ブログ説明


若者の心の扉を開き、いのちの感覚を目覚めさせ、知力・体力・気力を充実させ、

人間力・仕事力・徳力・生活力・学力・実践力・自分力を養い、世のため、人のために

役立つ人間に成長することを願い、若者の「生き方」と「働き方」と「自立」を応援しています。
ご感想・お問合せは、メール suirin@suirin.com までお願いいたします。


2018年6月16日土曜日

2018/06/16 『生き方』(稲盛和夫著)から学ぶ~現実になる姿が「カラーで」見えているか~

稲盛和夫塾長の著書、『生き方』の勉強会の感想文をご紹介します。

“現実になる姿が「カラーで」見えているか”


見えてくるまで考え抜く。
非常に大事なテーマだと思いました。

何度も思い、考え、練っていくことによって
見えない道に光を当て、道を明らかにしていくという行為は、
人の限界を常に常に拡張していく行為にも感じられました。

「今作っている製品の2倍のクオリティで、
お客様にとっての普通。
3倍のクオリティで、はじめてお客様にご満足していただける。」
こういう話を聞いたことがあります。

そのクオリティに達するには、
常に自分自身をも驚かされる領域の技術に
踏み込まなければならない。

理想のビジョンを浮かべるのは簡単だが、
それを実現するのは難しい。

料理作りで最近メインをさせていただいている身として、
本当に考えさせられます。

どうやったらイメージ通りの味になるか、
イメージ通りの見た目になるか。
思った通りにいかないことが多々あります。

だからといって、考えることを止めてはいけない。
止めることは停滞ではなくむしろ退化です。

だから考えて考えて、考え抜いて、
これからも料理作りを続けていきたいと思います。

自分の人生をも切り開いていくこととイコールだと思いました。
(研修生 T.S.)













こちらもあわせてご覧ください!