ブログ説明


若者の心の扉を開き、いのちの感覚を目覚めさせ、知力・体力・気力を充実させ、

人間力・仕事力・徳力・生活力・学力・実践力・自分力を養い、世のため、人のために

役立つ人間に成長することを願い、若者の「生き方」と「働き方」と「自立」を応援しています。
ご感想・お問合せは、メール suirin@suirin.com までお願いいたします。


2017年1月29日日曜日

2017/01/29  みんなでソーラン節!

先日は、お客様がいらっしゃったため、歌とソーラン節を披露させていただきました。
最近は、少し時間も取りやすくなり、時間を作っては練習を重ねてきました。
それもあってか、今回は今までよりも、自信を持って一段と一生懸命取り組むことができました!
やっぱり、みんなで精いっぱい踊りきるのは清々しいものです。
ちなみに「みんな」というのは、誰のことを言うのか、皆さん想像できますか?
なんと今回は、お客様も一緒に踊ったのです!
始めは、いつもの水輪メンバーで踊った後、お客様の中に「一緒に踊ってみたくなった!」という方がいらっしゃったため、「それでは!」
ということで2回目はお客様も一緒に踊ってくださったのです。
そのままの流れで、合唱をし、最後は集合写真まで取りました。
自分たちの全力を出して踊ったメンバー一人一人と、
冬の水輪に足を運び、私たちの思いに共感してくださった、お客様お一人お一人の阿多たい心がつながり、とても充実した時間を過ごさせていただきました。
又、自分に向き合い、一生懸命に生きることの大切さを改めて感じることのできた一時でもありました。

これからもがんばってゆきます。

私たちの成長を見守り、支えて下さっている皆様への感謝を忘れずに。


2017/01/28 「生活力」

私たちは共同生活をしていますので、自分の物はしっかりと管理しようということで、先日のお休みの日に裁縫を行いました。
白い布に自分の名前を書き、目立たないところに縫い付ける。
とれていたボタンを縫い付ける。
それは、自分たちの生活力をつけていることなのです。

 
お休みの日には、ただ寝たり、ダラダラと過ごすのではなく、
日ごろできない身の回りのことをする。
そうすることにより、自分の心もすっきりし、気持ちの良い日々が送れます。
そして、今まで気づかなかった自分たちの日常生活の中で、足りなかった意識にも気づけます。
 生き方働き方学校では、そのような生活に根差した学びと実践を大切にしています。
これが共に学び、共に生きるということです。
 これからもがんばります!
 

2017年1月28日土曜日

2017/01/27 呼吸法で精神統一

私たちは、夜寝る前に健康呼吸法を実践しています。
セミナーの講師としてお越しいただいている、高野山真言宗阿闍梨の宮島基行先生からの教えていただいている呼吸することの意味を大切にして行っています。
ただ呼吸をするのではなく、教えていただいたお祈りの言葉をお唱えさせていただきながら呼吸をします。
呼吸法は、ただ呼吸をするのではなく、まず姿勢を正すところからです。
背筋を伸ばし、手を合わせ、胸より高い位置にします。
そして大きく息を吸い、できるだけ長く吐き切ります。
これを続けることにより、だんだんと呼吸が深くなってきます。
この呼吸が深くなるという状態になるということは、非常に集中している状態ですので気が散っていたり、ただ呼吸しているだけの状態だと、じっとしていると落ち着かなくなってきたり、眠くなってきたりして、集中力もつきません。
しかし、そのような雑念が出てきた時こそ、
もう一度、背筋を伸ばし、胸を張り、深く呼吸をする。
それが、自分の気を締め直し、集中力をつけていくことになるのです。
吸って、吐く。
このことに集中していると終わったころには、心も体もすっきりしています。
呼吸法には、ぶれない自分を作っていくうえでの大切なエッセンスがあります。
このようにして、様々な体験を通して、ぶれない自分を作ることを学んでいます。
そして何事も継続することが大切です。
継続は力なり!
これからも成長できるよう一歩一歩皆でがんばってゆきます。
呼吸をして、身も心もすっきりしてベッドに入ります。

おやすみない・・・・

2017年1月27日金曜日

2017/01/26  おやきづくり

今日の夕食はおやきでした!
皆様ご存じのとおり、おやきと言えば、長野県の伝統食の一つです。
今日は、そんなおやきをみんなで手作りしました。

いのちの森光の水自然農園で生産された麦を製粉した小麦粉と、手作りの野沢菜づけを使って作りました。
まずは、具材から作ってゆきます。
野沢菜づけをみじん切にします。そしてよく炒め、味付けをします。
具を作り終わったら生地を作り、包みます。
今日は焼おやき。
最後はきれいに焼き上げて完成です。
このような食文化に触れることは、ふるさとの味を感じ、心も豊かになります。

ありがたく、おいしくいただきます。

2017年1月25日水曜日

2017/01/25 豆選別

今日はみんなでいのちの森光の水自然農園で生産された自然栽培大豆の選別を行いました。
この、豆を選別する実習のことを「豆選」と呼んでいます。昨年は約250㎏の大豆が収穫されました。
収穫した大豆は選別をし、農協の検査に出された後、グリーンオアシスのレストランでお料理に使用されたり、売店で販売したり、手作り味噌に使用したりします。
近々味噌作りを行うということで、それに向けて皆で選別を行っています。
実はこの豆選実習、集中力がとても鍛えられます。 

 
一つ一つの豆の状態を見てA級、B級、C級と分けていくのですが、250㎏もあるのでじっくりなんか見ていられません。

一瞬でその豆の状態を認知し、A級か、B級か判断し、手でつまんでその等級の容器に移す。その流れをひたすら続けてゆきます。
ただ速くできても等級が間違ってしまっては意味がありません。
絶対に間違いのないように、確実な判断能力も要求されます。
正確に、迅速に、認知し行動する。
豆選は、いのちの森生き方働き方学校で行っている、認知行動療法の一つなのです。
最初はなかなかスピードが出ませんが、積み重ねていくと必ず力はついてきます。

そして、一粒一粒、実ってくれたお豆に感謝をしながら選別してゆきたいと思います。

2017年1月24日火曜日

2017/01/24 ソーラン節練習です!

いのちの森では今日もソーラン節の練習を行っています。昼間は雪かきで体を動かしていますが、夜ももうひと頑張りです。皆で時間を作って一生懸命練習しています。どうやったらきれいに見えるか、力強く見えるか、皆で意見を出しあいながら切磋琢磨しています。
ソーラン節を通して、仲間とのつながりも深くなり、今まで輪の中に入りづらかった人も、今ではみんなと一緒に頑張っています。みんなで本気になって練習をしていくとやりがいを感じ、楽しさを感じる事が出来ます。

これからも一人一人の力を出し切って一生懸命踊りたいと思います!