ブログ説明


若者の心の扉を開き、いのちの感覚を目覚めさせ、知力・体力・気力を充実させ、

人間力・仕事力・徳力・生活力・学力・実践力・自分力を養い、世のため、人のために

役立つ人間に成長することを願い、若者の「生き方」と「働き方」と「自立」を応援しています。
ご感想・お問合せは、メール suirin@suirin.com までお願いいたします。


2018年3月14日水曜日

2018/03/14 自然栽培普及会に参加させていただきました。


今回、自然栽培普及会に、いのちの森水輪のスタッフ・研修生が何名か参加させていただきました。
皆自然と調和することの重要性を深く学び、また、他の農家さんとの交流もできて、大変勉強になりました。
今日はその中の1人の感想文をご紹介させていただきます。


この度はこのような会に参加させていただき、ありがとうございました。

河名さんのお話は、2、3年ぶりくらいに聞かせていただきましたが、
自然栽培という農業に限った話ではなく、
自然栽培が示す、食・暮らし・人の生き方・心のあり方というような、
新しい価値観を持った話でした。

人間は何でも頭で理解して、
こうであらねばならないという固定概念でものを見てしまいがちですが、
人の命、自然の摂理といった本質から見た時に、
かたよった物の考え方をしているということに気づかされます。


今回も様々な例をもとに話をしていましたが、
11人にとっての自然な選択ということの根本に、
意識のレベルが大きく関係していることに気づかされました。

人生観、哲学、思想といったものかもしれませんが、
それが根底にあって、生活、食、物というものが成り立つのだと思います。

このことを、研先生ともお話しし、自分なりに、今日の講演が腑に落ちたように思います。

その後の懇親会では、
ナチュラルハーモニーの人や、他の参加者の方とも交流し、
意見交換をさせていただき、自分自身の視野も広がった気がします

今回は、水輪にいらしたことのある方も参加していて、
常連の方や、以前ボランティアで来た方、
またその人たちのつながりで新しい人とも繋がり、輪の広がりも実感しました。

今回、自分にとっては収穫の多い会だったとかんじています。
講演はもちろんですが、ブース出展におけるお客様とのコミュニケーション、
他のブースの商品の工夫などが、自分としては大きかったです。

今回は水輪ほど多種多様なものを扱っているところはなく、
その点お客様の目を引いたのではないでしょうか。

また、こちらからの情報発信の重要性や、
お客様のニーズをつかむための良い機会になりました。

ただ並べて、お客様を待つのではなく、
こちらから声をかけて、そのものを深く知ってもらうことを通し、
関心を引くことができ、コミュニケーションの大切さを感じました。

同時に、なんでも委託するというスタイルではなく、
自分たちの手で、生産、加工、販売まで繋げてゆけることの強みを感じました。

手はかかりますが、それだけの付加価値をつけて、
しっかりアピールすれば、反応は帰ってくることを実感しました。

今回のこの体験から、良い資材はいっぱいあるし、
良いものを作れているのは確かなのだから、
今後、もっとお客様が手を付けやすいようなシステムを
確立させることが大切だと思います。

せっかく良いものを作れても、
営業、販売が出来なければ、まったく意味はなく、利益は出ません。

こちらの目線だけで考えるのではなく、
お客様の目線で見た時に、もっとできることはあると感じました。

このことを帰りの車の中で考察する中で、
自分なりに色々な考えも出てきたので、また提案していこうと思います。

いずれにしても、今日は大変有意義な会となり、
良いものを持って帰ってくることが出来ました。

皆が実習をしている中、このような機会をいただき、本当にありがとうございました。