ブログ説明


若者の心の扉を開き、いのちの感覚を目覚めさせ、知力・体力・気力を充実させ、

人間力・仕事力・徳力・生活力・学力・実践力・自分力を養い、世のため、人のために

役立つ人間に成長することを願い、若者の「生き方」と「働き方」と「自立」を応援しています。
ご感想・お問合せは、メール suirin@suirin.com までお願いいたします。


2011年5月31日火曜日

5月31日(火) お客様の声。

飯綱山をバックにみんなでピース!
みなさま、こんばんは。
今日の飯綱高原の水輪は、高原の涼しい風が気持ち良かったです。
外はみどりに溢れていて、本当に美しい木々や森に囲まれています。

今日は朝から、今週末のアンピールさんのアンピールフォーラムの準備でいのちの森全館カバー着けをしました。
窓を開けて、客室に朝の清々しい空気を取り込んで、ふと外を見ると遠くの方には美しい山々が見え長野市内も雲海の隙間から見えました。
一輪車でいろいろ運んでいます。
夏時間になった水輪は大忙しです。
畑(水輪ナチュラルファーム)チームは、朝から田んぼにおにぎりを持って出掛けて行きました。
館内チームも今週末に向けてお掃除をしました。

事務所では、水輪ナチュラルファーム定期コースの発送が始まったのでその対応や水輪通信もそろそろ作っていかないと、ということでやる事は山ほどあります。
今回の水輪通信は、女性陣が1ページを任されることになりました。
これからみんなで企画を練っていきたいと思います。

ガールズパワーでいいものを作りたいと思います(^u^)♪
いろいろ構想はあるので企画会議楽しみです☆

今日は、水輪ナチュラルファームの自然農法お野菜定期コースのお申し込みがありました。
インターネットショップ(ショッピングカートは、こちらから!)でのお申し込みだったのですが、メッセージがあって嬉しくなりました。
お野菜パックです。
今年も自然農定期コース会員募集中です!
そのメッセージとは、このようなものです・・・
『先日お試しパックを購入しました。新鮮で瑞々しく信州の野菜に感動しました。これからも利用させていただきたくお願いいたします。』(千葉県Nさん)

おためし野菜パックをお申し込みされた方が、私たちのお野菜を食べて定期コースに入会して下さいました。

これはすごい自信になります!

夜のミーティングで畑のみんなにもメッセージを読んであげようと思っています。
アシスタントスタッフのRくん、いつも一生懸命です。
お客様の一言一言が私たちの毎日の励みになっています。(●^o^●)

明日も頑張るぞー!!

2011年5月30日月曜日

5月30日(月)  これからが夏も本番!

ポーズがかっこいいので載せてみました。
みなさま、こんばんは。
関東に続き、水輪のある信州飯綱高原も梅雨入りをしたみたいです。

今日は、帯津良一先生の水輪養生塾の最終日でした。

晴れ間が見えて畑散策に行かれた方もいらっしゃって良かったな~、とホッとしました。

今回は複数のセミナーがいろいろ重なって、30名以上のお客様がいらっしゃるときもありました。

長い冬が終わって、水輪も本格的に動き出しました。

新しい実習生にとっては、夏はセミナーが重なってハードにはなりますが、普段の実習を活かせるとてもイイ機会になります。

体力勝負ではありますが、気力も必要です。

研先生が体力と気力の関係をお話しして下さったことがありますが、体力がつくとどんどん精神力もついてきて、自分の軸というものが太くなっていくことを感じます。

水輪ワーキングスタディでは、この自分の軸を太く太くするために、日々実習に励んでいます。

これからが夏本番!
森のしずくの裏手の白樺林。
夏はとっても美しいスポットです。
頑張るぞ~\(^o^)/{オー!

2011年5月26日木曜日

5月26日(水)  朝のお祈り。

たんぽぽが黄色い絨毯のような白樺林
みなさま、こんばんは。
今日の飯綱は少し涼しく、夕方ころから雨が降り始めました。

今日から本年度の水輪ナチュラルファームお野菜パック定期コースの発送が始まりました。

これからが夏も本番!
忙しくなるぞ~!!

水輪の下屋に収穫したお野菜の袋を持って現れたWさん。

何の葉っぱか聞いてみたところ、新鮮な小松菜の葉っぱだよ、と教えてもらい明日からの養生塾のセミナーのお客さまにもお出しするのだろうな~、と思って少し見せてもらいました。

これからどんどん色々なお野菜が採れてお客さまに喜んでもらえると思うと嬉しくなります。

ついこの間から朝食のときに、みんなで手をつないで畑(水輪ナチュラルファーム)のチームと館内清掃チームがそれぞれお祈りの言葉を唱和して一日のスタートを心を新たにして始めようということになりました。

そして、最後にひとりが「今日も一日頑張るぞー!」と言い、みんなもそれに続きます。
意外とたんぽぽの根は手強いです
例えば、

畑(水輪ナチュラルファーム)チームは、

「全国の皆様に安心・安全・味は最高の
美味しい、美味しいお野菜をお届けするために、
今日も畑で一生懸命心を込めて一粒一粒種を蒔いて、
心も体も喜んでいただけるように
みんなで汗を流して畑仕事を頑張ります!」

館内清掃チームは、

「全国から水輪の養生塾
こころとからだを休めに来られるお客さまのために、
今日も一日心を込めて窓ガラスを磨きます。
そして、水輪に来て良かったと思っていただけるように、
一生懸命館内をチリひとつなく美しく清掃して整えていきます!」

「今日も一日頑張るぞー!」×3
(みんな拳を振って)
ビニールハウスは、ファームの人たちが手づくりして組み立てました

ただ、朝食を食べてミーティングをして一日を始めるよりも何だか、
もっと「頑張るぞ!」
という気持ちになり気が引き締まります。

良いスタートを切れるようになりました。

2011年5月25日水曜日

5月25日(水) カメラを持ってふらふらと。

みなさん、こんばんは。 何日かブログをお休みしてしまっていて、すみませんでした。
今日はとってもいいお天気だった飯綱高原です。

いのちの森 竣工式が終わりましたが、今週末は合宿養生塾が始まります。
ただ今水輪スタッフ&実習生は、養生塾の準備に大忙しです。
夏の忙しさはこんなもんじゃありません。
今までの冬時間に慣れていると、夏の忙しさについていくのが大変です。


ちょっと天気が良かったので、水輪周辺をカメラを持って周ってみました。
みんな頭を畝(うね)に突っ込んで何をしているのでしょう?

水輪ナチュラルファームも大忙しです。

ちょっと歩いていたら、ファームのみんなが不思議な格好で畝(うね)の溝に頭を突っ込んでいました。
畝(うね)の溝がどこまでも続いているように見える

面白かったので、近づいてみると何か細い草?のようなものを植えていました。

いっぽんいっぽん植えています

草?と思っていたら、どうやらネギでした。

ほっそいネギを一本一本丁寧に置いていきます

こんなにほそ~くてかわいいネギがぐんぐん育って、お客さまや私たちの食卓にのぼるんだ・・・

水輪ナチュラルファームのふかふかした大地の栄養を吸って、あんなに美味しくなるのだな~、と思ってこれからの成長を観察していきたくなりました。

レイキを使って草を集めています

みどり先生に白樺林でいい写真が撮れると、言われたので撮りに行きました。

木のベンチが白樺の木陰にあり、のんびりするのに最適

白樺林は、写真を撮る方向によって全然違う顔を見せてくれました。

白いすみれが絨毯のように見える白樺林

一方からは、すみれの白がすごく映えていて白の絨毯に白樺林。

もう一方は、たんぽぽの黄色の絨毯に白樺林。

そして、ファーム(水輪ナチュラルファーム)からはみどりの絨毯に白樺林が光って見えました。

水輪ナチュラルファームから見た白樺林

事務所に戻る帰りに水やりをやっているBちゃんに会いました。

ジョウロいっぱいの水は意外と重いのです
水やりとは言っても、大きなジョウロに水をタップリ入れてそれを畝(うね)のずーっと先まであげにいく。
結構重くて、何往復もするので体力つきます。
Bちゃんは黙々と水やりをやっていました。
畑でたくましく実習をしている姿が印象的でした。

今日はカメラを持ってとりとめのないことをつづってみました。

2011年5月23日月曜日

5月23日(月) いのちの森 竣工式

みなさま、こんばんは。
今日は5月なのに結構寒いお天気でした。
お昼過ぎからは、雨が降り続いています。

私たち水輪スタッフ&実習生は水輪のレストランを使わせていただいてご飯をそこで食べています。
水輪のレストランのテーブルの配置を少し前から変えたところ、ちょっと気分も変わってイイ感じです。
水輪のレストランは、地下にあるバーみたいでとってもいい雰囲気です。
私たちにはもったいないくらい。
以前は母屋(早穂理庵)で、大きなちゃぶ台をいくつもつなげて食べていたのですが、実習生が増えるにしたがって手狭になってきたのでレストランで食べる事になったのです。
ただ今、水輪スタッフ・実習生と塩沢先生ご一家合わせて25人の大家族です!
ほんの数年前までは全員入れても10人くらいの人数だったのですが、ここ1,2年で爆発的に人数が増えました。
これも、青少年の社会的な問題が深刻化し、増えてきているのも背景にあります。
生き方に悩んでいる若い人や、生きがいが見つけられなくて仕事が続かない人。
迷ったり悩んだりしている人がたくさんいます。
たくさんの方々がお越しになられました。

昨日は、
いのちの森クリニック、
みんなの畑ハウス、
早穂理庵、
の竣工式でした。

いのちの森に新しい拠点が次々と建ちました。

厨房で兄弟のようなふたり。
いのちの森クリニックは、新しい医療の拠点。
みんなの畑ハウスは、水輪ナチュラルファームの拠点。
(産直で新鮮なお野菜を店頭販売もいたします。)
早穂理庵は、水輪の中心。
ここで働いている、みんなの中心。
ひとりひとりからお言葉をいただきました。
当日はスタッフ・実習生もお客様と一緒にパーティーに参加させていただきました。
高野山の宮島基行阿闍梨もいのちの森のために儀式をして下さいました。

わざわざ足を運んで下さったお客様、ありがとうございました。

私たちももっともっと頑張らなければならない、と心を一心させました。

2011年5月20日金曜日

5月20日(金) クッキー裏話~その②~

みなさま、こんにちは。

今日もイイお天気でした。

いつ撮ろうか、いつ撮ろうかと思っていた水仙の写真が撮れたのでアップします☆

・・・・・・・・

前回に引き続き水輪オリジナルヘルシークッキー(山野草クッキー)のファンの方々に少しクッキーの裏話をしようと思います。

まず、山野草クッキーの野草は農薬や排気ガスが全くかかっていない安心して食べられるものを
「手」
で摘んでいます。
水輪ナチュラルファームや水輪近辺の山々採りに行きます。

1回にものすごい量を摘むので、これもワーキングスタディの禅の呼吸を意識して、黙々と摘みます。
沢山のコンテナの野草を洗って天日干しにします。
洗って、干して、洗って、干して・・・

1日以上かかる事もあります。

乾燥した野草は、土鍋で焙煎されます。
リピーターのファンの方も増えてきたのですが、お中元・お歳暮などの時期は何十箱も作るのでみんなで袋詰めをしたりします。

袋詰めもすごい量を短時間でやるので、ここもタイムを計りながらテキパキテキパキとやっていきます。
ひとつひとつ丁寧にキレイにやっていきます。

慎重にシールを貼って、クッキーの量を量って、シーラーで封をして・・・
本当に最初から最後まですべて手作業です。

ものすごい手間と時間が掛かっています。
でも、お客様が美味しいと喜んで下さるのが嬉しくて・・・

みんな集中して、美味しさの気を込めてお菓子作り実習(ワーキングスタディ)をしています。

健康な方々だけではなく、健康を気遣っている人たちも安心して食べられる、そして味も満足していただけるお菓子をいのちの森の菓子工房では作っております。
アトピーの方も安心して食べられるクッキーです。

皆さま、是非ご賞味下さい。

2011年5月18日水曜日

5月18日(水) クッキー裏話~その①~

桜はそろそろ終わりそうです。
みなさん、こんばんは。
今日はまた晴れ晴れとした一日でした。

中庭にはさまざまないのちがぴょこぴょこと誕生しています。

今は水仙が見事な咲きっぷりを見せてくれています。

緑に覆われて、春真っ盛りの水輪では「うぐいす」の鳴き声も聞こえてきます。

すぐに手が届きそうなところで小鳥たちが飛び回っていて、身近な自然に感激しています。
・・・・・・・・・・

水輪にあるいのちの森の菓子工房では、水輪ナチュラルファームや近隣の山々で採れる野草を使ったクッキーを販売しております。

自然のおいしさが口に広がります!
とっても美味しくて、一度食べたらやみつきになること間違いなし!の山野草クッキーは、アシスタントスタッフのHさんが作っています。

Hさんは水輪でワーキングスタディー実習に入る前はほとんどお菓子作りをしたことがなかったそうです。

でも、今はプロの味なので、その事を聞くとお客様は驚かれます。

どうしてそんなに美味しいお菓子を作れるのでしょうか。

Hさんはみどり先生にクッキー担当を任されてから、自分でいろいろな手法や素材を試しに試してきました。

私たちが毎朝朝礼で読み合わせをしている「京セラフィロソフィー」にもありますが、
京セラフィロソフィーはワークスタディーの教材です。
「創意工夫」

を重ねることで今の水輪オリジナル商品が出来上がったのです。

地道に作り続けるだけではなく、そこに創意工夫を重ね、繰り返していくことでその努力は忍耐力にも繋がります。
山野草クッキーは努力の味?!
ワーキングスタディ実習は毎日の繰り返しの中でたゆまぬ忍耐力と努力を身に付ける実習でもあるのです。



・・・クッキー裏話その②に続く?・・・

2011年5月17日火曜日

5月17日(火) 旬のものを食べる。

すごい瞬間を撮りました。
みなさま、こんばんは。

今日は朝から雨でした。

久しぶりの雨。

私たちの畑(水輪ナチュラルファーム)にも潤いをもたらしてくれました。

ファーム(水輪ナチュラルファーム)では昨日はたまねぎを植え付けたそうで、総計1万本ほどの植え付けになる予定だそうです。
(*水輪ナチュラルファームのブログを参照)

晴れの日続きでしたが、雨の日も生き物には大事で、もちろんそれはお野菜にも同じことが言えますね。

ファームチームが朝から温室のプランターをせっせと外に運び出していました。

植物たち、こけ玉の実生などがたくさんお外に並んでいるのを見て、植物も水を浴びてイキイキとしていました。

やっぱり鉢に根を張っているお花だって草だって、外でのびのびしたいのですね。

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

最近徐々にファーム(水輪ナチュラルファーム)で採れたものたちが食卓に並んできました。

といっても、畑では今はまだ種を植え付けていたりするのでお野菜が私たちの食卓に並ぶのはもう少し先です。

残念!

この間はこごみの天ぷらを食べました。
中庭にもひょっこり生えています。
りんごの木の周りには「にら」が生えているそうで、「にら」はチヂミにして食べました。

昨日の夕食には「ヨモギ」の天ぷらと「たんぽぽ」の天ぷらが出ました。

「たんぽぽの天ぷら」・・・ちょっと挑戦でしたが、食べてみました。

苦味もなく意外と美味しくてビックリ!\(◎o◎)/!

「ヨモギ」の方は排気ガスや農薬が全くかかっていない新鮮なものなので安心して食べられます。

(*ちなみにファームに自生しているヨモギはいのちの森の菓子工房の山野草クッキーに入っているものです。)

もちろん今年初物のヨモギはとっても美味しかったで~す♪

「にら」も市販のものに比べると細いのですが味は格別!!

ファームで採れたものを食べ慣れていると、市販のものが食べられなくなる?!かも。

お味噌汁に入っているネギなんかがファームのものだったときはみんな
「これ買ってきたものじゃない?」なんて言って味を判定していたり。

ふきのとうはふき味噌として食卓に出しています。
話がそれましたが、これからの食卓にはどんどん旬の地場のものが並んできます。

食事が益々楽しみになりそうです(#^.^#)

2011年5月16日月曜日

5月16日(月) ネタを披露する。

ネタを披露しています。
みなさま、こんばんは。

昨日から水輪の会顧問の巽信夫先生がお越しになられています。

定期的に水輪にお越しになられるのですが、みんなと一緒にご飯を食べたり、ミーティングに参加されたり、みんな巽先生のことをとても信頼しています。

カウンセリングも定期的に受けさせていただいています。

巽先生にお話しを聴いていただき、心からほっとできたり、元気が沸いてきたり、良いアドヴァイスをいただいて、またこれから頑張るぞー!と一新できます。

今回もみんな会えて良かったみたいです。

・・・・・・・・・・


我らのピン芸人、Oさんのコーナーは大人気です。
 あと5日で、

みんなの畑ハウス
いのちの森のクリニック
早穂理庵

の竣工式があります。

今回は、催し物として私たちの中の誰かが寸劇や出し物をする予定です。
ノリノリダンシングもご披露するかもしれません。
今までは、去年のクリスマスパーティー、4月にあった大お誕生日会に引き続き3回目になります。

実習生のOさんのネタも楽しみです。

毎日真剣に実習をしている私たちですが、こういうときも常に本気です。(笑)

あと5日しかないけれど、面白いものになるように練り上げていきます。

2011年5月15日日曜日

5月15日(日) 新しい人に「ワークスタディとは何ですか?」と聞かれたら。その②

桜は少し葉桜になってきました。
みなさま、こんばんは。

今日の水輪は風が気持ちのいい日でした。

桜もついこの間咲いたのに、もう葉桜になってしまいました。

桜の花びらが中庭のテーブルや小道にはらり、と散って模様を描いていました。

毎日毎日植物たちが違う顔を見せて、ここにも、あそこにも顔を出し水輪のお庭を彩っています。

日に日ににぎやかになってきています。

写真を撮る機会を作ってブログにもどんどん載せていきたいな、と思っています。

楽しみにしていて下さると嬉しいです(^3^)/

・・・・・・・・・・
今日は、ご宿泊の方が数名居られましたので、こんな気持ちのいい日になってお客様喜ばれるね~と、朝食の片付けのときにスタッフのCさんと話していました。

朝の農園散策(水輪ナチュラルファーム)から戻られてくるお客様がすごく絵になっていたんです!

畑の緑色とタンポポと菜の花の黄色がファームを活き活きとした印象にしていました。

・・・・・・・・・・

前に、新しい実習生に「ワークスタディとは何ですか?」と聞かれたら、どう説明しますか、という勉強会をやりました。

ロールプレイング形式で一人はワーキングスタディーに入ってきたばかりの新人さん、ともう一人は説明する人の役と、役を分けてみんなの前でやりとりをしました。

今日は、自分ので恐縮ですが、私のワークスタディーに対する説明をご紹介したいと思います。

Kさん(実習1年10ヶ月目/アシスタントスタッフ見習い/20代/女性)
ワークスタディー、Moving Zen:動く禅(呼吸)とも言われています。ワークスタディーをそのまま日本語に直訳すると、work=仕事、働く事、study=勉強、学び、となります。「仕事から学びを得る」と私は考えています。仕事というと会社で働く事を考えがちですが、水輪で行われている実習は、本来普通の人がする会社での仕事とは少し違っています。水輪で主に実習として行われているのは、日常生活での基本となる、掃除、洗濯、料理などなど。一般家庭の主婦が普通に毎日している事から、私たちは学びを得ています。仕事と生活は、分けて考えがちですが生活は仕事であり、仕事と生活は、どちらが欠けても成り立たないものであるし、むしろ仕事は生活の中の一部なのです。普通に会社にいるだけでは、自分の悪い癖はそこまで表出してはこないでしょう。自分が毎日の仕事の中で何気なくおかしているミス、例えば物を落としたり、すぐ蹴躓いたり、何気ない動作のひとつひとつにも自分の中の意識が表れるのです。何度も何度も同じようなミスを積み重ねても、普通に会社に働いていてもどうして自分がそういう事をしているのか、気づかせてくれる事はなかなかないでしょう。何気ない事にも自分と意識が深く関わっている、それを生活の中から拾い出して、一歩ずつ地道に正していく。それがワーキングスタディーです。禅では座禅がありますが、座禅では呼吸に注目して心を落ち着かせたり、今までとは違った所に到達できる、といった点がありますが、ここでは呼吸に注目する点は同じですが、それを動きながら深い呼吸を心掛けていきます。実習中に何度も出てくる自分の心の癖を、出てきたら出てくる度に呼吸に立ち返り「実習に集中」する事によって、軸からずれている自分を戻していく、そして自分を成長させていく、生活の中にある実習です。」


私は3年前にワークスタディ実習に入りました。

実習生として10ヶ月実習をさせていただき、一旦体調のこともあり家へ帰りました。

実家で両親と暮らし、アルバイトのようなこともしていましたが、何だか働いているのに充実感が全く無く心は満たされていませんでした。

水輪での実習中は音楽が聞きたい、とか友達に会いたい、とかテレビが見たいとか、両親が恋しかったり・・・

でも、それが全部出来るような環境に戻ったのに何だか虚しかったです。

水輪でワーキングスタディ実習をしているときのような充実感が得られませんでした。

それで両親と話し合いもう一度水輪で実習をさせていただくことになりました。
実習中は全部が全部楽しいことばかりではありません。

ときには厳しいことだってあります。

でも、そういうことも含めて最後には良かったと思える。

私にとってワーキングスタディ実習の意味とは、毎日寝る前に今日も頑張ったな~、と思える充実感です。

2011年5月14日土曜日

5月14日(土) 意味と価値。

水織音付近の桜は満開です。


みなさま、こんばんは。

昨日はブログをお休みしてしまってごめんなさい。

ここしばらくイイお天気が続くそうで、今日も気持ちよい五月晴れでした。

こんな日は外に出たい!

事務所にばかりいる私は、ファーム(水輪ナチュラルファーム)のみんながうらやましくてたまりません!
日に日にイイ色に焼けていくみんなが、楽しそうに畑から帰ってくるといいな~と思います。

今、ファームチームは10人くらいの大所帯なので、わいわいがやがやとってもにぎやかです。

ちなみに今日は葉っぱものの種を蒔いたみたいで、リーダーの江見くんが詳しく種蒔きについてみんなに教えたそうで、その意味と価値がみんなにも伝わったと夕食のミーティングで報告がありました。

ただ、漫然と実習をするのではなくその“意味と価値”を実習で伝えていく事の大切さを全員で共有しました。

5月12日(木) 新しい人に「ワークスタディーとは何ですか?」と、聞かれたら。

短い桜の季節になりました。飯綱もやっと春真っ盛りです。
みなさま、こんばんは。



今日の水輪は午前中はとっても気持ちの良いお天気でした。



もう冬は終わり段々温かくなってきて、虫さんたちが冬眠から覚めて活動し始めています。



ということで、今朝はスタッフの久保さんと実習生2年目のYちゃんと研修中のRちゃんと網戸洗いをしました。



冬の間全館の全室の網戸を外していたのですが、それをもう取り付けるということで、その準備です。



分担作業でやるのが早い!ということで、網戸の桟を割り箸でキレイにしていく人、

網戸を洗う人、流す人に分かれて

一枚一分でヤルぞ~!



と、もくもくとやっていました。



朝から体を動かすのは、目が覚めて気持ちイイです。



朝の高原の澄んだ空気は本当に身体をイキイキさせてくれているなと感じています。



・・・・・・・・



前に、「5月5日(木) ワークスタディーとは何ですか?」



というタイトルでブログを書きました。



今年に入ってから、もう5人も新たに実習する仲間が増えました。



新しく実習に入られた方々はまだ、自分の定義で



「ワークスタディーとはこういうものだ!」というものを



見つけられていないと思います。



なので、前から居る私たちが新しい実習生に、自分の考えるワークスタディーとは何か、少しでも意味を見出せるよう色々教えていきたいと思います。



少し前に「ワークスタディーとは何か?」を新しい実習生に説明する勉強会をしました。



みんなの考えるワークスタディーについて、また少しご紹介したいと思います。



Hさんは水輪でワーキングスタディを始められた頃とは比べものにならないくらい元気になりました。



今はアシスタントスタッフとして実習生に料理の指導をしたり、厨房の重要な仕事を任されています。



もうすぐ実習期間が1年経とうとしています。



いのちの森の菓子工房もこの1年でファンとしてコンスタントにご注文して下さるお客様も増えてきました。



Hさん(実習11ヶ月目/アシスタントスタッフ/40代/女性)

「ワークスタディー実習は、働く事を実習を通し学んでいくのですが、それを通し座禅、瞑想の様な心が平安でバランスと調和の取れた心の状態になっていく、動く座禅、動く瞑想と言われています。情報の多い世の中、どう生きて良いのか分からずに迷っていたりしている人たちも多いと思います。実習では、お掃除、お料理、雪かき、一見何の変哲もない当たり前の生活の中のことの一つ一つ、一瞬一瞬に心を込め、今、この瞬間に集中する事が、いかに大切かという事に気づき、利他の精神を、身につけていきます。私の場合は、自分の心や体の苦しみから抜け出せなかったとき、ワークスタディーと出会いました。自分がどんな状態であっても、体や心が辛い事を感じながらもただ、淡々と、今、ここ、働く実習に取り組んでいくという事を、先生や周りの人たちの力も借り、苦しいときも、何とか立ち上がり実習に取り組んでいく内に痛みがあっても動ける様になり、その内に痛みは自分の思考が作っているという事を実感したときから、ほとんどといっていい程痛みはなくなり、心は平穏な状態があります。今、ここ、自己に集中し、生活すること、働く事がいかに自分の心を作り、体を健康にしていくのかという事を日々実感しています。そして次から次へと色々な事に挑戦する機会をいただいた事で今まで出来たことの無い事が出来たり、という自分や周りの人たちの可能性が開いていく事は喜びと感動に満ちています。」



Hさんは誰よりも美味しいものを作ろうと毎日研究熱心に頑張っています。

2011年5月11日水曜日

5月11日(水) ロールプレイ形式でやってみる。

木の芽。色んなかたちがおもしろい。
みなさま、こんばんは。



今日は水輪のある飯綱高原は、どしゃぶりの大雨でした。



雨が降るのはいい事だけれども、強い雨が続くと作物が心配になります。



種蒔きをしたばかりだとなおさらです。



大雨が続くと、小さい種は根を張っていないときは簡単に流されてしまうのです。



・・・・・・・・・・・




もうすぐ、



「みんなの畑ハウス」



「いのちの森のクリニック」



「早穂理庵」



の竣工式があります。



今日の水輪では、ほぼ全員でみんなの畑ハウスを一斉に大掃除をしています。



竣工式でお客様が見に来られるので気合が入っています。



・・・・・・・・・・・



冬の間に余り出来なかった分、最近勉強会をやる機会が増えています。



特に今、力を入れているのがロールプレイ形式で(お客様役と従業員役など)生のやり取りをみんなの前でするというものです。

お客様とスタッフ役でロールプレイング中。

自分の姿は一生自分では見ることはできません。



鏡で見ることはできても、実際どういう話し方をしているのか、他の人にどういう印象を与えているのか、などなど。



お客様と接しているときなども、自分ではどんな接し方をしているか自分でまじまじと見ることはできません。



なので昨日は、ビデオまで登場して生のやり取りを録画しました。


ビデオカメラをまわしています。
 お客様役とスタッフ役になり、爽やかな挨拶、受け答え、ご案内、インフォメーションなどができるかをみんな一人一人順番に回してやってみました。



率直に意見を出し合い、もっと姿勢を正した方がいいんじゃない?とか、こういう言い回しの方が丁寧じゃない?とか、みんなで言い合いました。



ひとりひとりのその人っぽさというか、その人らしさが出ていて面白かったです。

「荷物をお持ちいたします。」
ビデオを観る日が楽しみです。

2011年5月10日火曜日

5月10日(火) 共同生活は楽しい!

忘れな草。
みなさま、こんばんは。



今日の飯綱高原は久しぶりに朝から雨でした。



五月晴れが続いていたのは、滞在されていたお客様方には嬉しいことですが、併設している水輪ナチュラルファームにはこの雨は恵みの雨となりました。



昨日の予報では大雨ということだったので、500kg近く植え付けをしたじゃがいもが心配になりましたが、大丈夫でした!収穫まで大切に育てていきます。

普段食事をする水輪の地下の食堂です。
大人数なのでお皿がいっぱい!


今、ワーキングスタディー実習に入っている実習生は13歳から上は40代まで一つ屋根の下で共同生活をしています。



団体生活が苦手・・・



と思う人は少なからずいらっしゃるみたいです。




一人になれない、プライベートが欲しい。などなど。



みんなと共同生活をするのはちょっと・・・という人もいるかもしれません。



が、



イイところもいっぱいあります。



一緒に勉強会のビデオを観たり、ミーティングでトコトン話し合ったり、たまには温泉に行ったり、カラオケをしたり。

X'masパーティーでノリノリです♪


物理的な楽しいことだけじゃなく、もっともっと深いこともあります。



みんなで楽しいことも辛いことも色んなことを一緒に感じ合えます。



人と常に接しているので上手い関わり方を自分で模索してゆかなければなりません。



協調性や思いやり調和を学び実践することを通して、良い人間関係をつくることを学べます。



これからの人生にプラスになることを日々学んでいけます。



だから、共同生活は人生の中で本当に貴重な学びの機会となります。



「人生の学びを深めたい!」というのに、年齢は関係ないと思います。

水輪の中庭では新しい木の芽がたくさん出てきています。
「こうしたい!」



「変わりたい!!」



と思ったときがスタートです。