ブログ説明


若者の心の扉を開き、いのちの感覚を目覚めさせ、知力・体力・気力を充実させ、

人間力・仕事力・徳力・生活力・学力・実践力・自分力を養い、世のため、人のために

役立つ人間に成長することを願い、若者の「生き方」と「働き方」と「自立」を応援しています。
ご感想・お問合せは、メール suirin@suirin.com までお願いいたします。


2011年11月13日日曜日

11月13日 心静かに

みなさま、こんばんは。


私は体調をくずしてしまい、一人実習からはなれ、休養をとらせて頂いていました。

そこで気づいたことをご紹介いたします。


人は一人では生きられない。

他者がいての私。

人(私)が輝けるのも他者がいてこそ。


私たちの実習は密接にお客様とかかわっています。

館内のお掃除にしろ、厨房でお料理を作るにしろ、畑でお野菜を育てるにしろ

そこには必ず大切な他者が存在するのです。

学校の勉強とは又違った他者との触れ合い。

自分の為だけではなく、他者の為にもなる実習がいのちの森水輪にはあります。

だから又、一段と皆がんばれるのではないでしょうか。

実習を通して直接お客様の声が聞けるのです。


私は皆から離れ一人でいる間、窓辺から見える畑を見て、いのちの森水輪の仲間たちはなんて素晴らしいんだろうと思い、愛おしささえ感じました。

皆寒さの中、淡々と実習に励んでいるではありませんか。

その場から次の実習に一人二人と人数が減っていって、最後一人になった実習生も、きちんと目の前の実習をやりつづけていました。

これは本当に他者が存在しないとできないことです。

自分のためだけにやっているのではないのです。

皆日々成長しているんだなぁと感激しました。