ブログ説明


若者の心の扉を開き、いのちの感覚を目覚めさせ、知力・体力・気力を充実させ、

人間力・仕事力・徳力・生活力・学力・実践力・自分力を養い、世のため、人のために

役立つ人間に成長することを願い、若者の「生き方」と「働き方」と「自立」を応援しています。


2019年2月1日金曜日

2019/02/01 雪にも負けず

二月に入りました。新しい月の始まりです。
早いもので新年を迎えてからもう一月経ちました。
私たちの生活する信州飯綱高原ではこの一週間でかなりの量の雪が降りました。
一日雪の降る日は、ビニールハウスがつぶされないよう夜でもスタッフが雪をおろしにゆくくらいです。
このような時には、水輪のメンバーみんなで雪かきに精を出します。
冬に入り初めに雪を見た時は、皆わくわくするのですが、さすがにこの量になると気持ちも変わってきます。
あとは、雪に負けす、めげず、あきらめず、ひたすら雪をかきつづける。
これは自分自身の成長につながる良い実習の一つです。
初めての人はあまりの雪の量と、体力の消費に気持ちも萎えてしまいます。
しかし、自分の気持ちに巻き込まれず、呼吸を意識し淡々と雪かきに向き合います。
そして雪かきに一生懸命になり、夢中になると、腰が痛いやら量が多いやらといったものすら感じなくなっている自分に気づくときがあります。
長い距離を行う時は、あとどのくらいあるのかと先を気にしたり、今どのくらい行ったのかと後ろを振り返ったりと後先にとらわれ気持ちが萎えることがあります。
しかし、今に向き合う。
今目の前の雪をかきつづけることで長い距離の雪かきも苦と感じなく完了するのです。
たかが雪かき、されど雪かき。
今日もみんなで頑張りました。


0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。