ブログ説明


若者の心の扉を開き、いのちの感覚を目覚めさせ、知力・体力・気力を充実させ、

人間力・仕事力・徳力・生活力・学力・実践力・自分力を養い、世のため、人のために

役立つ人間に成長することを願い、若者の「生き方」と「働き方」と「自立」を応援しています。
ご感想・お問合せは、メール suirin@suirin.com までお願いいたします。


2018年7月25日水曜日

2018/07/25 中先生による青少年育成公開講座が開催されました!


713日~17日には、中健次郎先生・暢子先生の気功合宿が開催されました‼

前日の12日の夜には、中先生が青少年のために、
青少年育成公開講座の講師をしていただきました。

中先生、本当にありがとうございました。

講座を受けた青少年たちの感想文をご紹介させていただきます。

*****

本日は、青少年育成公開講座に参加させていただき、ありがとうございました。
今回は中先生の一つひとつの言葉が心にしみわたるように感じられました。
まさに今の自分に必要なことをたくさん学ぶことができました。

自分のことで悩み、ごちゃごちゃ頭の中で考えていると気が上にあがり、
宇宙の力を取り入れられなくなる。
脳波は速く、荒く、エネルギーを消費してしまいます。
まさにネガティブなことを考えている自分だと思いました。

肩の力を抜いて、エゴを外したとき、丹田に気が集まり、エネルギーが通ってくる。
今回気功をしながら、雑念が消えていったとき、
とても頭がすっきりして本当はこれが自然な自分なんだと思いました。
普段どこかしら緊張しているのは、手放せていない自分がいるから。
自分を少しでも手放せるように、日々実習に打ちこんでいきたいと思いました。
A.K.


今回中先生の講座を受けさせていただいて、
普段自分の身体には、余計な力が入っているんだなと感じました。
体の力を抜くことで、丹田に気が入っていき、自然に生きていけるのだと思います。
また、いつも何気なく動かしている体の細かいところ一つひとつに意識していくことで、
日々の自分の力になっていくよう、これからも心がけていきたいと思います。
この度は、参加をさせていただき、ありがとうございました。
K.A.

中先生の気功を通して、普段自分がどれだけ体を緊張させて、
こわばらせて生きているのだろうと思いました。
相手を倒そうとするときに、相手が抵抗もせず身体から力が抜けた状態だと全く倒せず、
逆に身体をこわばらせ、力が入っているときには簡単に倒せてしまいます。
自分の身体を相手に受け渡すようにして力を抜いたら、
実際に相手にも倒されませんでした。
まずは自分が相手を受け入れるということなのだと思います。
相手に求めるのではなく、自分が与えることを、まずしてみようと思いました。
Y.T.






































こちらもあわせてご覧ください!