ブログ説明


若者の心の扉を開き、いのちの感覚を目覚めさせ、知力・体力・気力を充実させ、

人間力・仕事力・徳力・生活力・学力・実践力・自分力を養い、世のため、人のために

役立つ人間に成長することを願い、若者の「生き方」と「働き方」と「自立」を応援しています。
ご感想・お問合せは、メール suirin@suirin.com までお願いいたします。


2013年2月28日木曜日

足るを知る


客観的にみて、指摘をしてくれる仲間
自分では、わからない癖

自分で、直そうと思っている依存心
強烈な思いで
「依存心を捨てるぞ」
最近、意識がうすれて来ていました。

今日は具体的に私のどんな部分が
依存しているか
食事中のミーティングで
報告してもらいました。

自分で考えないで
どうしたらよいのか
他人に聞く

そういえば、
「どうしよう、どうしよう」
「どうしよっかなー」
と言うのが、私の口癖
このままでは、何も生まれない

自分で何が出来るか
考えること

考えた結果 明日から実践

           担当 碇

2013年2月27日水曜日

姿勢が大事



取り組む姿勢

私は何をやるのも
時間がかかってしまいます。

言い切りたくは、ないのですが
事実です。

でも、出来なくても
取り組む姿勢が大事だと
やっとわかりました。

出来るようになるためには
周りと調和するためには
どうしたらよいのか

そして、行動で示す
1mm1mm 成長するために



               担当 碇


2013年2月25日月曜日

変化に気づく


水輪の生活に慣れて
面倒臭がりの自分が出てきていた

係になったみんなの
お皿洗い
雑念が出て
うまく集中が出来なくて
時間だけが過ぎていく

ふと気がついたら
お皿洗いが苦ではなくなっていた
たんたんとやることを
心がける

キレイに丁寧に洗おうということが
楽しくなって来た
とても 気持ちがいい
集中できるようになっている

今度はスピードアップできるようになる

みんなの成長も気づくようになるぞ

                担当 碇

2013年2月24日日曜日

自立をする


まだまだ
親からの自立への道は始まったばかり
物心ついた頃から
今まで
親に対する考え方
接し方
あまり変わっていないと思う

言葉遣い
親という存在の自分の中でのあり方

親離れするという
考えさえなかった

自分の人生
視野を広げよう
可能性を広げよう

様々な人と交流し
自分の可能性をもっともっと信じたい
共に生きられるように

             担当 碇

2013年2月22日金曜日

笑顔


研先生、みどり先生、
スタッフ、実習生、研修生は
24時間一緒に生活しています。

最近、みんなの笑顔が
いつにも増して輝いて見えます。

自分の中で、周りの人と
だんだん、関わりを持ち始めたのかなと
感じる このごろ

前にも書きましたが、
みんなと喜びを分かち合いたい。
つながりたい。

本当はいつでも
つながっている。
心を開いているかどうか

             担当 碇

2013年2月20日水曜日

悩み


自分の事で悩む事は
不健康な悩み

全体が良くなるために悩む事は
健康な悩み

みどり先生の言葉

私は、まだ不健康な方
水輪のスタッフの人は、とっくに
乗り越えている

私は無意識に感じない事で
逃げていた。

「自分、自分と自分のことばかりで
 悩んでいるのは
 不健康な悩みを悩んでいる」
と仲間に言ったら
「今は どんどん
 出している時期なんだね」
と言われた。

無意識にため込んでいたものを
デトックスだ!!!
今度は感情を押し込めずに
乗り越えるぞ

常に前向き

                   担当 碇

2013年2月19日火曜日

協力する


協力する


1人1人の意識が大切。
全体がよくなるためには・・・

今日はビニールハウス骨組み立て
大きさ5.4m×25m

大きなアーチを運ぶとき
2人の息を合わせて
相手を見て歩みを進める

二人の呼吸があったら
最小限の力ですむ



依存心があると
人に頼って、指示を出されるのを待つ
そうしていると
考えなくなってしまいました。

これからは
リーダーに提案をできるようになる

                         担当 碇

2013年2月18日月曜日

きょうは2月の誕生日会


 

 

深呼吸をする

 

みんなで集った会

 

五体不満足でも

自分で顔を洗えなくても

不満を言わない

 

はーーー(ため息)

私は、早く

自分に凝り固まった

エゴを取りたい

 

水輪で、毎日

自分に真向かい

実習に取り組めば

変われる

 

前は、変わろうとも

思わなかった

 

 

話が変わって

昨日の続きです

 

研修生仲間に

「依存心が強い」と言われたとき

自分には、そんなものないと思っていました。

 

自分でも見えなかった

分厚い壁の奥底の

取り除かなければならないものを

教えてもらい

感謝感謝です。

 

                               担当 碇

2013年2月17日日曜日

依存心を捨てる


みなさん!! 私、目標が見つかりました。

 

私の成長のさまたげになっているものは

何かと、考えたときに

依存心だと自覚しました。

 

前、研修生仲間に

依存心が強いと

指摘してもらったことがありました。

それを、思い出したのです。

(その人は、20歳。

 水輪へ来て、5年になります。)

 

あとは、強烈に思うこと

「依存心を捨てる」

心の中で叫び続ける

 

実習が楽しくなってきました。

 

 

25年間つけてきた、依存心という

心の錆

mm1mm 落とし、

mm1mm 生長していきたいと思います。

 

身を美しくすると書く

躾は、その人の人生に

大きく影響する。

 

 

畑ハウス(作業場)から、食事に

簡素(生活している所)へ、戻るときに

畑を歩いていたら

強い風が、吹き抜けていきました。

 

依存心よ 飛んで行けーーー

 

 

                       担当 碇

2013年2月16日土曜日

何事も経験



苦しみを感じないことで、逃げていました。

「苦しいことから逃げていると

     楽しいことからも遠ざかる」

道 という詩の一節

 

苦しいことを感じないでいると

他人の気持ちも感じなくなっていた。

 

 

今日は、ビニールハウス骨組みの脇の雪かきをしました。

春に苗を育てるためのビニールハウスです。

 

何層にも降り積もった雪。

鉄スコップで崩しながら、かいていきます。

それを自分の心に作ってしまった壁だと思い、

11回スコップを雪に入れていきました。

ちょっとずつ壁がはがれた感じがします。

 

感覚を研ぎ澄ます。

 

 

                            担当 碇

2013年2月15日金曜日

共に学ぶ


ここにいる人は、心の優しい人達ばかりです。
一人一人の成長を応援してくれています。

嫌なことは感じなくさせて、心を閉じていた私。
無関心。
愛の逆は嫌いではなくて、無関心だと言われたことがあります。
嫌な事を感じないようにしていたら、アンテナを張ることができずになっていて、
共に喜ぶことも感じられなくなっていました。
自分では喜び分かち合っていたと思い込んでいました。

心は単純です。
一つのことを、感じなくさせていたら、すべて感じなくなってしまいます。
どこかで、バランスをとっているのでしょう。
みんなと深いところでつながりたい。


話は変わって、
今日は、パソコンのエクセルの実習をしていました。
こまめに、保存をしておらず、3時間半やったデータ入力を消してしまいました。
ショックです。
今までは、このショックも感じず、同じ失敗を繰り返していました。

しっかりと失敗は成功の元にしないと


                                     担当 碇

2013年2月13日水曜日

ともに学びあう


相手に伝えるためには、まず・・・


まずは、自分自身がしっかりしていなければ、相手には伝わらない。
そして、心から相手の成長を願うこと。

自分、自分になっていると、周りが見えず、人と調和ができない。
それは、とてももったいないこと。
自分も変化できず、周りの変化にも気づかない。

季節の移り変わり、毎日違う自分。周りの生長して行く人々。
深呼吸して、感覚を広げて、五感を研ぎ澄ます。

みんなと喜びを分かち合いたい。
今の自分はまだまだ甘いが、いつかたどり着きたい。
前向きにいこう!

今まで、笑顔で隠していた。本当の自分。
嫌なことは心の奥、見えないところにしまっていた。
感じる心を取り戻そう。本来あるべき姿、宇宙と全てと調和する自分が待っている。


                                   担当 碇

2013年2月12日火曜日

よろしくお願いします。


始めましてこんにちは、碇俊美です。私は今25歳です。水輪へ来て約5ヶ月がたちました。

ここへ来て、幼い頃からの生育歴で知らず知らずのうちに身に着いてしまった、自分自身の人への甘え、依存心を見せ付けてもらっています。
 家庭環境では、指摘してもらえなかった部分を客観的に、みどり先生を始め、スタッフの方、共に高めあう仲間に指摘してもらえています。
 
人は、人と関わることによって、自分を知ることができ成長への道がひらけるのだと知りました。
人と関わらない方が楽だと思っていた私。それは他人を無視して、自分の心を無視することだと知りました。
本当はそのことを、どこかで知っていたのかもしれません。しかし、見過ごしていました。

私を含めて、ここで実習を行っている人達は、些細なことが、クローズアップされて現実に起こってくることを体験しています。
例えば、思い込みでの行動。言われていないことなのに、良かれと思い勝手にやってしまう。これはとても仕事をする上でやっかいです。
深く考えずに、相手に質問をする。自分は何も考えずに相手に答えを求めて、依存心から来るものです。

相手と調和するために、正しい行動とはなにか、目を向ければ見えてくる。水輪は人と向き合い、自分と向き合う環境が整っていると感じます。

   

2013年2月6日水曜日

お手紙




みなさまこんにちは。

いのちの森水輪宛のお手紙をご紹介させていただきます。

Kさん
皆様お元気ですか?今まで本当にじぶんさえよければいい、という考え方、生き方をしていました。結果、自分すら幸せにできず虚しさだけが残りました。そんな自分勝手な私を見捨てず、根気よく見守っていてくださりとても感謝しています。
いつもいつもありがとうございました。これからは少しでも人の役に立つ生き方をしたいと考えています。みんなのことが大好きです。本当に今まで、感謝致します。

TOさん
水輪の皆様。最初皆さんに会ったときは、すごく緊張しました。みなさんと一緒に行動をさせてもらい、いろいろなことを学ぶことができました。時間をしっかり守ること・物を大切にすること・野菜の収穫のときに野菜に傷をつけないようにすること・掃除をする時に窓を開けてすみずみまできれいにすること
これは社会に出ても役に立つことだと思いました。家では、毎日掃除をキレイにすみずみまで出来ていない時があったりしていたので毎日、しっかりきれいにしたいと思いました。
クッキーと野菜を頂きありがとうございます。4月からよろしくお願いします。

Iさん
飯綱高原では、雪につつまれすっかり冬景色の様子をブログで拝見しています。Yが毎日、先生をはじめスタッフの皆様のご指導のもと、研修できること感謝しています。本当にありがとうございます。本人が日々一つ一つ学ぶ気持ちを持って、取り組み続けることを願っています。これからもどうぞよろしくお願いいたします。

いつもいつも僕たちのことお気づかい頂きありがとうございます。皆様の支えによって僕たちは、日々過ごしていることに感謝し、これからも一生けん命実習に取り組んでいきます。

担当;江見

2013年2月5日火曜日

ワークシートのご紹介





皆様こんにちは。

研修生Hさんのワークシートをご紹介させていただきます。

128
HさんYさんのワークシートを見て、私の内省は本当に浅いと思いました。私自身日々実習で何を学んでいるのか?自分自身どういう成長をしていくのか、なぜもっと真剣に取り組みきれないのか、なぜ、本気の真剣さが足りないのか自問自答した。私は、誰かに頼っている。Kさんに今は頼りきっている!!


最近Kさんに館内のリーダーをやってもらうと言われて、Kさんに頼らず実習生と館内を動かすことになったら、その時に自分自身本気になる。曖昧にしてしまうこと、繊細さを持つこと。今治さなければ、一人になったとき、本当に大きな失敗をする。今、Kさんなどに、厳しき指摘して頂き感謝。自分をどんどん成長させていきたいと思います。

130
今日学んだことは、じぶんが何を学び何を伝えたいのかを勉強会を通して改めて、気づくことができました。自分の体におこったアトピーを通して、私は食育を変えていきたいと世の中の食事方法を、変えたいと思いました。水輪でもっと自己をぶらさない自分作りをこれからも何年かかるかわからないけど、しっかり身に付けたいです。

担当:江見

2013年2月3日日曜日

みなさまからのお便り


皆様こんにちは。


お手紙をご紹介させていただきます。

Kさん
ブログを拝見していますが、長野は雪が深いみたいですね。岩手はうっすら雪が降っています。今日はクリスマスですね。今編み物などをやっています。クリスマスには間に合わなかったのですが、ちょっとしたものを送りたいと思っています。食器洗い用のアクリルたわしです。水輪用に量産しています。アクリルは汚れが落ちやすいのと、お勝手はスポンジがダメになりやすいので、お役に立てればと思って作っています。最近は、わりと穏やかに過ごしています。田舎暮らしも慣れてきて楽しんでいます。


RHさん
生活棟が完成して、良かったですね。水輪の若者が一生懸命で、毎回水輪に泊まる時に感謝でいっぱいです。その青少年が少しでもリラックスできる生活の場ができたことを聞いてとても嬉しく思います。

KKさん
みどり先生。
本人は水輪での生活、仕事にやりがいを感じていてこれからも頑張りたいと言っていました。とにかく日々ワークに励み、このハンディを乗り越えられるよう頑張って欲しいと心から願っています。
 みどり先生、研一先生、水輪の皆さんにご指導、サポートそして、たくさんの愛をいただき、兄は本当に幸せだと思います。しばらく会わないと無性に心配になるのですが、久しぶりに会うと当の本人はいたっていつも幸せそうな顔をしているので拍子が抜けるほどです。それもこれも水輪という素晴らしい環境で、先生方に導いていただき、また見守って頂いているからこそ思うと感謝の言葉もありません。本当に本当にありがとうございます。これからもどうぞ兄のことをよろしくお願いいたします。

いつもいつも、僕たちに、暖かいお手紙をいただいてこの場をお借りして感謝申し上げます。僕たちは、一人一人の意識の進化発展成長を、ともに切磋琢磨しながら学びを深めていきますので、これからも何卒よろしくお願いいたします。




担当:江見

2013年2月2日土曜日

時間の意味と価値




皆様こんにちは。

時間を意識する。時間を大切にするということをいのちの森の水輪では重きを置いています。

僕たちの、共通の方向性として、今ここに生きるということを徹底して行っています。それは、過去でもなく未来でもなくいまこの一瞬に自分の意識を向ける。その行為の中には、過去も未来も全てが凝縮されています。なぜならば、今この瞬間の1mm1mmの積み重ねが未来を紡ぎ今この瞬間を生きるからこそ今までの自分の過去が生かされていきます。今この瞬間に意識を向けず、考え事ばかりしている状態は、過去も生かせませんし、未来という自分の織物を紡ぐ事はできないと思います。

全人類の共通の概念として時間軸というものが存在しています。僕たちが住んでいる社会も、全て時間軸で動いています。時間をきちんと守れるからこそ、信頼もされる、時間をきちんと守れるからこそ人生が充実してくる、人が社会という組織に関わる以上、時間というものを大切にしないといけません。

時間はとても大切なものです。

そういった時間に対する意味と価値の勉強を行いました。

今回は、時間が守れなかったということからこの話はスタートしました。時間というものを一つとってみても、とても深い意味と価値があるのだと感じます。もっともっと気づきを深め、意味と価値を見出していきます。

担当:江見

勉強会


皆様こんにちは。


今回の勉強会は、Kさんの今まで薬物依存症から回復し成長をしてきた体験談を話してくださいました。

水輪スタッフのKさんは、以前薬物依存症という病を抱え、薬物依存症の施設で少しずつ回復をしていきました。そして、正社員として、料理店で働いていたのですが、働いてお金をもらって生活を営むというライフスタイルに疑問を感じ、ここいのちの森水輪に来ました。いのちの森水輪に来て学んだこと、そして、いのちの森水輪の存在意義と価値をお話いただきました。

いのちの森水輪の方々に24時間の生活の中で改善点を一つ一つ指摘をして真剣に自分を変えていく。曖昧な自分を変えていく。生活の中で生活習慣を直していく。生活という規則を一つ一つきちんと守る。人の話を聞く。家庭で教わるようなことをすることが状態の回復につながるとは思っていなかったそうです。


そして、指摘されたことを真剣に受け止める中で自身の心の状態も深まっていったと感じたそうです。いまこの瞬間の場を真剣に生きる。ただ一生懸命になること。


人の中には本当の強さがある。与えられた病気を通して。すごい大事な宝も物をもらった気がしたそうです。今生きていることがとても幸せ。生きる意味と価値を薬物を通して教わったと言っていました。

今までKさんが通っていた薬物依存症の施設では薬物依存はなぜ起こるのかそして、共依存の関係等知識の勉強しか出来ませんでした。いのちの森水輪のように実際に自分の欠点弱さを克服して変えていくそういった練習は施設では難しかったと感じているそうです。

そして、私は、リーダーとなり実習生の関わりの中で、成長していっています。自分を知るきっかけになったのも実習生のおかげです。人の注意が受け止めれない自分等、エゴの強い自分を見せてもらうことでわかってきた。エゴを超えないとリーダーとしてはやっていけない。

そんな思いでKさんは一日一日のその一日に意識に全力を向ける。そういった思いで今実習に取り組んでいるそうです。とても学びと気づきの深い勉強会でした。




                                                                                                  担当:江見