ブログ説明


若者の心の扉を開き、いのちの感覚を目覚めさせ、知力・体力・気力を充実させ、

人間力・仕事力・徳力・生活力・学力・実践力・自分力を養い、世のため、人のために

役立つ人間に成長することを願い、若者の「生き方」と「働き方」と「自立」を応援しています。
ご感想・お問合せは、メール suirin@suirin.com までお願いいたします。


2011年11月30日水曜日

11月30日「仕事」

みなさま、こんばんは。




今日は日々の青少年育成活動の中で、

最近感じていることを少しお話させていただきたいと思います。

人は将来好きな仕事につきたいと思うのが一般的な考え方だと思います。

そして天職につきたいと思ったりするでしょう。

しかしどんな仕事をしようとも、それを生かすか否かは自分次第だと思います。

天職にするのも自分次第です。



縁あってついた仕事に対し、どれだけ真向かい、真剣に仕事ができるかが、分かれ道だと思います。

この仕事は自分に合わないから、この程度にしておこうと思ってしまえば、そこから発展はないし、学びも成長もなくなると思います。

しかし真剣にやり続けることによって、そこから開けてくる世界は必ずあるし、

そこから見えてくる学びと気づきがあるはずです。

仕事に対しやりがいを見つけ輝きに満ちた自分になるためには、まず、仕事というものから、何を見出せるかだと思います。

そして真剣にやり続けてやり続けていく中で、気づいたときには、その仕事が天職となることもあるでしょう。



私は自分の視野を狭め、自分の可能性を閉ざしてしまうような考え方はしてほしくないと思っています。

仕事に区別、差別をせずそこから得られるものを考えてほしいです。

人は考え方一つで幸にも不幸にもなると思います。