ブログ説明


若者の心の扉を開き、いのちの感覚を目覚めさせ、知力・体力・気力を充実させ、

人間力・仕事力・徳力・生活力・学力・実践力・自分力を養い、世のため、人のために

役立つ人間に成長することを願い、若者の「生き方」と「働き方」と「自立」を応援しています。
ご感想・お問合せは、メール suirin@suirin.com までお願いいたします。


2012年1月19日木曜日

1月19日「いのちの森水輪 理念とビジョン」

みなさま、こんばんは。


今日もひき続きいのちの森水輪の「理念とビジョン」 を順をおってご紹介させて頂きたいと思います。
第一部 自己を高め、共に生きる 「分離の時代の終わり」

これまでの社会常識とはこの発想とは逆のものでした。すべては競争であり、正直者がばかを見、みんなのために働くことは損であるかのように考えられてきました。本音と建前があり、本音とは利己主義に他なりませんでした。しかし、この考え方は今日にいたって、限界が見えてきました。破滅寸前の地球の姿とはこのことの象徴です。全体をかえりみることなく、自分の利益だけを追及した結果、幸福になるどころか、存続すら危うくなってしまいました。

人々は今までの考えの誤りに気づきはじめ、競争ではなく、共に協力しあわなければ企業は存続しえなくなって参りました。今、社会でもっともポイントとなっていることは、共存、共栄、ネットワークなのです。今までは、個人が個人として分断され、分離の中を生きてきました。心がどう感じるかということよりも現実、物質的な現実、生産性、効率性などが重視されてきました。その結果、物質力は繁栄しましたが、人々の心は幸福にはなりませんでした。なぜなら、心の本質とは、深いところですべての存在はつながっている、つまり一なるもの(ワンネス・oneness)であるがゆえに、分離・分断を好まないからです。回りはお構いなしの、自分だけの幸福とはそもそもありえないことだからです。人間の心にとって、全くの孤立した個人であること、なんのきずなも確認できないことほど大きな苦痛はありません。回りの人間から拒絶されたとき、人間は死すらも選択します。人間存在の本質に反するからです。

私は上記のことから、人は一人では生きられない。他者がいての自分なんだと思いました。他者が存在しなければ、自分も存在しない。というよりも存在できないのです。だから自分さえよければいいという考え方は間違っています。自分さえ自分さえとやっていると、やがては自分の首を絞める結果となり、よきものは生まれず、退化の一途をたどる結果となり、そしていずれは崩壊の道へと進むのです。こういったことを防ぐためには一人一人の意識のあり方が大切だと思います。自分の意識は今どういう状態にあるのか、常に見ていく必要性があると思います。

2012年1月18日水曜日

1月18日「いのちの森水輪 理念とビジョン」

みなさま、こんばんは。


今日もひき続きいのちの森水輪の「理念とビジョン」 を順をおってご紹介させて頂きたいと思います。

第一部 自己を高め、共に生きる 「心がどう感じるかを判断の基準とする」


これまでの私たちの判断や行動の基準は何だったでしょうか。それは、社会常識や観念といった理性、つまり頭の中で理性に照らし合わせてどうであるのか、といったことでした。それが、現実性があるのか、とか利害関係はどうなるのか、といった物質的な観点からの判断も含まれます。

 そういった基準からの判断をやめ、静かに瞑想し、その選択、判断を下すことで心が明るく、軽くなるのか、あるいは逆であるのか、心の反応を基準とする、ということです。

 良いことをしたときに、心が明るくなることは子供も知っています。ハートは、宇宙意識に直結しています。誰もが正しい判断や答えをすでに知っているのです。正しいかどうかは、その選択によって全体がよい方向にゆくかどうか、ということです。心がいつも研ぎ澄まされていれば、心はすぐにそれに反応します。全体の幸福と個人の幸福が矛盾するということは、本来はないことなのです。


 これまでは、ハートがどう感じようとも、理性の判断が優先されてきました。しかし、これからは、ハートは意思決定のセンサーです。選択の基準を頭脳(思考)からハートの感覚へと移行することにより、社会総体のネガティヴな意識は変革されるでしょう。

私は上記のことから、いったん頭の中をクリアにすることが大切なことだと思いました。まず何か判断や行動をする時、それは自分にとってエゴなのかどうか問うてみる必要があると思います。もしそれがエゴだとしたら、全体のためにはなりません。つまり自分のためにもならないということだと思います。意思決定のセンサー(ハート)が曇っていると正しい判断が出来ないということであるから、ハート(心)を磨き続ける必要があると思いました。

2012年1月17日火曜日

1月17日「いのちの森水輪 理念とビジョン」

みなさま、こんばんは。

今日もひき続きいのちの森水輪の「理念とビジョン」 を順をおってご紹介させて頂きたいと思います。



第一部 自己を高め、共に生きる 
「生かされているということ 」 

全体の中の個人であること、生かされているということ、自分と全体との幸・不幸は一体であることなどを真に自覚しているならば、全体と個体との間のエネルギーがたいへんスムーズに流れている状態です。清流を思い描いてください。清らかな水は、それをせき止めるものが無ければ、滞ることなく清らかなままでどんどん流れてゆきます。しかし、何かが流れを妨げたならば、そこに澱みができ、そこに流れてくる水はどんなに清らかであっても必ず濁ってしまいます。

 東洋医学では、身体をこのことに置き換え、つまり水の流れを気の流れにかえて病気というものをとらえますが、意識、心もまた同じです。己を優先させる考え、エゴというものが宇宙全体の意識の流れをせき止めます。全体から切り離され、利己的になることは澱みをつくることと同じです。

 澱みの中の濁った水とは、ネガティヴな意識です。端的にいえば、ネガティヴな意識とは利己主義から生じるということです。そしてネガティヴ性は全ての病気の根源となります。

 宇宙意識に目覚める、とは本来の心に立ち返るということです。本来の心とは明るくポジティヴであるということです。それは元気とは元の気、つまり本来の気とは決して病んでいるものではないことを意味することと同じです。心が本性、つまり全体の中の個人としての「私」であるのだ、ということを悟っているならば、心が病む、つまり私利私欲に走ったり、ネガティヴな思いに取りつかれることは本来ない、ということです。 宇宙と調和した、正しい意識を持っていれば、ネガティヴ性から解放されるのです。

私は上記のことから、本来の自分というものを考えさせられました。本来の自分というのは産まれたばかりの自分です。無色透明で清らかな自分。そこに育っていく過程でエゴに負けてしまって、ネガティブなものを生じさせてしまうのだと思いました。ネガティブな思いは自分に帰ってくるもの。だからエゴでは動いてはいけないんだと思いました。

2012年1月16日月曜日

1月16日「いのちの森水輪 理念とビジョン」

みなさま、こんばんは。


これからいのちの森水輪の「理念とビジョン」 を順をおってご紹介させて頂きたいと思います。いのちの森水輪では青少年育成に始まり全ての活動の根底にこの理念とビジョンが流れているのを感じています。私たちはこういったことを日々の実習や勉強会等を行って、実体験を通して学び、日々の実習に役立て、少しでも実践できるようにがんばっています。



「いのちの森水輪 理念とビジョン」

第一部 自己を高め、共に生きる 「1宇宙意識に目覚める」

現代社会を生きる多くの人々は通常、社会の常識や理性にしたがって判断したり、分析したり、思考したりします。そして、主には個人や家族、その他自分を取り巻く一部の特定の人々との豊かさや幸福を追求しがちです。地球や宇宙、全人類のためを思って行動するということよりも、自分にとってどうであるのかを直接の動機として行動しています。これを個の意識と呼ぶことにします。

 個の意識に対して、宇宙意識とは、その発想を逆転させる意識です。それは、個人の利益の追求、選択、理性的判断をこえたところにある、もっと大いなる意志のもとに、自らをゆだねる、という発想です。この意識は、顕在意識から来るものではなく、もっと深いところから来るもので、それゆえにもっとパワフルな意識です。この意識の源とは、心臓を動かしたり、呼吸をしたりしていることが自分の意志や選択を超えていることと同じです。一体何が私たちをそうさせているのか、個人の意志を超えて私たちを存在せしめているもの、大いなるものとしか言葉では表現できない意識のことです。



それは、誰もが持っています。ただ、この意識が顕在化される、すなわち、普通に生活していても、はっきり認識できるようになるためには多少の転換のプロセスが必要とされます。

 個を超えた意識に目覚め、常にそれと共にあるとき、個人的な苦悩やネガティヴな思いは消滅します。そもそも人間の存在の本質とは、個人として他者とは無関係に存在する個人ではなく、宇宙という全体のつながりの中の個人にほかなりません。全てからつながりが無く、それ単独で存在するというものはなく、全てが相互依存性の中に相互自立性があり、それが存在しているということです。

 このことを真に自覚しているならば、利己主義ということは生じません。利己主義に走ったならば、それは自己をも他者をも不幸へと導く結果を生むことが自明であるからです。



上記のことから私は自分のエゴで動いてしまうと良き方向へは向かわないんだと思いました。他者のために行うことが実は自分のためにもつながることになるということにも気づかされました。

2012年1月15日日曜日

1月15日「沈黙」

みなさま、こんばんは。




今日は「沈黙」というテーマを通して学んだ実習生Yさんの感想をご紹介いたします。



深い感謝の念をもつことを学ばせて頂きました。

言葉は大切な道具であり、それを使わせてもらっているという考え方をすること。

人と人とがちゃんと通じ合い、自分を深めるために使わさせて頂いている。

だから普段からいい言葉を使えるように努力していきたいと思えました。

言ったことに責任をもてるよう慎重にならないと事実とは違ってしまい、

うそを言ったことにならないようにしたいです。

言ったことがうそになってしまったら言葉がかわいそう。

皆さんから私に対しいいテーマを授けて下さり感謝しています。

ありがとうございました。

1月14日「青少年育成講座」

みなさま、こんばんは。




「高野山真言宗阿闍梨 宮島基行先生」の青少年育成講座に参加した実習生Mさんの感想文をご紹介いたします。

「今に生きる」というテーマで集中すること以上に深い意味もあるんだと教えて頂きました。私たちは赤ん坊のころは「今に生きる」ことが自然だったのに心と体がバラバラになってしまった。それは悪いくせをつけてしまったからです。そしてそれが自然になってしまった。

宮島先生は赤ちゃんは今に生きているとおしゃっています。私たちは大人になるにつれ、複雑になり、考えも複雑に考えすぎ、心も複雑な状態を作ってしまいます。







今に生きることが本来のことであり、本当はとても楽なことでもあるのだと思います。一秒前も過去であり、過去を引きずって、今に生きていないところから、苦悩が始まるのだと思います。

その今もまた過去になるように「諸行無常」といって物事は常に変化していてとどまることはない。常に同じなんてことはないので、私自身もいい方向を目指して進んでいきたいと思いました。

今までの悪いくせを断ち切れるよう忠実に今目の前のことに集中しひとつずつクリアして旗をたてていきたいです。


Mさんは宮島先生の講座に出させて頂き多くの学びと気づきを得ました。

ありがとうございました。

2012年1月7日土曜日

1月7日「一年の目標Ⅲ」

みなさま、こんばんは


今日も引き続きスタッフ・実習生の「一年の目標」をご紹介いたします



実習生Mさんの「2012年の抱負」

私のこの一年の抱負は

素直、謙虚、感謝です

毎日、毎朝心構えを正し

素直な心や謙虚さ、感謝を

忘れそうになったり

おろそかになったり

自分はできると勘違いしたり

傲慢な自分、浅い自分、自分勝手な自分

が出てきたらおさめたいと思います



自分を生きずらくしているのは

自分でしかないのだと思います

周囲に善なる思いを持って接し

結果、自分も心地良くなれるのだと思います

2012年1月6日金曜日

1月6日「一年の目標Ⅱ」

みなさま、こんばんは


今日も引き続きスタッフ・実習生の「一年の目標」をご紹介いたします



実習生Kさんの「一年の抱負」

今年は着実に成長への道を歩きたいです

うそいつわりのない自分と向き合っていきたいです

自分の裸の心を受け止め、自分の業をきちんと受け入れ、

本物をつかむために改善し、そのこと一心に進みたいです



私の中の仏を信じた時、自分が開けてきて、

恐れるものはなくなっていくのだと思います

そして解放へとつながってゆくのだと思います

自分が信じた道はまっすぐ受け止め

まっすぐに吸収できる様な自分になりたいです

それが成長への成功への秘訣だと思います

2012年1月3日火曜日

1月3日「一年の目標」

あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。



いのちの森 水輪 スタッフ・実習生の実習における今年一年の目標

を致知出版社の心に残る致知の言葉よりみどり先生が抜粋してくれました。

その一 「物事を前向きに捉える」。

物事を後ろ向きに捉えて人生をひらいた人はいない。

その二 「素直」。

宮大工の小川三夫(みつお)さんは高校卒業後、「法隆寺の鬼」「最後の宮大工」といわれた西岡常一棟梁(つねかずとうりょう)に弟子入り。修行時代は棟梁の言葉にすべて「はい」と従った。そしていまや社寺建築の第一人者である。その経験からいう。

「批判の目があっては学べません。素直でなければ本当の技術が入っていかないですね」と。心にわだかまりがある人は人生を歪める。多くの先達がいっていることである。

その三 「感謝の念を忘れない」

人生の成功者に共通した資質がこれである。成功者は呪いたくなるような境遇をも、この境遇が自分を育ててくれると感謝している。

その四 「愚痴をいわない」

自分が出したものは自分に返ってくる。宇宙の法則である。愚痴ばかりいっている人は、愚痴ばかりの人生になる。



水輪スタッフNさんの「一年の計」



心の静寂を見つけ、幸福を理解する

快楽と幸福を混合し、快楽に人や目をうばわれがちだが

幸福とは、心の静寂さの中でみつかる一体感であり

満たされるのはその時だけ

快楽は次から次へときりがなく、心はざわつき続ける

心の静寂さを得るには呼吸と意思、

快楽のワナを一瞬一瞬断ち切り、慈悲の心で言動を行う

快楽では満たされないものが、静寂さの中に、幸福の中にある

快楽ではなく、幸福を選択しつづける自分になる

それが道なのだと思います