ブログ説明


若者の心の扉を開き、いのちの感覚を目覚めさせ、知力・体力・気力を充実させ、

人間力・仕事力・徳力・生活力・学力・実践力・自分力を養い、世のため、人のために

役立つ人間に成長することを願い、若者の「生き方」と「働き方」と「自立」を応援しています。


2019年11月6日水曜日

2019/11/06 今は昔、柿取りの翁というものありけり。

皆様こんにちは!
昨日、長野市内で柿収穫にいきました。
柿とりは初めてで、出発する時からワクワクしていました。

午前9時に出発、11時頃に着き、
木になっている柿を見た途端、
あまりのオレンジの柿のきれいな風景に感動しました。

早速、手の届く高さから柿を10~20個とりました。
全部で柿のとれるところが5か所あって、
2か所目から枝切りばさみを使い、
その使い方と、柿のとり方のコツも教えてもらいながら実習をしました。

高いところは難しくて柿を落としてつぶしてしまうこともありましたが、
何回もやっていくうちに、徐々にコツをつかんで
2か所目だけでも4コンテナもとれました。
合計9コンテナとることができました。

休憩も忘れるほど、真剣に集中して取り組むことができました!

去年よりも柿の量は多く、
柿収穫にやりがいを感じることができて本当に良かったです。

また柿の木の持ち主の方にもお会いすることができ、
柿収穫に必要な色々な道具をお貸しいただいただけでなく、
飲みものまで頂き、その優しさに感謝の気持ちでいっぱいでした。

とても貴重な体験ができて、とても嬉しかったですし、
生きる力を改めて、この柿収穫を通して学べました。
とても感謝しています。
ありがとうございました。
(Y.S.)


0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。