ブログ説明


若者の心の扉を開き、いのちの感覚を目覚めさせ、知力・体力・気力を充実させ、

人間力・仕事力・徳力・生活力・学力・実践力・自分力を養い、世のため、人のために

役立つ人間に成長することを願い、若者の「生き方」と「働き方」と「自立」を応援しています。
ご感想・お問合せは、メール suirin@suirin.com までお願いいたします。


2014年3月17日月曜日

心の病とやさしい心理学



 昨日は井上先生という自治医科大学助教の先生がいらしゃって、
脳の構造やお薬のことに関して話して下さいました。
講義は参加した実習生などからの質問に先生が答える場面もあり、
日々疑問に感じていること、知りたいことを聞くことができ、
とても有意義な時間を過ごすことができました。

私が印象に残った話は、睡眠のことに関してのお話です。
人間は、寝る前に強い光(例えば、携帯やパソコン)を目に浴びさせると
脳は、朝だ、と認識して、眠りが質のよい眠りにならない。
逆に寝る前に、オレンジ系の蛍光灯を浴びると、
夕日を浴びている感覚になり、眠りにつきやすくなる、ということです。

私は、この話を聞いて、今携帯を触りながら寝たり、
夜遅くまでパソコンを触ったりする人が増えおり、
このようなことが不眠につながったりするのかと思いました。
きちんとした睡眠をとれるようになるため、
今回の講義で教えて頂いたことを実践していきたいと思います。

担当:木賊