ブログ説明


若者の心の扉を開き、いのちの感覚を目覚めさせ、知力・体力・気力を充実させ、

人間力・仕事力・徳力・生活力・学力・実践力・自分力を養い、世のため、人のために

役立つ人間に成長することを願い、若者の「生き方」と「働き方」と「自立」を応援しています。
ご感想・お問合せは、メール suirin@suirin.com までお願いいたします。


2014年4月21日月曜日

夕食のなごみのひととき

みなさま、こんばんは。
今日は、畑チームではじゃがいもの植付け実習を行いました。
昨年は、豊作でよく取れました。

昨年の夏に収穫したじゃがいもは、
温度と湿度を適正に保ち貯蔵しています。

冬を越えたじゃがいもは、糖度を増し、さらに濃厚なうまみを出します。
色々な姿を変えて、いのちの森のみんなの食卓に、5月頃まで上ります。



今日の夕食はコロッケでした。

とてもおいしいコロッケでした!

みんなの大好物で、思わず笑みがこぼれます。



日中集中して、実習した後の和みのひと時です。

セラピスト修行中の研修生市川君の肩もみはきもちいい!

今日は、生き方と働き方学校に体験入学の方がお越しになりました。
歓迎に実習生Y君が素敵な歌声を披露してくれました!



夕食後は、稲盛和夫さんの著書『働き方』勉強会を行い、
実習の意味と価値を深め、日々の実習を通して
一人一人がどのように成長しているのかを
発表し、共有しました。



体験入学の方には、参考になったようです。

今日も一日、ありがとうございました!

担当 山下

2014年4月19日土曜日

みんなで力を合わせお庭づくり!

今日は、朝の5時半から夕方の7時まで、中庭の整備を
多くのスタッフ、実習生で行いました。


落ち葉はきからはじまり、丸太の移動、砂利ならしなどなど
一日がかりで中庭が見違えるほどに変わりました。


今まで中庭には砂利を敷いていたのですが、木のチップに変え、
歩きやすくなるようにしました。
この木のチップは、踏めば踏むほどなじんで、庭に調和して
すてきになっていくそうです!
とてもたのしみです!


中庭の整備をしていて思ったことは、たくさんの命が宿り、
また、育まれていること。
去年植えたお花の球根が、お花を少しずつ咲かせていいます。
どんどん大きく、美しくきれいになるように、お手入れをきれいにし、
きれいな中庭づくりをしたいと思いました。

皆、力を合わせてやり遂げた、真剣にがんばった一日、
とてもいい表情をしていました。


担当;木賊

2014年4月14日月曜日

通信発送!!



昨日の昼食後から、今日の午前中まで通信発送の実習を行いました。
4000通近くの数を送ることができました。

通信発送は、皆でできるため、全体のエネルギーがぐっと上がり、
皆がともに頑張りあうことができることができるとても楽しい実習です。
18部のチラシをテーブルに並べ、グルグル回りながらチラシを組んでいきます
2チームに分かれて、5分はかり、何部チラシを組めたか、その数を競い合い、
高め合いながら、どんどん進めていきました。

皆、とても集中してできていたと思います。
最近新しく来た実習生も「皆がいたから頑張ることができた、ひとりだったら絶対出来なかった」と言ってくれました。
通信発送初めての方も、皆のエネルギーをもらい、前向きに頑張っている姿が見受けられました。
皆が頑張って組んだ通信、ぜひ目を通してみてください。

担当:木賊






2014年4月12日土曜日

水輪の理念とビジョン


 

今日は、全員で水輪の理念とビジョンについての
勉強会を行いました。

その中には、人は自分を取り巻く一部の人々の豊かさや幸福を追求しがちです。
地球や、宇宙、全人類のためを思って行動するよりも、自分にとってどうであるのかを
直接動機として行動することを「個」の意識と呼びます。
それに対して、個人の利益の追求、選択、理性的判断を超えたところにある意識のことを
宇宙意識と呼びます。
宇宙意識を真に自覚しているならば、利己主義には走りません、と書いてありました。

私は、自分に矢印を向け、自己中心になるのではなく、常に利他の心を持ち、
そして、理性で考えるのではなく、心で何が本質なのかということを
考え、深めていきたいと思いました。
毎日毎日の実習を実りあるものとし、来てくださったお客様に
喜んでもらえる場を提供できるようにしたいと思います。

担当:木賊

2014年4月10日木曜日

色のちから



色によって気分がかわります。
着ている服の色によっても、今の状態が分かることがあります。

例えば、黒い服を着ていれば暗い気分になり、
明るい服を着れば、明るく、元気になることがある。
このことを考慮して、普段黒ばかりを着ている
Tさんにみどり先生からお洋服のプレゼント。

いつもとは違って大変身。
その洋服で厨房にたち、お客様に料理をお出しする。
今日は、白い洋服を着てたせいか、いつもより明るい気がしました。
少しづつ、心がひらけてくるようになればいいなと思いました。

担当:木賊




2014年4月9日水曜日

訓練カリキュラム



今年から、塩澤研一先生が講師となって、接客業、農業など
仕事をする上で本当に基礎となる部分をお話をしてくださっています。

京セラフィロソフィーを教材に、昨日を講義をして下さいました。
昨日は、次の三項目について、お話ししてくださいました。
・「動機善成りや、私心なかりしか」
・「純粋な心で人生を歩む」
・「小善は大悪に似たり」

わたしが一番心に残ったのは、「小善は大悪に似たり」という項目です。
今まで、本当は良くないことだと分かっているのに、
相手の本当の成長を考えていないで、自分の自己保身で
あいまいに人に優しくしてきました。
相手の本当の成長を願うならば、いけないことをいけないこととして
正さなければいけなかったのですが、自分のエゴが混じった結果
注意ができなくなかったことがありました。
フィロソフィーには、表面的な愛は人をだめにします。
逆に、信念を持って厳しく指導するに人は長い目で見ると、他の人を成長させます。
真の愛とは、相手にとって本当に何がよいのかを見極めることなのです、と書いてあります。

私も、京セラフィロソフィーに基づいて、何が本来人間として正しい行為なのか
何が世のため、人のためになるのかということを考えながら、行動していきたいと思いました。
小善ではなく、大善をたくさんしていける人になっていければ、と思います。

担当:木賊

2014年4月7日月曜日



今日は、またみんなの絆が深まる出来事がありました。
.Cさんの客観シェアリングを行ったのですが、
皆がいろいろとアドバイスをしても、Tさんは今は自分をよくしようとは思えない、
ということをいっていました。
Tさんは10年のひきこもり生活のために、ネガティブな脳内回路を自分で
作り続けてしまいました。
そのため、もともと能力があるのに、自分の能力を伸ばすような努力をしない、
そして虚無の世界に浸っているという傾向が続いていました。

みどり先生の提案で、みんなが一言大きな雄たけびをあげ、Tさんにハグをしてみてはどうか、という提案がありました。
一人、ひとりTさんとハグをしていく中で、少し良い変化を私は感じることができました。
仲間とふれあい、そしてつながっていく、そのことが本当に大切なことだと思いました。
皆の力で、日々日々真剣に関わっていく中で、虚無の世界から
Tさんを引き出していき、より素晴らしい人になってもらえるように
またともに一緒にがんばりたいと思いました。

担当:木賊











2014年4月5日土曜日

ふきのとう



4月になり、やっと暖かくなってきたとおもったら、
雪が降ってきたのが、昨晩の飯綱の天気です。
朝一でふきのとうをとりに、館内と母屋にいるメンバーが
猫又池というところに行きました。

ただ…行ってみたところ
あたりには雪がまだ積もっており、ふきのとうが雪で隠れていた状態でした。
せっかく行ったので、ちょっと雪の中を掘ってみると、
ひとつふきのとうの芽が見えました。
水輪にきて、まだふきのとうを取りに行ったことのないメンバーは、
そのふきのとうを一目見て、また車にのって帰りました。

ふきのとうは、天ぷらにしたり、ふきみそにしたり、
春の季節を楽しめる食べ物です。
時期が外れないように、近々ふきのとう摘みいきたいと思います。


担当:木賊
 






2014年4月4日金曜日

輝いていく、本来あるもの



昨日の誕生会では、塩澤先生方の娘さんの早穂理さんの誕生日を祝うとともに
新しく仲間になった2名の実習生の歓迎会をしました。

誕生日会の中で、今年開かれるいのちの音楽祭に向けて歌の発表がありました。
新しい発見であったのは、新しくきたY太君の歌が
最高に素晴らしかったことです。
「千の風になって」「ものの毛姫」のうたを発表してくれたのですが、
皆から盛大な拍手とともに、アンコールが何回も行われました。
中には、歌声に感動をして、泣いてしまう人もいました。
Y太君は、今までひきこもりをしていたみたいなのですが、
人をひきつける、素晴らしい才能を持っている人だと感じました。

世の中に引きこもりをしている人は、たくさんいます。
社会や学校にうまく溶け込めなくて、本来持っている自分の中の
ダイヤモンドを輝かせきれていないひとがもっともっといることが
すごく残念です。
ただ、Y太君のように、自分の本来ある力を発揮できたことは、
Y太君を少しづつ変えていく最初の一歩になったのではないかと思いました。
昨日はそのことがすごく幸せに感じられた一日でした。

担当:木賊







4/3 早穂理さん、お誕生日おめでとうございます!

みなさま、こんばんは。
今日は、いのちの森「水輪」にとって
1年の中でもっとも特別な日でした。



それは、水輪の原点である塩澤研一先生・みどり先生の
娘さんである塩澤早穂理さんの誕生日だからです。
今日で39歳を迎えました。



今年の冬は2回の重症のインフルエンザと風邪で40度の高熱と
重篤な薬疹(水疱瘡?)から
両先生、スタッフ実習生の決死の看護、帯津良一先生のホメオパシー
訪問診療をしてくださる山田先生、日赤訪問看護の深澤さん、
高野山真言宗阿闍梨の宮島基行先生、スタッフ実習生みんなのお祈り、
と早穂理さんのがんばりにより、奇跡の生還を果たしました。

帯津良一先生による訪問診察

今日は、早穂理さんを囲んで、早穂理さんの誕生日と
4月誕生日のWさんの誕生会、新入学生のTさん、Yさんの歓迎会
としてのパーティーだったのですが、すばらしい感動的な会になりました!

かんぱーい!

まず、研先生の中学生の友人モンドール安久井さんによる
超特製バースデーケーキです!とーーってもおいしかったです!!


東京のMさん、すてきなお花ありがとうございました!

早穂理さんがお昼寝中に届きました

そして、入学してまだ2ヶ月ですが、
ファームサブリーダーK君のかっこいいサックス演奏!


さらには、新入生Y君の超プロ並みの「千の風になって」「もののけ姫」
「少年時代」の魂のこもった心に響くメドレー!!



これには、みんな本当に感動しました。
普段は、それほど口数の多くないY君であるだけに、その歌声を
聞いた瞬間、会場全体が一時騒然となりました。
感動のあまり、泣いている女性研修生もいました。



今後、いのちの森音楽祭でも出演するかもしれません。
もし、出演の場合は、どうぞお楽しみに!

最後に、水輪ダンスチームです!


早穂理さん、今年1年もいのちの森「水輪」の中心として、
どうかお元気で、よろしくお願いします!

担当 山下