ブログ説明


若者の心の扉を開き、いのちの感覚を目覚めさせ、知力・体力・気力を充実させ、

人間力・仕事力・徳力・生活力・学力・実践力・自分力を養い、世のため、人のために

役立つ人間に成長することを願い、若者の「生き方」と「働き方」と「自立」を応援しています。
ご感想・お問合せは、メール suirin@suirin.com までお願いいたします。


2015年1月25日日曜日

豆選別 切り替え力の基礎 終了への道

今日はまたみんなで豆選別、通称「豆選(まめせん)」をしました。「ゆきほまれ」という種類の大豆を選別しました。おそらく始まってから10日ほどたった豆選。今日で9割がた終わらせることができました。突然大雪が、猛吹雪がふり、全員豆選の手を止めて雪かきに、1,2時間行った日もありましたし、宿泊施設を清掃、メンテナンスする部署、「館内」の助っ人に、1人2人が豆選のメンバーから呼ばれることもありました。冬で、夏よりは余裕があるとはいえ、参加者20人規模のセミナーもまだあり、決算などの事務も膨大にあり、そして、いつ降るかわからない大雪もあり、立てるべき計画も山のよう。冬は冬で忙しいのです。そんな中、私が豆選別に参加させていただいて感じたことは、厳しい条件の中、苦労も喜びも共有すると、前回書かせていただいた、誕生会とはまた別の形で信頼関係を、仲間との絆を深めることができました。支え合うことの大切さ。一人だけが勝手な雑念を抱えるではなく、みんなと同じ、みんなにとって一番いい理想、または目標を目指し努力すること。とってもとっても達成感に満ち溢れています。



担当:Y子


2015年1月20日火曜日

信頼関係を築いた日々、そして深まった日



こんにちは、yutaです。先日は1月のお誕生日会と研修生のEYさんの歓迎会が開かれました。豪華な食事に囲まれて、いろいろな出し物が催されました。中でも人気だったのはスタッフのKTさんのダンス。各部署の日常の動きをダンスにしたもので、総務ダンスや厨房ダンスなど、様々なダンスを皆で踊りました。お誕生会は各部署の連携があってこそ成し得るものです。料理を作る人、運ぶ人、会場のセッティングをする人、出し物をする人。私達の学んでいる京セラフィロソフィには、「全員参加で経営する」という項目があります。誰もが自分の良い所を出し合って、このお誕生会という催し物への参加を通じて一人一人の自己実現が図られ、全員の力が一つの方向に揃った時、素晴らしい会となるのです。結果的に、この一年の始まりの最初のお誕生会は大成功に終わりました。この事は、まさにフィロソフィの証明だと言えると思います。今後とも、一人一人が高い意識を持って役割を担い、日々の成功を築き上げていける、そんな毎日を目指していきたいと思います。 
                    
119日、水輪メンバーの今月の誕生会が、行われました。水輪では、誕生日の人がいると、その人のお誕生会が行われます。場所はいつも、早穂理庵(母屋)。早穂理さんを囲んで、その日は、リビングに30名近いスタッフ研修生実習生が楽しく仲良く集まります。 いつもは、相手の成長を願うために、お互い指摘をしあったり、みんなにとって何が一番正しいかを見つけるために、激論を交わしあったりするけれど、この日は、特別です。みんな笑顔で、出し物を出したり、寸劇でおどけてみたり、歌ったり、踊ったり、ある意味の非日常を楽しみます。でも、仕事に真面目に淡々と、集中して取り組む「日常」があるからこそ非日常が楽しく、際立つのです。どちらも大切なんだと思います。私は今回は誕生月のメンバーだったのですが、ハッピーバースデーをみんなが歌ってくれた時、心から祝ってくれているのがしみじみ伝わって、今までのことについての感謝、これからへのエール、自分が生きていることを人に喜んでもらえたこと、ポジティブなエネルギーがどんどん伝わって、ああ、水輪ってあたたかいんだ…とうれしく思いました。みんなからポジティブな言葉も、よくなるための指摘も、喜んで、喜んで、受け取らせていただきたいです。ちなみに今日の題は、わたしたちの教材で、京セラフィロソフィ(京セラ名誉会長・稲盛和夫著)の中の「信頼関係を築く」という項目に基づきました。Yutaさんと同じ内容でしたが、読んでくださっているみなさんにも、少しでもここのエネルギーを、塩沢先生、早穂理さんたちのエネルギーをお伝えさせて頂きたいと思います。

担当:庸子