ブログ説明


若者の心の扉を開き、いのちの感覚を目覚めさせ、知力・体力・気力を充実させ、

人間力・仕事力・徳力・生活力・学力・実践力・自分力を養い、世のため、人のために

役立つ人間に成長することを願い、若者の「生き方」と「働き方」と「自立」を応援しています。
ご感想・お問合せは、メール suirin@suirin.com までお願いいたします。


2017年9月22日金曜日

2017/09/22 食事会をひらいていただきました!


先日、先生方が普段頑張っている皆をねぎらって町のお寿司屋さんにて食事会をひらいてくださりました。先生方のご配慮で、皆自由に注文させていただき、食べたいものをお腹いっぱい食べさせて頂きました。

皆本当にうれしそうで、何より、先生方をかこみ皆でご飯を食べていると、言葉にできない幸せと、確かな絆を感じることができました。

先生方、本当にありがとうございました!

2017年9月19日火曜日

2017/09/19 実習の中から学んだこと


生き方働き方学校では畑や、館内、厨房、総務、それぞれの実習現場で感じたこと、学んだことを短歌にしてワークシート(日々の成長の記録)に書いています。
その中から何作かをご紹介します。


 ①今生きる 苦しみ抱いて 思うこと
           今日の食事と 明日の笑顔

 ②淡々と 実習こなす その先に
           何も望まず 期待しすぎず

 ③依存症 怖い怖いと 思うけど
           実習やれば 忘れてしまう
                         実習生 T・Nさん


2017年9月17日日曜日

2017/09/17 体験発表をさせていただきました。


先日、いのちの森を長年支えて下っている木下夫妻がいのちの森を訪れてくださいました。木下夫妻は塩澤先生方の古くからの同志であり、いつも生き方働き方学校の青少年のみんなを実の子のよう思ってくれています。美味しいお米を送ってくださったり、長野ではなかなか手に入らない新鮮なお魚をたくさん送ってくださったり、本当に感謝しても感謝しきれません。

そんな木下夫妻にソーラン節と歌を披露させていただきました。また、その後に何人かの実習生、研修生、スタッフが自分たちの体験発表をさせていただきました。

自分がこれまでどのようにして良くなってきたのか。

話をさせていただくことで改めてここでの学びを再認識させていただきました。

ありがとうございました


2017年9月14日木曜日

2017/09/14 さおりさんケアチームに新しい仲間が加わりました!

~さおりの日誌より転載~

みなさんこんにちは。
今回はさおりさんケアチームに新たに2人が加わったことを報告します。
研修生のNさんとYさんです。
二人とも館内で修業を積んで自分を修められるようになってきたため、母屋のさおりさんケアチームに大抜擢されました。
母屋は夏から冬に向けて新体制の準備をしております。

二人には実際にさおりさんのそばにつき、ご飯作りの補佐や、鼻チューブを入れる補佐等、さおりさんの声にならない心の声をきき、さおりさんの手となり足となる中で、福祉の原点、他者を思いやることを学んでいただきます。
さおりさんケアをしていく中で、たくさんの宝物を2人は見つけることができるでしょう。


2017年9月12日火曜日

2017/9/13 映画勉強会の感想文をご紹介します。

先日生き方働き方学校では映画勉強会を行いました。今回の教材は「チリ33人希望の軌跡」です。落盤により鉱山に閉じ込められた33人の人々の生死をかけた日々を描いたノンフィクション映画です。
勉強会に参加した実習生の感想文です。
極限の状態にあってこそ人間の真の価値が問われるのだと思います。生きるか死ぬか、そのせとぎわに立った時、自分だけが生き残ることを考え、自分勝手にふるまうのか、最後の最後まで、人間としてのあるべき姿、尊厳をもって誇り高く生きるのか、自らの価値が問われるのだと思います。
人生の中でそういう場面に出くわすことは、一生に一度あるかないかだと思いますが、日々の日常の中で、自らが判断、選択する場面はたくさんあると思います。どんな小さなことでも、いや、日常の小さな出来事の積み重ねこそが自分の人間性、品格を決定していくのだと改めて感じました。
まだまだ未熟で弱い自分ですが、少しでも人間性を高め、人格を磨いていくために、日々自分を律し、精進したいと思いました。そして、人間の真の素晴らしさ、希望を見せてくれた33人とその関係者へ、心から敬意を表したいと思います。今回はこのような機会を頂き、今一度、自らの在り方を見直すことをさせて頂きありがとうございました。