭の中で考えていると気が上にあがり、
宇宙の力を取り入れられなくなる。
脳波は速く、荒く、エネルギーを消費してしまいます。
まさにネガティブなことを考えている自分だと思いました。

肩の力を抜いて、エゴを外したとき、丹田に気が集まり、エネルギーが通ってくる。
今回気功をしながら、雑念が消えていったとき、
とても頭がすっきりして本当はこれが自然な自分なんだと思いました。
普段どこかしら緊張しているのは、手放せていない自分がいるから。
自分を少しでも手放せるように、日々実習に打ちこんでいきたいと思いました。
A.K.


今回中先生の講座を受けさせていただいて、
普段自分の身体には、余計な力が入っているんだなと感じました。
体の力を抜くことで、丹田に気が入っていき、自然に生きていけるのだと思います。
また、いつも何気なく動かしている体の細かいところ一つひとつに意識していくことで、
日々の自分の力になっていくよう、これからも心がけていきたいと思います。
この度は、参加をさせていただき、ありがとうございました。
K.A.

中先生の気功を通して、普段自分がどれだけ体を緊張させて、
こわばらせて生きているのだろうと思いました。
相手を倒そうとするときに、相手が抵抗もせず身体から力が抜けた状態だと全く倒せず、
逆に身体をこわばらせ、力が入っているときには簡単に倒せてしまいます。
自分の身体を相手に受け渡すようにして力を抜いたら、
実際に相手にも倒されませんでした。
まずは自分が相手を受け入れるということなのだと思います。
相手に求めるのではなく、自分が与えることを、まずしてみようと思いました。
Y.T.






































こちらもあわせてご覧ください!

2018年7月22日日曜日

2018/07/22 笹寿しをいただきました!


青少年の親御さんから、笹寿しを頂きました。

立派な笹の葉に包まれた鮭、鯛、鯖の3種類の笹寿しを、
みんな大喜びで、美味しくいただかせていただきました‼


ありがとうございました。


























こちらもあわせてご覧ください!