ブログ説明


若者の心の扉を開き、いのちの感覚を目覚めさせ、知力・体力・気力を充実させ、

人間力・仕事力・徳力・生活力・学力・実践力・自分力を養い、世のため、人のために

役立つ人間に成長することを願い、若者の「生き方」と「働き方」と「自立」を応援しています。
ご感想・お問合せは、メール suirin@suirin.com までお願いいたします。


2017年4月11日火曜日

17/04/11 いよいよ味噌づくり!

今日は待ちに待った味噌づくり本番です!早朝5時からスタンバイし、500kgの味噌をつうるため皆気合いたっぷりで厨房にあつまりました。
茹でた豆をすりつぶし、塩と麹と均等にしっかりと混ぜ合わせ、樽のなかに空気が入らないように思いっきりたたきつけます。塩と麹と豆を混ぜ合わせるのはとてもに力がいります。大の男たちが体全体を使ってひとこね、ひとこね、力と心をこめて混ぜ合わせます。これが本当に大変なんです(笑)500kgの味噌をつくるには朝から夕方までほぼノンストップでこね続けます。畑で鍛えているメンバーも、さすがにこの味噌づくりでは余裕というわけにはいきません。汗まみれになりながら精一杯頑張りました。
ひとつひとつの工程を、手作りで、心をこめて。これはわたしたちいのちの森のモットーです。もちろん、食べていただく皆さまのためにもですが、一番は、こねている麹、豆、塩・・・。ひとつひとつの材料はただの「モノ」ではなく、そこにいのちが宿っていることを私たちは感じているからです。いい加減な気持ちでつくれば、いい加減な味噌しかできません。豆や、お米を育てたたくさんのいのちたちや、人間の思い。目の前の味噌にはたくさんの目に見えないエネルギーが込められています。だから、そのいのちたちに失礼のないよう、自分たちの全力を出し切って、精一杯の心をこめて私たちは味噌をつくっています。

作り終えた後はみなでお片付け。達成感を味わいながらみんなで食べる夕食は最高の幸せです。ともにつくる、ともに生きることのありがたさを今日も感じました。

できあがった味噌はグリーンオアシスでさまざなお料理に使用されています。
かぼちゃの味噌チーズ焼き、味噌田楽にお野菜の味噌いため・・・。
どれも深いコクのある最高の味です。一度ご賞味あれ♪
来てくださったお客様にはおみやげとしてお分けしております。
いのち森の味噌を一度味わってみたい!という方は 是非とも一度お電話ください。
味噌づくりに携わったみなさんありがとうございました!