ブログ説明


若者の心の扉を開き、いのちの感覚を目覚めさせ、知力・体力・気力を充実させ、

人間力・仕事力・徳力・生活力・学力・実践力・自分力を養い、世のため、人のために

役立つ人間に成長することを願い、若者の「生き方」と「働き方」と「自立」を応援しています。
ご感想・お問合せは、メール suirin@suirin.com までお願いいたします。


2018年3月23日金曜日

2018/3/23 女子会パーティー行いました。


先日、みどり先生が女子会を開いてくださいました。

いのちの森にいる女性十数名がみどり先生を囲んで楽しく食事をとりながら、
それぞれの話に耳を傾けました。

研先生が豪華な手料理をふるまってくださり、みんな大喜びでした。

母屋に居るメンバーは久しぶりに簡素の女性と会ったため
皆の話を深めることができて、とてもよい時間を過ごすことが出来ました。

後半では、みどり先生が、
私たちは、いつも、損か得か、勝つか負けるか、
というようなことで争っているけれど、
もっと遠くから、宇宙から自分たちを見てごらん、
なんて小さなことで自分を苦しませているんだろうって思うでしょう?」
という事をテーマに、私たちに深いお話をしてくださりました。



今回は、女子会の感想文をご紹介します。


昨日は、お忙しい中、女子会を開いて下さり、本当にありがとうございました。

みどり先生のあたたかく深いお話と、
研先生の誕生会並みのお料理に感動しました。

いのちの森の父と母だと、まさに思いました。

研先生がたくさんのお料理を出してくださったときに、
やって出来ないことは無いのだなと感じました。
母屋のお勝手は、何か特別な設備があるわけでもないのに、
これだけのお料理が作れるという事は、本当にすごいの一言です。

アメニティづくりの在庫の件も、
余分に作ること自体を否定しているのではなく、
物の考え方・見方を教えてくださっているのだなと思いました。
確かに使わない備品を在庫として抱えていても、
それは借金と同じようなものですし、倉庫の中も整然とせず、
良いことではないなと思います。

何か判断に迷った時、稲盛さんの言葉はとても参考になると思います。

今度集まるときは、りえさんや悦子さん、平岡さんとも一緒の時間を過ごしたいです。

もてなされるだけでなく、もてなす側、人に気を配れる側にもまわりたいです。
何よりも伝えたいことは、とても楽しかったということです。
お忙しい中本当にありがとうございました。



研修生 A.Y



今日は午後女子会をしました。
みんなで色々な話をして盛り上がりました。

簡素のみんなとは、日頃なかなか会えなくて、
笑いあう機会も少ないので、今日はとても楽しかったです。

3分間スピーチも、みんなそれぞれの考えていることなどを知る、良い機会でした。

みどり先生のお話も、とても勉強になりました。
宇宙から地球を見るように、自分を見るというお話は、とても分かりやすかったです
確かに、そんな小さい中で小さな自分の小さな出来事にとらわれているのは、
とても時間の無駄だし、くだらないことだと思います。
自分もそんな風に、自分に起きていることを見れたらいいなと思います。
少しずつでも、利他の精神を持って「今ここ自己」に集中できるように努力していきたいです。



実習生 Y.T