ブログ説明


若者の心の扉を開き、いのちの感覚を目覚めさせ、知力・体力・気力を充実させ、

人間力・仕事力・徳力・生活力・学力・実践力・自分力を養い、世のため、人のために

役立つ人間に成長することを願い、若者の「生き方」と「働き方」と「自立」を応援しています。
ご感想・お問合せは、メール suirin@suirin.com までお願いいたします。


2018年2月22日木曜日


2018/02/21 「働き方」勉強会感想文

いのち森 生き方働き方学校で行っている 稲盛和夫著「働き方」の勉強会の感想文をご紹介します。

  私はこの章を通して、「実際にそこまで仕事を好きにならなくては、大きな成果を残すことはできない、どんな分野でも成功する人というのは自分のやっていることに惚れている人」という言葉が心に響きました。頑張っているのにできなくて、悔しくて、泣いて折れてしまうというケースが私には多いです。

  でも今振り返ると、本当に、本当にその時頑張っていたのか?と思ってしまいます。はじめは本当に頑張るぞという思いで100%やるのですが、やっていくうちに、あれ、こんなはずじゃなかったのにという小さな問題、それに対処している時間によって予定とは違う進み具合、自分の計画とは違う意見が出て、計画自体を変えていかなくてはいけなくなってしまう、それらを全て抱えて、それでも最初の頑張るぞという100%の気持ちを持てるか、私はそこまでの強さがありませんでした。

 あぁ、もう嫌だなと一瞬でも思ってしまい、やったほうがいいとは思うが、もうやめたいという気持ち、そんなに言うのならあなたがやればいいのでは?という卑屈的な気持ち、なぜ思った通りにならないのかという落ち込みがどんどん重なって、いつの間にか頑張るぞという気持ちが薄くなってしまいます。

 そうではなくて、どんな状況になっても100%前向きな気持ちでいなければならない。私はまだそれが今からできます、やりますと自身を持っては言えないのですが、そうあるべきだと思いました。

 少しでもそこに近づけるよう、日々頑張りたいと思います!