ブログ説明


若者の心の扉を開き、いのちの感覚を目覚めさせ、知力・体力・気力を充実させ、

人間力・仕事力・徳力・生活力・学力・実践力・自分力を養い、世のため、人のために

役立つ人間に成長することを願い、若者の「生き方」と「働き方」と「自立」を応援しています。
ご感想・お問合せは、メール suirin@suirin.com までお願いいたします。


2012年9月29日土曜日

いのちの森水輪の本質的な意義





皆様こんにちは。


現代の若者たちの本質的な問題点はなんなのでしょうか?


人間とは、幸せを常に求めている存在だと思います。


なぜゲームに浸るのでしょうか?なぜ引きこもりに走るのでしょうか・・・?


この問題を理解するうえでは、僕たちという現代の若者は正しい幸せの求め方を知らないのです。


ゲームに浸る。引きこもる等それらの行動は自分に幸せが欲しいからこそやってしまうのです。


自分のうちの中に真の幸せがあるということを僕たちは知らないのです。


そうやって人生を開いて生きて行くことができない人が現代では少なくありません。


いのちの森水輪の目指している志のある人生をともに開き生きるという方向性は現代社会に求められているのだと思います。


ここに来ている実習生も心に問題を抱えた方も少なくはありません。しかし、このことがきっかけで自分の生き方を見つめ直すきっかけをもらい、また新たに人生が開けていくのだと思います。

2012年9月26日水曜日

いのちの森水輪の意義について




皆様こんばんは。


僕たちは、今目の前のことに集中するということを一つのテーマにして行なっています。心がぶれそうになってもまた今に集中する。



それを絶え間なく1mm1mm繰り返して行くのがいのちの森水輪の実習です。その瞬間だけできるのが重要ではなく、どれだけ、継続して、今に集中し続けれるかということです。


簡単な例で言えば、誰かに怒られ、なんで僕はこんなことをしたのだろうと悶々と考えてしまいがちですが、しかし、目の前のことに集中しつづける・・・。


今に集中を継続していく中で、今に集中することに対して、深みが出てきます。


今ここ自己。今ここ自己を繰り返す中での小さな小さな気づきの連続が深い深い気づきにつながっていきます。


そして、僕たちがよく教えていただくのは、今ここ自己から今ここ愛という、レベルを目指しなさいと言われます。


今に集中するということは、技術にしか過ぎません。悪いことをしても今に集中することができるし、いいことをしても今に集中することができる。


今に集中する事以上に重要なことは、志です。僕たちはこの心の方向性を正しい方向に向いていくために日常の中で実習を行なっています。

2012年9月24日月曜日

畑ボランティア


ここ何日間かとても慌ただしく過ごしておりブログの更新が遅れてしまい誠に申し訳ありませんでした。本日からはすこし落ち着いてきましたので、ブログを更新していきます。よろしくお願いいたします


皆様こんばんは。


今日は、23日で畑のボランティアとしていらっしゃってくださったMさんがお帰りになられました。


社会経験が豊富なMさんは、積極的に皆の靴を並べてくださったりと、実習中もてきぱきと、とても気の利く方で、働くということについて後ろ姿で語ってくださったように感じます。


いのちの森水輪でともに生活している人は10代から60代と幅広い年齢層です。幅広い年齢層のひとりひとりの人生という体験は全て、ちがうものです。


様々な人々に教え教えられ、そして学ばせていただいています。


そんな謙虚な姿勢で日々実習を取り組みたいです。

2012年9月20日木曜日

人の成長


皆様こんばんは。


今日は、人の意識が変わっていくということについて考えます。


人の意識が変わるということは、並大抵のことではありません。集合時間を必ず守らせたりします。とにかく時間感覚を持たせるということは大切です。


時間感覚というものは社会の約束事です。1分でも集合時間が遅れればそれは遅刻です。電車であれば、乗り遅れになります。しかしその意識は当たり前なのだけれど、その意識を持たせるということは、大変なことです。


こまめに、集合時間を皆にチェックをしたり、声かけをしたり等、毎日毎日毎食毎食の繰り返しにより、時間感覚等が脳の中の脳内回路として刷り込まれていきます。そのことで人の意識は変わっていきます。


それが1mm1mmの人間の意識が変わっていくことだと思います。

2012年9月13日木曜日

豆選別


皆様こんにちは。


今日は豆の選別実習を行いました。


豆をABC級という選別基準でよりわけます。


豆の選別に集中すればするほどとても集中力が高まってきます。


最初は集中力がなく、ほとんど豆の選別ができなかった方も、豆選別を続けていく中で、集中している状態のスピード感がでてきます。そうやって集中力をつけていった方を何度も、豆選別を一緒にやりながら観させていただきました。

2012年9月12日水曜日

挨拶の練習


皆様こんにちは。


いのちの森水輪の朝礼は、挨拶の練習から始まります。


おはようございます。ありがとうございました。失礼します等の練習をします。挨拶というのは、一般社会において当たり前だけれどもとても重要なことだと思います。


ハキハキと大きな声でスッと綺麗な姿勢で挨拶ができるようになるまで練習します。


最近は、朝礼時あまり笑顔の見られなかったBさんが少しづつ挨拶の練習時笑顔が増えてきました。これも1mm1mmの積み重ねだと思います。


これも一歩一歩社会性を身につける練習です。


2012年9月11日火曜日

本当の愛




皆様こんにちは。


親のできる子供に対する本当の愛とはなんなのでしょうか?


一言で言うと親が死んだ後も子供が自分の人生を本当に幸せに生ききれるようにする。それこそが親が子供にできる最大の愛なのではないでしょうか?


甘やかしてばかりではいけません。子供の躾教育は本当に大事なことです。そうしていく中で我慢する力、持続力、仕事をする力。総称して人間力がついていきます。


躾教育をあまり受けていない実習生が来る時があります。いままでの受けてこなかった躾教育を育ち直しとして、もう一度最初から1mm1mmいのちの森水輪のみんなと学び合います。

2012年9月7日金曜日

スピーチ


皆様こんにちは。


今日は。食事のミーティングの際に一人づついろいろなテーマを決めて1分間スピーチを行いました。


お花についてのスピーチだったり今日一日の心に残ったことだったり・・・。


1分間スピーチをすることにより、自分が考えたことを整理して話す力であったり、1分間という時間感覚を身につけたりする練習になります。


すぐに完璧にできるわけではありませんが、毎日毎日の積み重ねですこしづつ能力が身についていきます。


一歩一歩がんばっていきます!

2012年9月4日火曜日

実習生が来る!


皆様こんにちは。


いのちの森水輪にIさんがいのちの森水輪体験実習として1週間滞在することになりました。


彼女は自然農法という(農薬も化学肥料も使わない農法)農業で自立したいという夢があるそうです。


そして、いのちの森水輪で行なっている動禅(今目の前で行っていることに集中すること)を通し自分自身を深め内省するために来られたそうです。


彼女の奥底には社会や人間関系等いろいろなことに疑問を感じ生き方を深く探し求めているものがあるようにすごく感じます。





いのちの森水輪の実習生・スタッフ共々いい刺激になります。僕たちも原点に戻りながら今行なっていることに集中する練習を継続して行きます!

2012年9月2日日曜日

お手紙のご紹介


皆様こんにちは。



いのちの森水輪でいのちの森体験実習をしていただいた方から嬉しいお手紙を頂いたのでご紹介させていただきます。


M
この前は、新しい体験をさせてもらい、ありがとうございました。気功や座禅、手伝いでやった部屋案内など、なかなかやらないことをやらせてもらいました。楽しかったです。また行ったら、今度は畑仕事もやってみたいと思います。ごはんも美味しかったです。また、みどりさんと研一さん、早穂理さん一家やこうすけさんや、小林さんに会いたいです。早穂理さんに障害があったから水輪を作ったのでなく、障害のある早穂理さん自身が、水輪を作ったようにも感じました。次来るときは、もっと色々な体験をできればいいと思います。また行けるのを、とても楽しみにしています。本当にありがとうございました。

このお子様はまだ9才いう若い年齢でいのちの森水輪の実習を体験しました。とても、感性豊かな子で、驚きました。いのちの森水輪では、10代~60代の幅広い年齢の人々が、共に生き合っています。