ブログ説明


若者の心の扉を開き、いのちの感覚を目覚めさせ、知力・体力・気力を充実させ、

人間力・仕事力・徳力・生活力・学力・実践力・自分力を養い、世のため、人のために

役立つ人間に成長することを願い、若者の「生き方」と「働き方」と「自立」を応援しています。
ご感想・お問合せは、メール suirin@suirin.com までお願いいたします。


2018年7月13日金曜日

2018/07/13 太鼓猛特訓後半戦!


72日から4日まで、
よねちゃん先生に再び水輪へお越しいただき、
太鼓猛特訓の後半戦が行われました。

今回は、喜多郎コンサートで演奏させていただく曲の通し練習を中心に、
入退場や挨拶の仕方、歩き方の練習、
ソロパートの練習、打ち方の基本練習などを指導していただき、
たくさんのアドバイスもいただきました。

太鼓は、叩くと簡単に音がなりますが、
だからこそ奥が深い楽器だと思います。

みんなの音を聞こうとしても、だんだん叩くことに夢中になって、
気がついたら演奏のスピードがどんどん速くなる。
そうして気がついたら、音はバラバラでそろわなくなってしまいます。

太鼓を叩くには、周りの音を聞いて、
合わせようとする一人ひとりの気持ちが大切です。
そこにいる全員を一人ひとりが感じて、想う。
全員で一つになってはじめて、一つの音になります。

日常生活の中でも自分のことばかり考えて、
他者を無視するような行動をとっていては、一つになることはできません。
他者を尊重し、大切に想う気持ち、
それはどんなことにでも通じるのだと改めて実感します。

本番まで残り一ヶ月ほどしかありませんが、
みんなで一つになれるよう、一回一回の練習を大切にしていきたいです。

太鼓を贈ってくださったコロナの内田会長、
指導してくださった米谷さん、
私たちの練習に理解を示してくださった地域の皆様、
いつも私たちを支えてくださっている多くの皆様、
研先生、みどり先生、スタッフの皆様、本当にありがとうございます。

皆様方の想いに感謝をしながら、
この貴重な経験を成長の糧としてさらに成長していきます。

ぜひ喜多郎コンサートで、私たちの和太鼓をご覧ください!





























こちらもあわせてご覧ください!