ブログ説明


若者の心の扉を開き、いのちの感覚を目覚めさせ、知力・体力・気力を充実させ、

人間力・仕事力・徳力・生活力・学力・実践力・自分力を養い、世のため、人のために

役立つ人間に成長することを願い、若者の「生き方」と「働き方」と「自立」を応援しています。
ご感想・お問合せは、メール suirin@suirin.com までお願いいたします。


2018年2月27日火曜日


2018/02/25 「働き方」稲盛和夫著 から学ぶ ~原理原則を貫く~

いのち森生き方働き方学校で行っている「働き方」稲盛和夫著の勉強会の感想文を紹介させていただきます。

  毎日毎日の今、今、今の積み重ねが大事だとこの章を読んで改めて思いました。前までの自分は、今が駄目だったらこの先ももう駄目だろうといったあきらめに近い考え方をしていました。今を精一杯生きることが将来をより良くしていくとは信じられませんでした。成功体験もありませんでしたし、「どうでもいい」とか「めんどくさい」とか今思えばすごく病的な考え方をしていました。

 水輪で毎日生活していろんな体験や経験をさせてもらって、今思い返してみるとその当時できなかったことでも今現在ではできるようになったと気づき、「できないことでも毎日毎日の積み重ねで継続し続けてきた体験は無駄ではなかったと、先生方やみなさんには感謝しないと」と今では思います。
 考え方も、この1年半ですごく変わったと思います。自分のマイナスなネガティブな感情に巻き込まれて(まだ現在でもありますが…)自分に負けて継続できなかったり、甘えが出たりで、結果として失敗して自信を無くす悪循環でした。
 今はポジティブな感情が出て、日々の仕事、実習に対して「~こうしたい」とか、「~こうしよう」といった思いが出てきたり、自分の最大の敵は自分の中にある恐れや不安であって、他の何ものでもないと気づくことができたりと、今までの体験や学びから、少しは成長できていると思います。

 これからも、毎日積み重ねつづけて、自分の中で本質を体得し、次は新しく入ってきた人たちに、自分が経験してきたことや学びを伝えていけたらいいなと思っています。

                               研修生 A・Yさん