ブログ説明


若者の心の扉を開き、いのちの感覚を目覚めさせ、知力・体力・気力を充実させ、

人間力・仕事力・徳力・生活力・学力・実践力・自分力を養い、世のため、人のために

役立つ人間に成長することを願い、若者の「生き方」と「働き方」と「自立」を応援しています。
ご感想・お問合せは、メール suirin@suirin.com までお願いいたします。


2011年12月23日金曜日

12月23日「感謝」

みなさま、こんばんは。


今日は「感謝」についての合同ミーティングが開かれた時のある実習生の感想文をご紹介いたします。



私はみどり先生から「あなたは感謝が全く足りない。」と、はっきり言われました。素直さと、謙虚さと感謝は連動して結びついているのだと思います。

この3つの要素は、全て今の私に足りていないものでした。

本当に反省し、内省しなければならないと思います。



素直でなければ、謙虚にはなれないし、謙虚さと素直さを兼ね備えていなければ、感謝はできないのだと思いました。

私はどれひとつとして充分に心からそれらの気持ちを出していませんでした。出せていなかったです。

だから人としての生きづらさを常に抱え、平穏で満たされた気持ちを持っていることが余りできないのだと思います。

自分の様々な状況に惑わされ、振り回されて、常に自分のことばかりにフォーカスしていて、どうしたらいいのだろう、どうすれば・・・と解決にならない、どうにもならないことばかりを考えていました。

でも、そんなことはちっとも解決にはならなかった。本当の解決方法は、今、与えられているもの、与えられていること、今、持ち得ているもの、こと、全てに感謝して、それが自分にとって心地良いとか悪いとかなどと言うことではなく、ただひたすら目の前のことを一生懸命やり続ける。それだけでした。



まず、私に与えられた からだ、いのち、に感謝します。

いつもいつも言葉がのどを詰まらせて素直に言えないけれど、

これからはもっとどんな小さなことにも感謝をし、「ありがとう」を言いたいです。

そして、たくさんの人、もの、いのちに支えられて生きていることに感謝をします。

2011年12月14日水曜日

12月14日「食事会」

みなさま、こんばんは。






今日はみどり先生がスタッフ・実習生を食事会に連れてって下さるということで、ある実習生が感じたことをご紹介いたします。



明日は男性陣の食事会だ。おいしいものが食べられる。

それとプラスして100均にも行けるそうだ。

水輪に来る前は外食も100均も特別なことではなかった。

気軽に外食も100均も行っていた。

しかし水輪のような場所で日々実習に励んでいると外食や100均が前に比べて数倍ありがたく感じられる。

今日「感謝」についてミーティングをしたが、以前の何倍も感謝できる自分がいる。

毎日頑張っているからこその楽しみである。働くということによって人生は変わる。

働くからこそ楽しみも増えるということである。

2011年12月4日日曜日

12月4日「巽先生合同ミーティング」

みなさま、こんにちは。


今日は巽先生をまじえての合同ミーティングのMさんの感想をご紹介いたします。





いのちの森水輪で行われているワーク&スタディが医学的見地から見て、実証されれば、それはすごいことだと思う。

病にかかった友人は、社会復帰をしようと試みて、作業療法(OT)もデイケア、地域活動支援センター、保健所のOTや相談にいったり、認知行動療法も試しているようだが・・・。

出口が見えないようだ。行き詰っているようだ。むなしい思いもしているようです。生きがいなんて見当たらないとも言っています。生きている意味も価値も感じられないとも・・・。



私はここいのちの森水輪にきて、最近やっと本来の自分を取り戻しつつあるように思う。

特に人(友人)との関係で悩み始める前の自分、生きていたくない、独りだ、疎外感、孤独感を常に持っていて、被害者意識の強い自分、自分のことを好きでない自分は、人を、私のことをしたげたり、馬鹿にしたり、嘲笑したりする人たちを好きになろうと必死だった。無理をしていた。

その人の置かれている立場、状況を理解し、そういうことをしても仕方がないのだと色々本を読み、自分を納得させようと努力していた。

時には、自分を守るために他人の悪口を一緒にいった。馬鹿馬鹿しかったし、むなしかった。そんな人間関係は無意味だとわかってはいたが、そうするしか術はなかったのだ。



でも今は違う。何が正しくて、何が間違っているか知っているし、言える。

むなしさも消えてきた。それは、本来の本当のことや道が見えてきたからの様に思える。

もう資本主義と社会主義でどちらが幸せに生きれる社会になるかを考えなくてもよい。

融合の道もない。只、自分に与えられたことを授かった力を精一杯使ってやるだけだ。

それが明日への幸せの道だと気づいた。

友人だって悩みの根本は同じだ。いのちの森水輪にきて研修を受けてほしいとつくづく思う。

2011年12月3日土曜日

12月3日「グループミーティングの感想」

みなさま、こんにちは。


今日はグループミーティングを通してのW.Tさんの感想をご紹介いたしたいと思います。



その場をとりつくろう様な一時的ななぐさめの様な言葉を自分や人にかけても、それはどんどん甘えと依存を増長させてしまう。

人にどう思われるか、悪く思われるのが怖いから、その人のためになる事でも強く言えないといった様な事は、エゴである。その人の本来を開かせる、その人の将来を善道に導くという、大目的があり、強くいったり、怒ったりする。

自分を捨てて、相手を思う、みどり先生の境地は私にはまだまだ遠い境地と感じますが、一歩づつ一歩づつ見えてきているものがあります。



以前私がTちゃんに強くいったとき、本当に自分の中から湧き出てくるものが、その行為をさせました。その時感じたのは、本当に良くなってほしい、思ってくれている皆に信頼される人間になってほしい、ここで強くいって少しでもそのきっかけがつかめるのなら強く言おうと思った。そういう思いがどんどん出ていました。そして、本当はTちゃんのことが本当に強い思いで、愛おしく感じていて、本当は抱きしめてあげたいという心でいっぱいでした。

きっとみどり先生の気持ちには本当になれていないかもしれませんが、こういった心で私達に強くいってくれているのだろうと思います。



こういったミーティングをとおして、みどり先生の本当の本心、行為に裏づけされている本当の心をもっともっと、皆にシェアしていただいて、みどり先生の言動、行動が愛から発しているということを、しっかりと自分も深く心に落とし、皆とも共感していきたいと思います。

2011年12月2日金曜日

12月2日「気づきと学びのワークシートより」

みなさま、こんにちは。




今日は日々の学びと気づきを書くワークシートの一文をご紹介いたします。



私の道は一本道。

今この調理の仕事から一歩一歩、着実にのぼっていくんだ。

言葉ではうまくいえない。今は行動。

まず行動できる人間になりたい。

だから行動あるのみ。

過去には一切もどらない。

私は使命感でもって生きていく。

みどり先生、研先生私が分からないことは何でも教えて下さい。

今日ここから私は自分自身の中にある自分の誠実さを信じて歩む。

2012年この1年は私にとって非常に大切なそして重要な1年になるだろう。

私の誠実に生きるという内なる神様、お守りして下さっている方々への感謝の思いを込めさせていただきたいと思います。

2011年12月1日木曜日

みなさま、こんばんは。

今日はグループミーティングの中で「ライバル」というテーマで話しあいがありました。

その内容について、感じたことを書きたいと思います。



ライバルといってもいろんな形のライバルがあると思います。

お互いを高めあっていくライバル、

お互いをおとしめてしまうライバル

お互いを低めてしまうライバル



私の理想とするライバルは・・・

お互いがお互いの成長のために高めあっていけるライバルです。

それは水輪理念にもあるように

「心を高める人生を共にひらき生きる」ということです。


そのためにはお互いがいたらない点はきちんと指摘してあげること。

それは相手をののしるのではなく、その人に成長してほしいという思いがあってのことです。

その中でお互いの受け止める力というのも重要になってくると思います。

相手のいっていることを、聞き流して、そっぽをむいてしまえば、自分の問題点に気づくことはできません。



お互いが高めあっていくには、相手に言われた自分の問題点をきちんと見つめ、逃げずに改善していくことが大切だと思います。

それには誠実な対応をしなければ、相手には理解してもらえないし、自分と間向かわなければ、信頼関係も生まれません。


お互いを高めあっていくライバルとは、お互いが成長していくための切磋琢磨の競争の中で生まれ、信頼関係のもとで育まれる関係性だと思いました。