ブログ説明


若者の心の扉を開き、いのちの感覚を目覚めさせ、知力・体力・気力を充実させ、

人間力・仕事力・徳力・生活力・学力・実践力・自分力を養い、世のため、人のために

役立つ人間に成長することを願い、若者の「生き方」と「働き方」と「自立」を応援しています。
ご感想・お問合せは、メール suirin@suirin.com までお願いいたします。


2013年6月29日土曜日

トマトを育てる

水輪のトマトも徐々に生長してきました。
今日は、S君とトマトの芽かきをしました。
芽かきとは、主軸以外の各節からでるわき芽を取り除くことです。
芽かきをすることによって、主軸の実に栄養分を行き届かせ主軸についている実を成長させます。
芽かきは、傷口ができてしまうため、傷口を乾燥させるため晴れている日にしか行えません。

S君に芽かきのやり方を教えた際、真剣な眼差しで聞いていました。
まだどこがわき芽でどこを抜けばいいのか戸惑っている様子が見られましたが数をこなせばできるようになると思います。
トマトは実が非常に落ちやすく、少し触れただけで落ちてしまいます。
なので、慎重に扱わなければといけません。
S君はすごく繊細なので、芽かきにむいているなと感じました。
トマト実習を通して、S君の心と体が磨かれ、
トマトとともに少しずつ成長することを願っています。

担当:木賊



 

2013年6月28日金曜日

窓拭き

今日は今度のセミナーに向けて、清掃と窓拭きをしました。
窓拭きは、自分の心の垢を磨くように、
窓をしっかりと、気をこめて磨きます。
窓拭きがしっかりできると、心も浄化され、
清らかな気持ちになります。

しかし、雑念ばかりがでていると、
目の前のことに集中できていない状態なので
たとえ窓にほこりが付いていても気がつきません。
なので、雑念が出ている人がいれば
「いまに集中だよ」と声をかけて、
目の前のことに集中させるようにします。

お客様が気持ちよく泊まっていただくために
窓拭きは欠かせないものです。
これから窓拭きをする機会も増えてくるので
心をどんどん磨いていきたいものです!

担当:木賊





2013年6月26日水曜日

オレンジピールつくりました。







シール貼りの実習をしました。
ヨモギ茶、オレンジピール、しょうがピール、トウガラシを
袋詰めをしました。
みんな、真剣な表情で実習を進めていきます。

畑の発送実習と同じように
時間を指定しながら、袋詰めをします。そのため集中力がすごくついてきます。
工程は袋詰めしたものに脱酸素剤をいれて
シーラーという機械で封をし
曲がらないようにシールを貼ったら完成です。
とても単純な作業ですが、
数がたくさんあるので
どれだけスピードをあげられるかが
ポイントになります。1つのことだけに集中するだけではなく仕上がりがきれいにするためにはと、集中しながら全体を考えていくなどとてもとても練習になります。

今回は初めてしょうがピールをつくりました。
お茶によく合う味になっております。
水輪レストランにおいでのお客様や宿泊
されるお客様にも喜んで頂いており無添加なのでちょっとしたおやつにも最適です!

担当;木賊

2013年6月25日火曜日

どんどん増える出荷





今日は朝から畑からとれたお野菜の発送準備をしました。
定期コース組みと業者さんに出荷する組みとで2グループに分かれてやりました。
時間を指定して、カブは1コンテナ5分、野沢菜は3分、チンゲンサイは2分
という指定された時間に間に合うようにやり方を工夫しながら選別していきます。
少しでも早くできるように、やりやすい方法があれば
そのやり方を皆に共有して、少しずつ、少しずつスピードをあげていきます。
始めは指定された時間内に終わらせることができない人たちも
数をこなすうちに徐々に時間に間に合うようになっていきます。
皆で声をかけあうことによって、全体のエネルギーが高まります。

今日は業者さんには1000パックの新鮮なお野菜を出荷することが出来ました。
皆で作ったお野菜を少しでも多くの人々に食べてもらいたいものです!
これから夏になるにつれて、どんどんお野菜が収穫できるようになります。
水輪の無農薬のお野菜を一度お手にとってみてはいかがでしょうか?

担当:木賊

2013年6月23日日曜日

瑞々しい朝採りお野菜~収穫中



お野菜の発送の日は

朝礼が5時から始まり
一斉に収穫に入ります。

丁寧に
扱わないと
野沢菜などパキッと
折れてしまうほど
新鮮。

米粒よりも小さな種から携わり、
ここまで大きくなりました。
どうぞ、召し上がれ!

担当 碇








2013年6月20日木曜日

新しい仲間





こんにちは。
今日は普段館内で実習をしている人たちも、ファームに出て実習をしました。
お客様に送る野沢菜、チンゲンサイ、カブの発送をしました。
梅雨に入り、ザーザーと降りしきる中、朝とれたての無農薬のおいしい野菜に触れ、一つずつ丁寧に選別、袋詰めしていきます。
お客様に出荷する野菜なので慎重に扱いながら、作業していきます。
特に、野沢菜の葉っぱはすぐに折れてしまうため、みんな集中しながら選別などをしていました。

また、2週間前に来たばかりのS君。
今日はビニールハウスで使う銀ラックの組み立てをしていました。
1つ目は1時間かかったそうなのですが、2つ目からは15分で組み立てられるようになったそうです!お見事!
これで、ビニールハウス内も整えが出来るので、みんなとても助かります。
S君も来たばかりでとても頑張っています。
一つずつの作業を丁寧に仕上げていくので、このいのちの森水輪で、仲間として共に成長しあえるようになれたらいいなと思っています。
毎日の積み重ね一つずつ、それがやがて大きな花になり、成功へと導いてくれます。
皆さまも、毎日のなかでの繰り返しで起こることを、大切にしながらお過ごしくださいね。

担当:木賊







2013年6月19日水曜日

久しぶりの再開



I君のご両親が久しぶりに
水輪へお越しになりました。

I君は、毎日ファームに出て
今は、ビーバー(刈払い機)を
担当しています。

そして、もう一つ
重要な担当を持っています。
それは、
ホームページ作りです。
スライドショーや修正を行っています。

二つの顔を持ち
常にたんたんと実習をやっていて、
正確さを磨いています。

担当 碇

ご両親からお手紙を頂きました。ありがとうございます。



2013年6月15日土曜日

笑顔



笑顔の輪
水輪の実習生は
いわゆる同士です。

ひとりひとり
違う環境で育ち
得意なことをそれぞれ発揮して



課題の部分は指摘しあう
そして、先輩たちは教えてくれる

水輪で心の成長で乗り越えてきたこと

自分のことだけで
いっぱい、いっぱいだった頭が
周りのみんなのことに傾けることができるようになる

どんな考え方をしたら成長できるか
悩む力は、成長の元。
親元を離れ、共同生活のなかで
ふしぎな縁を感じる

担当 碇






2013年6月14日金曜日

愛の反対は








前にも書いたかもしれませんが
愛の反対は嫌いではなく
無関心だと言うこと

もしかしたら人と関わることを避ける
ということはラクなのかもしれない
人と関わることで、自分の感情も動きます。
 
それに左右されずに
傷みも感じること
苦しみも味わうこと
心を閉じずに
悩んで悩んで

それでも
前向きに進んでいく

振り返ったら
ちょっと大人になれた
ちょっと心が大きくなれた
ちょっと器が大きくなれた
  
ちょっと人の気持ちになれた

誰かにありがとうと
言いたくなるような
清清しい気持ちになる

担当 碇



2013年6月13日木曜日

畑はお野菜の発送作業



畑はお野菜の発送作業

水菜、ラディッシュ、野沢菜、カブ・・・

朝採りのお野菜を
作業場で選別、袋詰めの実習です。

1コンテナ何分間でやるかと
1分間ごとに時間を言っていくタイムキーパーと
を決めて、
臨場感ある中、進めています!

選別、計量、袋詰め、箱詰め、数の確定、
リーダーの指示の元、
チームワークを発揮します。

担当 碇


2013年6月12日水曜日

小麦の穂



 今日も快晴。

規則正しく一面に穂がゆらいでいる中
草刈を手作業で行っています。

一本一本見て、
麦に絡みつく草は無いか見ていく
地道な作業。

そんな単純な作業を
毎日毎日積み重ねていくことで
健康的な食事がいただける
 
いつも、畑のリーダーが言っているが
とても尊い作業

自然にゆだね。向き合っていく。

担当 碇