ブログ説明


若者の心の扉を開き、いのちの感覚を目覚めさせ、知力・体力・気力を充実させ、

人間力・仕事力・徳力・生活力・学力・実践力・自分力を養い、世のため、人のために

役立つ人間に成長することを願い、若者の「生き方」と「働き方」と「自立」を応援しています。
ご感想・お問合せは、メール suirin@suirin.com までお願いいたします。


2011年12月3日土曜日

12月3日「グループミーティングの感想」

みなさま、こんにちは。


今日はグループミーティングを通してのW.Tさんの感想をご紹介いたしたいと思います。



その場をとりつくろう様な一時的ななぐさめの様な言葉を自分や人にかけても、それはどんどん甘えと依存を増長させてしまう。

人にどう思われるか、悪く思われるのが怖いから、その人のためになる事でも強く言えないといった様な事は、エゴである。その人の本来を開かせる、その人の将来を善道に導くという、大目的があり、強くいったり、怒ったりする。

自分を捨てて、相手を思う、みどり先生の境地は私にはまだまだ遠い境地と感じますが、一歩づつ一歩づつ見えてきているものがあります。



以前私がTちゃんに強くいったとき、本当に自分の中から湧き出てくるものが、その行為をさせました。その時感じたのは、本当に良くなってほしい、思ってくれている皆に信頼される人間になってほしい、ここで強くいって少しでもそのきっかけがつかめるのなら強く言おうと思った。そういう思いがどんどん出ていました。そして、本当はTちゃんのことが本当に強い思いで、愛おしく感じていて、本当は抱きしめてあげたいという心でいっぱいでした。

きっとみどり先生の気持ちには本当になれていないかもしれませんが、こういった心で私達に強くいってくれているのだろうと思います。



こういったミーティングをとおして、みどり先生の本当の本心、行為に裏づけされている本当の心をもっともっと、皆にシェアしていただいて、みどり先生の言動、行動が愛から発しているということを、しっかりと自分も深く心に落とし、皆とも共感していきたいと思います。