ブログ説明


若者の心の扉を開き、いのちの感覚を目覚めさせ、知力・体力・気力を充実させ、

人間力・仕事力・徳力・生活力・学力・実践力・自分力を養い、世のため、人のために

役立つ人間に成長することを願い、若者の「生き方」と「働き方」と「自立」を応援しています。
ご感想・お問合せは、メール suirin@suirin.com までお願いいたします。


2017年1月21日土曜日

2017/01/21 お野菜選別

冬の畑は雪の下で埋もれてしまうので夏ほどお野菜がとれません。なので雪がとけるまえに収穫したお野菜をむろなどでできるだけ長持ちさせます。冬の寒さにあたった葉物はうまみがまし、またかくだんと美味しくなっています。

今日は収穫しておいた葉物の選別を皆で行いました。先の方は少し黄色くなってても、食べられるところはたくさんあります。すこしのお野菜も無駄にすることのないよう、皆で丁寧に選別をしました。

ふだん何気なく食べている食べ物。そのありがたみは自ら生産者になり、体験を通してはじめてわかります。一食、一食。作ってくださる方と、ひとつひとつの食材のいのちに感謝をして、今日もいただきたいと思います。

2017年1月16日月曜日

2017/01/15 1月お誕生会・歓迎会です!

今日は宿泊されるお客様のいない合間をぬって、お誕生日+南野さんの歓迎会がひらかれました!今日のメニューは研先生の特製シチューに餃子にとんかつ、菜花の和え物、サラダ、フランスパンにあんこバター、パイナップルにりんごにケーキ!大変なご馳走をいただきました。どれこれも最高に美味しくいただきました(^^)みんな一日中雪かきをしていたのでお腹がペコペコだったようで、ほっぺをぱんぱんに膨らませてものすごい勢いで食べていました。いのちの森のみんなの食べっぷりは見ていて本当に気持ちがいいです。こんなに豪華な食べ物を頂けるのは、塩澤先生方やここを支援してくださっている。 方々が、自分のことよりも、頑張っている自立を学んでいる自立を学んでいる青少年にすこしでも美味しい食べ物をお腹いっぱい食べさせてあげたいという心づかいがあるからです。そのことに本当に感謝したいと思います。
今回の出し物は盛りだくさんでした。前回に引き続き、お掃除で悟りをひらき、お釈迦さまの十大弟子の一人となった「しゅりはんどく」の寸劇、天照大神の神話、天の岩戸開きの神話をもとにした司会進行で、天照大神に出てきてもらうために一人一芸披露していきました。TさんのショートコントやKさんとAさんのバレエ(?)のデュエット、鷲尾さんのギターの弾き語り、そしてBくんの歌でした。また、今回も気管切開をしている早稲理さんに風邪の菌を持ち込ませないために、さおりさんケアのメンバーは会場をわけ、誕生会を母屋で行いました。しかし今回は母屋のメンバーもおめかし(?)をしてちょっとの間だけ、皆の会場に参加しました。そして「さおりさんは生きた神様」という寸劇を行いました。いのちの森の中心であるさおりさんのケアをしている中で、さおりさんから学んでいることを劇にしました。
青少年の社会復帰を目指して、自立に向けて頑張っている青年たちと24時間ともに生活し、同じ釜の飯を食い、ともに働き、辛い時も、悲しいときも、楽しい時も嬉しい時も、ともに泣き、ともに笑う。血はつながってないけれど、ひとりひとりかけがえのない家族です。 まだまだ未熟な私たちですが、一歩一歩ともに頑張ります!