ブログ説明


若者の心の扉を開き、いのちの感覚を目覚めさせ、知力・体力・気力を充実させ、

人間力・仕事力・徳力・生活力・学力・実践力・自分力を養い、世のため、人のために

役立つ人間に成長することを願い、若者の「生き方」と「働き方」と「自立」を応援しています。
ご感想・お問合せは、メール suirin@suirin.com までお願いいたします。


2011年4月30日土曜日

4月30日(土) 畑に桜を植えました。

ファームの木です。緑色の芽が元気いっぱいに伸びています。



みなさま、こんばんは。

今日の水輪は曇り模様でした。

天気予報では晴れだったのですが、雨がぱらぱらと降ってきて全員での桜の植樹は明日になりました。

ファームチームの人は雨が降ってくるまで植樹の準備をしていたので、一足さきに植え付けをしていました。


一斉に並んで何をやっているかと思ったら・・・桜の穴を掘っています。



白い花をつける江戸彼岸桜とピンクの花の大山桜を植えました。

昨日のブログで杭を打つ話を書きましたが、今日はその杭に桜の支えを付けたそうです。


針金を支えに巻いています。



2人一組で支えに針金をぐるぐると巻いていきます。

一人が押さえて、もう一人がぐるぐる~と巻いていきます。


Sさん体をこんなにねじって針金を巻いています。



男のアシスタントスタッフのKさんが針金を巻くのをしきりに女性の実習生のSさんは代わってもらって一生懸命巻いています。(写真参照)

みんなに桜を植えた感想を聞いてみました。

実習生Iくんは、「桜は細かった。枝かと思った。」と言っています。

昨日に引き続き杭打ちの補佐をやっていた実習生のMさんは、
「杭を支えるだけの仕事なのですが、杭が真っ直ぐに刺さっているか常に気を張っていました。昨日斜めに打ってしまっていたものをまた掘り起こしてキレイに杭を打ち直しました。」
と言っていました。

50本の桜に対して100本の杭が必要です。


桜を植えています。



5町歩のファームにぐるりと添え木が囲んでいます。

3年で幹が太くなって、5、10年で“木”らしくなるそうです。

最年少のIくんは、
「10年後桜と共に僕もファームに根をはって一人前になります。」
と言っていました。

農場長のスタッフNさんは、
「50年後お花見をするのが楽しみです!」
と植樹について話してくれました。

50年後・・・遥かな楽しみです。

次世代、そのまた次の世代までもが一緒に自然を楽しみ、喜べる。

そんな農園を目指しているのですね。

私も明日の植樹が楽しみです!

2011年4月29日金曜日

4月29日(金) 信頼関係。

雪がほとんど溶けた畑です。緑が萌ゆるのが待ち遠しい!


みなさま、こんばんは。

今日の水輪は昨日よりは少し涼しかったです。

でも、朝はやっぱり清々しくて気持ちがイイです。

水輪で規則正しい生活を始めて、高原の朝の気持ち良さや早起きの良さを知ることができて良かったな~と毎朝思います。

今朝、朝ごはんを先生方と早穂理さんが住む通称・ちゃのまるはうすに運んでいるときに、ナント…うぐいすの鳴き声を聞いてしまって感動しました!

一緒にご飯を運んでいたSちゃんと少しだけ聞き入ってしまいました。

こういうちょっとした感動が毎日毎日あるのですが、それに少しずつ癒されている気がします。

今日は、ゴールデンウィークの企画の桜の植樹の準備をファームチームでしていました。

50本の桜をファームを囲むように植えるそうです。


重たいハンマーを力強く振って、一本一本の杭を根気強く打っています。


スタッフのNさんと実習生のMさんは、桜を植える予定のところに杭を打っていました。

重そうなハンマーを振り上げるNさん。

Mさんの方は杭を両手でしっかりと支えていました。

でも、顔の近くにハンマーが何度も振り下ろされているところを見ていて
「怖くない?!」と聞いたら
「Nさんは絶対外さないから。」とMさんは言っていました。

MさんはNさんを信頼しているのだな、と思いました。

これも1年以上一緒に実習をしてきている二人の信頼関係なのだな、と感心しました。

みんな桜の植樹は初めてなのでわくわくしています。



ファームに植えられている木の誘引をひとつひとつ丁寧に直しています。


アシスタントスタッフのOさんは、ファームの周辺の木を丁寧に整えていました。

中庭には色々な植物たちが顔を出しています。


水輪の中庭にはぴょこぴょことかわいい新芽たちが顔を出しています。


今は、芽だけですが花が咲いたらまた、色々な花の写真をUPしたいと思います。

2011年4月28日木曜日

4月28日(木) 春を感じる。



今日の飯綱はとってもイイお天気でした。

ゴールデンウィークのお客様のために水輪の瞑想スペース“まほろば”の荷物を一斉に母屋、早穂理庵に運びました。

朝日がだんだんと昇ってきて、早穂理さんのお部屋からは言葉にできないほどの景色が見れました。

ずっと前にみどり先生がお話しして下さったのですが、みどり先生は重い障害を抱えている早穂理さん(早穂理さんは、自分でお話しすることも、食べることも、歩くこともできず、一日の長い時間をベットで寝て過ごしていることが多いです。)が少しでも気持ち良く過ごせるように、早穂理さんのお部屋に大きな窓を作っていい景色を見られるようにしたそうです。

朝がだんだんと明けてくるのは、いつも気持ちが良いです。

そして、春になったな~と最近感じるのは、水輪の中庭を歩いていると鳥の鳴き声が本当によく聞こえるんです!!

鳥たちも待ち望んでいた春になったのかな、なんて思います。




ふきのとうが顔を出し始めたことは前にも書きましたが、水仙の芽も出てきてもうすぐ水輪の玄関口のいのちの森の看板付近には本当にたくさんの水仙が咲いてお客様をお迎えしてくれます。




中庭では、気持ち良くお食事が出来るように(お天気の日には外でお食事をお出しすることもあります。)冬の間隠れていたテーブルを出したりしました。(写真は、中庭のテーブルにかけるビニールシートを洗っています。)

今日は、ファームチームがみんなで水輪のお庭をキレイにしてくれました。

館内の整備もほとんど整い、あとはお客様を待つのみです。

水輪で素晴らしいひとときを過ごしていただけるように、スタッフ一同心を込めて清掃をしています。

2011年4月27日水曜日

4月27日(水) お引越し。

飯綱山の頂にはまだ雪が残っています。

今日の飯綱は、春の陽気に包まれていました。

こんな日は洗濯物が気持ちよく乾きそう、と晴れの日はみんなの洗濯物をいっせいに外に出します。

ふきのとうもピョコピョコと顔を出し、水仙の芽も出てきました。

もう少ししたら、ファームは一面タンポポにおおわれて黄色いじゅうたんが水輪の客室の窓から前面に見ることができます。

お客様もこの時期のたんぽぽ畑にはとても感動してくださり、畑まで駆け出す人もいらっしゃったくらいです。

さて、今日はあさってからのゴールデンウィークの宿泊に向けてみんなで一斉にお引越しをしています。

冬の間行われていた、母屋と呼ばれる早穂理庵の改築工事がやっと終了しそうなので、荷物を運び込む作業をしています。

今、水輪はスタッフ実習生、塩沢先生ご家族含めて総勢25名の大家族です。

畑の雪も溶けて、今は種まきや畑の整備にファームチームは毎日土まみれになって頑張っています。

館内チームは、このお引越しがオフシーズンの館内のメンテナンスの最後の大仕事になりそうです。

スペースまほろばも元の凛とした静寂の瞑想スペースに戻します。

事務チームは、冬の間の仮の事務所から早穂理庵2階の新事務所に移転してきたばかりです。

パソコンデスクがズラーっとカッコよく並び、大きいハイビジョンのテレビも入って、これからの勉強会が楽しみです。

しばらく荷物の大移動でごった返しそうですが、新しい生活に心躍る今日この頃でした。(みんななんだか嬉しそうです!)♪(^o^)v

スペース“まほろば”は、リラックスしていただくのにぴったりです。

2011年4月26日火曜日

4月26日 (火) セミナー 「脳と心の勉強会」に参加させていただきました。



4月23、24日に、脳神経外科医の久間祥多先生を講師にお迎えして、「脳と心の勉強会」というセミナーがありました。

今回は、実習生、スタッフ一同参加をさせていただくことができました。

脳のことを勉強するって何だか難しい感じがしていましたが、実際講義を聞いている内に脳というよりは、私たちの日々の行動をより良く理解することとつながっていったのが大変興味深かったです。

何人かの実習生の日ごろの行動をクローズアップして、どうしてそうなるのかを脳科学の観点から解明していったのは、この講義を講師対受講者の一方的なのものではなく、より生きたものにしていてとても良かったと思います。

皆興味津々に勉強させていただきました。脳トレの方法や脳を活性化させる方法まで教えていただき、これからの毎日の実習に活用していこうと思います!

私たち実習生も一流の講師の先生方の講座に参加させていただける機会があります。

日々の実習と絡めて勉強することにより、ワークスタディーをより意義深いものにしてくことができます。

感想文は近々水輪のHPの方にUPしていきたいと思います。

次回の「脳と心の勉強会」は11月19、20日になります。

詳しくは水輪のHPをご参照下さい。

絶対為になる講座です!興味のある方は是非ご参加下さい。

2011年4月25日月曜日

4月25日 はじめまして


ブログ担当の前田です。

はじめまして。今日から青少年育成Ⅱのブログを担当することになった水輪実習生2年目の前田恵と言います。

よろしくお願いします。こちらのブログは、主に実習生からの視点で、ワークスタディーの毎日の実習について書いていきます。

水輪のワークスタディーに興味があるけれど、どういうものなのだろう?と、思われている方に私たちの実習を少しでも知っていただけたらうれしいです。

5月のゴールデンウィーク中には体験週間としていのちの森の学校の体験入学も受付中です。

最近青少年育成の相談が増加しています。春は環境が変わっていろいろ悩みも出てきます。

自分は何になれるのだろう?自分は何ができるのだろう?とか生きるって何だろうとか考えて当然だと思います。

そこをどうやって乗り越えていくのかが、人生において大切なキーポイントなんじゃないかなと思います。ちょっと迷ったらこのブログをちらっとのぞきに来て下さい。

毎日ど真剣に“今、ここ、自己”を実践しているみんながここ(水輪)にはいます。

では、これからよろしくお願いしますm(_ _)m

2011年4月22日金曜日

4月22日 ペンキ塗り

アシスタントスタッフのKさんは今ペンキ塗りの実習をしています。

今日は水輪のペンキ塗りですが、とにかく大きい建物で塗るのも集中力がいります。

白壁にペンキをたらさないように、気を張ってぬっていきます。

今日はペンキ塗りの風景です。

2011年4月20日水曜日

今年もいよいよ畑実習が始まります。

畑の実習生スタッフより、よせがきをしてもらいましたので、
今年の意気込みを書いてももらいました。

ちょっと読みにくいですが、画像ところをクリックして下さい。拡大できます。

今年もおいしい野菜を作りますので、
皆さんよろしくお願い致します。

お申し込みはこちら↓
http://suirin-naturalfarm.com/

2011年4月18日月曜日

4月18日 相談が増加しています。

青少年育成について相談が増加してきています。

恐らく青少年の問題が大きな社会問題化してきていることも背景にあるのだと思います。

また春を向かえ、卒業シーズンが終わり、これからどういう道に進むのか迷っている若者も多いのだと思います。

しばらくはこの傾向は続きそうですが、できる限り多くの若者が自立できるよう、サポートしてゆきたいと思います。

2011年4月16日土曜日

4月16日 お昼寝

のどかな小春日和の風景です。

みんなでたんぼへでかけて、
お昼はおにぎりを食べて、
お昼寝。

暖かく最高の時間です。

みんな心もゆるんでのんびりです。

2011年4月14日木曜日

4月14日 温泉へ行く

ときどきみんなで温泉へ行って、温泉の食堂で外食してきます。

昨日は平日で温泉は貸しきり状態で、のんびりお湯につかってきました。
温泉の後の食事も楽しみで、みんな好きなものを頼んでいます。
食事は水輪の食事ほどおいしくはないのですが、
たまの外食が楽しいのです。
昨日は久しぶりにのんびりと楽しんできました。
ありがとうございました。

2011年4月13日水曜日

4月13日 ひさしぶりのこけ玉つくり

冬の間はお休みしていたのですが、
久しぶりにみんなでこけ玉をつくりました。

様々な実生を組み合わせ、こけをぐるぐるまいて
かっこよくこけ玉に仕上げて生きます。

やり始めると、どうしても集中していまい、
もくもくとこけ玉をつくってしまします。

みなさんもぜひ一緒につくりませんか?

2011年4月12日火曜日

4月12日 あさ一番みんなでジョギング


ここ数日、朝少しだけみんなでジョギングしています。
朝眠いのですが、朝の冷たい空気の中を走ると、すごくすっきりして気持ちいいのです。

なんとなく競争もして、楽しく走っています。

これから春を向かえ、畑実習もありますので、体力をつけるためにも大切です。

明日もみんなで走るぞ。

2011年4月8日金曜日

4月8日 まめせん

昨日は通称「まめせん」の日でした。

「まめせん」とは、豆選別の略称で、
みんなでいっせいに豆を選別していきます。

時間と量を決めていっせいに始めるのですが、
なかなか人によって実習にもばらつきがありますので、
一人が選別する量は最初に決めて、
早く終われば、それだけ早く実習終了というように、
目に見える形で、自分達のやっていることが把握できるように工夫しています。

なかなか根気のいる実習ですが、集中力をつけるための、
よいトレーニングでもあります。

2011年4月5日火曜日

4月5日 お誕生会&パーティー

毎回恒例の実習生やスタッフのお誕生日会ですが、
今回は早穂理さんが4月3日誕生日と言うことで、
大パーティーが2日間にわたって開かれました。

カラオケと寸劇は毎回恒例ですが、
この寸劇がすごい爆笑なのですが、
なかなかリアルな現実をついてもいて、
毎回とても楽しみなのです。

なんだかあったかいパーティーで、
笑いに包まれ、愛で満たされる喜びがあります。

ときどきこういうパーティーもほんとにいいです。