ブログ説明


若者の心の扉を開き、いのちの感覚を目覚めさせ、知力・体力・気力を充実させ、

人間力・仕事力・徳力・生活力・学力・実践力・自分力を養い、世のため、人のために

役立つ人間に成長することを願い、若者の「生き方」と「働き方」と「自立」を応援しています。
ご感想・お問合せは、メール suirin@suirin.com までお願いいたします。


2018年7月29日日曜日

2018/07/29 青少年の親御さんからお菓子をいただきました!


青少年の親御さんから、ういろうと胡麻せんべいをいただきました。
一日の終わり、実習で疲れた体に、優しい甘さが染み渡ります!
ありがとうございました。

































こちらもあわせてご覧ください!

2018年7月25日水曜日

2018/07/25 中先生による青少年育成公開講座が開催されました!


713日~17日には、中健次郎先生・暢子先生の気功合宿が開催されました‼

前日の12日の夜には、中先生が青少年のために、
青少年育成公開講座の講師をしていただきました。

中先生、本当にありがとうございました。

講座を受けた青少年たちの感想文をご紹介させていただきます。

*****

本日は、青少年育成公開講座に参加させていただき、ありがとうございました。
今回は中先生の一つひとつの言葉が心にしみわたるように感じられました。
まさに今の自分に必要なことをたくさん学ぶことができました。

自分のことで悩み、ごちゃごちゃ頭の中で考えていると気が上にあがり、
宇宙の力を取り入れられなくなる。
脳波は速く、荒く、エネルギーを消費してしまいます。
まさにネガティブなことを考えている自分だと思いました。

肩の力を抜いて、エゴを外したとき、丹田に気が集まり、エネルギーが通ってくる。
今回気功をしながら、雑念が消えていったとき、
とても頭がすっきりして本当はこれが自然な自分なんだと思いました。
普段どこかしら緊張しているのは、手放せていない自分がいるから。
自分を少しでも手放せるように、日々実習に打ちこんでいきたいと思いました。
A.K.


今回中先生の講座を受けさせていただいて、
普段自分の身体には、余計な力が入っているんだなと感じました。
体の力を抜くことで、丹田に気が入っていき、自然に生きていけるのだと思います。
また、いつも何気なく動かしている体の細かいところ一つひとつに意識していくことで、
日々の自分の力になっていくよう、これからも心がけていきたいと思います。
この度は、参加をさせていただき、ありがとうございました。
K.A.

中先生の気功を通して、普段自分がどれだけ体を緊張させて、
こわばらせて生きているのだろうと思いました。
相手を倒そうとするときに、相手が抵抗もせず身体から力が抜けた状態だと全く倒せず、
逆に身体をこわばらせ、力が入っているときには簡単に倒せてしまいます。
自分の身体を相手に受け渡すようにして力を抜いたら、
実際に相手にも倒されませんでした。
まずは自分が相手を受け入れるということなのだと思います。
相手に求めるのではなく、自分が与えることを、まずしてみようと思いました。
Y.T.






































こちらもあわせてご覧ください!

2018年7月22日日曜日

2018/07/22 笹寿しをいただきました!


青少年の親御さんから、笹寿しを頂きました。

立派な笹の葉に包まれた鮭、鯛、鯖の3種類の笹寿しを、
みんな大喜びで、美味しくいただかせていただきました‼


ありがとうございました。


























こちらもあわせてご覧ください!

2018年7月14日土曜日

2018/07/14 みどり先生、お誕生日おめでとうございました‼


710日は、私たちの師である塩澤みどり先生のお誕生日でした!

いつも温かく、時には厳しく、
大きな愛で私たちいのちの森水輪のスタッフ・研修生・実習生を包んでくださり、

私たちが道に迷いそうになったときには、その力強さで引っ張ってくださいます。

お誕生日の歌、さおりさんの歌、
そして一人ずつ、感謝の気持ちとメッセージをプレゼントしました。

みどり先生のお誕生日をみんなでお祝いすることができて、
本当にうれしいです!

私たちも一日でも早く成長し、
人間として正しい判断をし、
周りの人を思いやり、助け、
自立した一人の人間になれるように精一杯努力します。

これからも、ご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします。

お誕生日おめでとうございました!
















こちらもあわせてご覧ください!

2018年7月13日金曜日

2018/07/13 太鼓猛特訓後半戦!


72日から4日まで、
よねちゃん先生に再び水輪へお越しいただき、
太鼓猛特訓の後半戦が行われました。

今回は、喜多郎コンサートで演奏させていただく曲の通し練習を中心に、
入退場や挨拶の仕方、歩き方の練習、
ソロパートの練習、打ち方の基本練習などを指導していただき、
たくさんのアドバイスもいただきました。

太鼓は、叩くと簡単に音がなりますが、
だからこそ奥が深い楽器だと思います。

みんなの音を聞こうとしても、だんだん叩くことに夢中になって、
気がついたら演奏のスピードがどんどん速くなる。
そうして気がついたら、音はバラバラでそろわなくなってしまいます。

太鼓を叩くには、周りの音を聞いて、
合わせようとする一人ひとりの気持ちが大切です。
そこにいる全員を一人ひとりが感じて、想う。
全員で一つになってはじめて、一つの音になります。

日常生活の中でも自分のことばかり考えて、
他者を無視するような行動をとっていては、一つになることはできません。
他者を尊重し、大切に想う気持ち、
それはどんなことにでも通じるのだと改めて実感します。

本番まで残り一ヶ月ほどしかありませんが、
みんなで一つになれるよう、一回一回の練習を大切にしていきたいです。

太鼓を贈ってくださったコロナの内田会長、
指導してくださった米谷さん、
私たちの練習に理解を示してくださった地域の皆様、
いつも私たちを支えてくださっている多くの皆様、
研先生、みどり先生、スタッフの皆様、本当にありがとうございます。

皆様方の想いに感謝をしながら、
この貴重な経験を成長の糧としてさらに成長していきます。

ぜひ喜多郎コンサートで、私たちの和太鼓をご覧ください!





























こちらもあわせてご覧ください!