ブログ説明


若者の心の扉を開き、いのちの感覚を目覚めさせ、知力・体力・気力を充実させ、

人間力・仕事力・徳力・生活力・学力・実践力・自分力を養い、世のため、人のために

役立つ人間に成長することを願い、若者の「生き方」と「働き方」と「自立」を応援しています。
ご感想・お問合せは、メール suirin@suirin.com までお願いいたします。


2017年5月4日木曜日

2017/05/05 感想文へのメッセージをいただきました。



先日ご紹介した生き方の感想文(下記)に対し、メッセージをいただきました。
先日のブログでNTさんはあきらめずに頑張った結果よくできるようになったということですね。それに気づいて本当に、良かったです。
私は、歯医者ですが、英語では「歯医者をやる」「医者をやる」ということを、プラクティスすると言います。医療は、患者さんを完璧にもとの姿に戻すことは、患者さん自身、または神にしかできないので、それに近い理想に近づけることを手伝う仕事なので、沢山の練習が必要なので、このプラクティスという意味は、鍛錬という意味があるのです。私たちも、あきらめずに頑張るしかないので、毎日、この繰り返しで成功に近づこうとしているのです。
皆さんもその心意気で、やっていけば、必ず満足できる結果がでると思いますよ。お互いに頑張りましょう!
感想文
僕はよく実習をはじめるとき、やったことのない実習を割り振られると「これはできない」と思ってしまって、リーダーに指示されたときに「無理です」と言ってしまうことがよくあります。
今日のテーマは「あきらめずやり通せば成功しかありえない。」です。自分によくあてはまるなと思いました。
今日僕は今までできなかった「畝ならし」の実習を「できない」と思わずに真剣にやってみました。そうしたらうまくできてリーダーの工藤さんに褒められるくらいでした。これはひとえに、自分があきらめずに練習してきた努力の結果ではないかと思います。
                                                実習生 N・T