ブログ説明


若者の心の扉を開き、いのちの感覚を目覚めさせ、知力・体力・気力を充実させ、

人間力・仕事力・徳力・生活力・学力・実践力・自分力を養い、世のため、人のために

役立つ人間に成長することを願い、若者の「生き方」と「働き方」と「自立」を応援しています。


2019年10月28日月曜日

2019/10/28 ハッピーバースデー!

10月のお誕生日会です!
今月は台風が来たりと、色々とあった月でしたが
みんなでこうやって顔を合わせてお誕生日を祝えたことが本当に嬉しいです。

今回はお客様たちも一緒になってお誕生日を祝ってくださいました!

楽しい時間を、ありがとうございました。

<こちらもあわせてご覧ください!>

2019年10月27日日曜日

みんなの「人間観」って?⑤

水輪のスタッフ・研修生・実習生たちの思う
「人間観」をシリーズでご紹介させていただきます!

R.S.
人間、色々な人がいて、仕事ができる人もいれば、全くできない人もいる。
仕事はできないけれど、人柄が良い人もいる。

私は早穂理さんより歩けたり、話せたりはするけれども、
早穂理さんは誰よりも素敵な笑顔を持っていて、人々を感動させて、
人々を癒すことができる。

私は、一緒に実習をしている実習生の子からも学んでいる。
自分とは違ったタイプの人と一緒に生きていくこと、
相手を信じることは、自分を信じることと一緒だと思っている。
過去、未熟だった自分自身を見ているような、応援するような気持ちで接している。

だから、不完全な人間同士、
お互いが世界にたった一人しかいない存在だということを認め合い、
お互いの違いを尊敬し合いながらともに成長していけたら、
とても良い関係が築けていくと思います。

そのためには、私自信がもっと人のことを受け入れたり、
自分自身を手放していくという課題があるのかもしれません。
それに向かって努力していきたいと思っています。
《次へ続く!》



<こちらもあわせてご覧ください!>

みんなの「人間観」って?④

水輪のスタッフ・研修生・実習生たちの思う
「人間観」をシリーズでご紹介させていただきます!

A.C.
私は水輪にきて、様々な点で考え方が変わりました。
その中で、「出来ない」といわれる人に対しての考え方が変わった体験を紹介します。

ある実習生の方が入所してきたばかりの頃、
自分より実習がスムーズに出来なく、教えてもなかなか上手くいかない。
そんな子に対して、自分の中で、「私は出来る。あの子は出来ない。」
という考え方が生まれてきました。
加えて、なんで自分の言う通りにやってくれないのだろうという苛々感や
怒りが湧いてきて、結果として私は彼女への対応がひどくなり、
冷たい態度や、厳しく怒ったりして、彼女を傷つけてしまいました。

彼女との関係が悪くなる一方で、
自分は様々なミーティングやみんなからの指導を通し、
私は今までなんてひどいことをしてきたのだろうと気づきました。
そして、全ては自分自身の問題なのだと気づきました。

「彼女が出来ないんじゃない、
彼女を出来ない人として見ている自分が問題なんだ。」

技術面で少し不器用な人に対しての自分自身の思い方。態度。
出来ないのは彼女ではなく、自分自身だ、と心底落ち込んだ時がありました。

その体験から、人や物に対する感情、怒りや悲しみは、
全て自分自身の問題だとわかりました。
それ以来、ハンディを持っている人、不器用な人より
自分ができるという考えはなくなりました。

私は今、人との関わり、ハンディを持っている持っていないにかかわらず、
全てを学びの機会としてとらえています。
またその人に対する関り方で自分の人格を高めることができると感じています。

人との関わり方は、決して自分の思い通りにはいきません。
問題はその時、自分の中に出てくる感情がどういう感情・想いかということです。

この世に意味のない人なんていない、
全ての人が素晴らしいものをもっている。

なぜそう思うかというと、こんなに絶望していた自分にでさえ、
素晴らしいものを持っていると教えていただき、
そのことをみんなが信じてくれたからです。
そして、そのことを自分も信じることができたからです。

全ての人が素晴らしいものを持っていると、信じることができるようになりました。
ありがとうございました。
《次へ続く!》



<こちらもあわせてご覧ください!>

2019年10月24日木曜日

みんなの「人間観」って?③

水輪のスタッフ・研修生・実習生たちの思う
「人間観」をシリーズでご紹介させていただきます!

A.K.
私はどんな人間も、必ず必要とされてこの世に存在していると思っています。
私たちの魂は全てもともと一つの存在だったようにも感じます。
そして私たちがこの世に生まれてきた理由は、
生きることを通して、喜び、悲しみ、苦しみ、感動、
様々な体験を通して、そしてより大きな愛へかえっていくことではないでしょうか?
実習生の方々との関わりの中でも、自分との関わりの中でも、
自分がぶれていると自分の中にネガティブな感情が影をおとすことがあります。
しかし絶対、人に対しても自分に対しても諦めない。
必ずいつか道が開く!と信じています。
《次へ続く!》
<こちらもあわせてご覧ください!>

2019年10月22日火曜日

みんなの「人間観」って?②

水輪のスタッフ・研修生・実習生たちの思う
「人間観」をシリーズでご紹介させていただきます!

Y.I.
自分の中にある人間観は、人は人との関係性の中で
生きているということです。
そして誰ひとりとして完璧な人間はいなく、
大なり小なり課題を抱えて生きていると思います。

だから、誰が上で誰が下ということではなく、
人とかかわることは相手に尽くしているようでも、
一番自分が育ててもらっているのです。

自分の心を満たそうと、いくら外に求めても得られない。
他者を自分の中に存在させることで、今に意識が戻る。
自分の感情や雑念に振り回されず、
今に生きることが自分を成長させてくれる。

その体験を通して、さらに他者や周りへの感謝が生まれるのだと思います。
《次へ続く!》

<こちらもあわせてご覧ください!>

2019年10月21日月曜日

みんなの「人間観」って?①

水輪で実習していく中での大事なキーワードが、「人間観」です。

約30人での共同生活では、いろいろな個性を持ったいろいろな性格の人たちがいます。
得意不得意も一人ひとり違う、
今まで生きてきた人生も、そこで得てきた学びも、周りの環境も、
誰ひとりとして同じ人はいません。

仲間とともに生きあう中で大切にしていることは、
誰かを蹴落としたり、誰かを犠牲にすることではなく、
一人ひとりが相手を尊重し、しかし人間として間違ったことや、
おかしいと思うことについてはしっかりと指摘をしあうこと。
そしてそういう人間同士の関わり合いの中で、理解を深めて、ともに成長をしていく。

そんな中で、自分がどういう「人間観」を持って、生活をしていくのか、
生きていくのか、ということは
人間関係を築いていくうえでもとても大切なことです。

今回シリーズで、みんなの持っている「人間観」を紹介させていただきます!
《次に続く!》
<こちらもあわせてご覧ください!>

2019年10月20日日曜日

2019/10/20 台風19号が過ぎて

台風19号が過ぎ去りましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

水輪では停電・倒木・ビニールハウスの破損など
予想以上の台風の大きさに少し驚きましたが、
みんなで協力して乗り切ることができました。

ちょうどセミナー開催期間で、お客様もご宿泊されていましたが、
幸い人的な被害もなく無事にお過ごしいただくことができました。
ご迷惑をおかけしてしまった部分が多々ありましたが、
皆様快くご協力いただき、本当に感謝でいっぱいです。ありがとうございました。

停電で電気が使えない中、ランタン・ロウソクなどで灯りをとり
また暖炉を焚いたりして暖をとりました。
夜のレストランも普段とは違う、素敵な雰囲気でした。

今回の台風では毎年行っている、年に2回の防災訓練のおかげもあり、
停電が起きても慌てずにそれぞれ役割を探しながら動くことができたように感じます。

また実際にこういう災害を体験することで、
発電機の使い方をはじめ、災害時のお客様への対応や、
何を優先的に考え、行動するべきなのか?など実践的に学ぶこともでき
災害対策で不足の部分もたくさん発見することができました。

実は、台風の停電が直った後日、また電線が切れたことによる停電が起こりました。
しかしその時は、台風の停電の時よりもやるべきことをそれぞれが認識し、
即座に行動に移すことができ、
大変な側面もある中で、とても多くの学びを得られた台風19号だったように感じます。

お客様には大変ご迷惑をおかけしてしまった部分もありましたが、
今回の経験を糧に、これからも不測の事態に備えられるよう
みんなで頑張っていきたいと思います。

ありがとうございました!

<こちらもあわせてご覧ください!>

2019年10月10日木曜日

2019/10/10 お誕生日おめでとう🕯🕯

10月4日のお誕生日!おめでとうございます!
畑で一生懸命テキパキ取り組んでいる姿が
本当にすごいなぁと思わされます。
これからもお客様に美味しいお野菜をお届けできるよう
一緒に頑張りましょう!


<こちらもあわせてご覧ください!>