ブログ説明


若者の心の扉を開き、いのちの感覚を目覚めさせ、知力・体力・気力を充実させ、

人間力・仕事力・徳力・生活力・学力・実践力・自分力を養い、世のため、人のために

役立つ人間に成長することを願い、若者の「生き方」と「働き方」と「自立」を応援しています。
ご感想・お問合せは、メール suirin@suirin.com までお願いいたします。


2017年1月28日土曜日

2017/01/27 呼吸法で精神統一

私たちは、夜寝る前に健康呼吸法を実践しています。
セミナーの講師としてお越しいただいている、高野山真言宗阿闍梨の宮島基行先生からの教えていただいている呼吸することの意味を大切にして行っています。
ただ呼吸をするのではなく、教えていただいたお祈りの言葉をお唱えさせていただきながら呼吸をします。
呼吸法は、ただ呼吸をするのではなく、まず姿勢を正すところからです。
背筋を伸ばし、手を合わせ、胸より高い位置にします。
そして大きく息を吸い、できるだけ長く吐き切ります。
これを続けることにより、だんだんと呼吸が深くなってきます。
この呼吸が深くなるという状態になるということは、非常に集中している状態ですので気が散っていたり、ただ呼吸しているだけの状態だと、じっとしていると落ち着かなくなってきたり、眠くなってきたりして、集中力もつきません。
しかし、そのような雑念が出てきた時こそ、
もう一度、背筋を伸ばし、胸を張り、深く呼吸をする。
それが、自分の気を締め直し、集中力をつけていくことになるのです。
吸って、吐く。
このことに集中していると終わったころには、心も体もすっきりしています。
呼吸法には、ぶれない自分を作っていくうえでの大切なエッセンスがあります。
このようにして、様々な体験を通して、ぶれない自分を作ることを学んでいます。
そして何事も継続することが大切です。
継続は力なり!
これからも成長できるよう一歩一歩皆でがんばってゆきます。
呼吸をして、身も心もすっきりしてベッドに入ります。

おやすみない・・・・