2021年1月11日月曜日

青少年ブログをご覧の皆様へ『新!ブログ』のお知らせ

いつもブログをご覧頂き誠にありがとうございます。
この度、『生き方働き方学校 青少年育成ブログ』は
生き方働き方学校ホームページと統合することになりました。
青少年の学びや日常生活を随時更新させて頂く予定です。
今後とも是非よろしくお願い致します。
また、水輪の活動、新着情報については
水輪のホームページをご覧ください。

2020年12月26日土曜日

2020.12.25 Merry Christmas★たくさんの頂きもの

Merry Christmas!!
水輪を応援して下さっている方々から
たくさんのお菓子のプレゼントを頂きました。

皆さん本当にありがとうございます。
コロナウイルスの影響で宿泊業を一時閉鎖し、
水輪と直接関わることが少ない中で
このように応援して下さる方々が数多くいることに
本当に感謝の気持ちを感じさせて頂いております。

皆様から贈って頂くお品の数々、
添えてあるメッセージ、お手紙
お野菜定期便に対するご意見やご感想
Facebookやブログへのコメント

本当に嬉しく水輪の皆で共有させて頂いております。
世界が混沌とする中、
水輪で元気に生きていられることに感謝をして
これからも精進して参りたいと思っております。

本当にありがとうございます。
写真に載せきれなかった頂き物も数々あります。
本当にありがとうございます。

みんなでメリークリスマスとお正月のお休みに頂きます。

2020年12月22日火曜日

2020.12.22 男の料理 お好み焼き

前回の男の料理では研先生特製の魚介たっぷりお好み焼きを作って頂きました!!
とっても美味しいお好み焼きでみんな満面の笑顔です。

このお好み焼きは水を一切使っていません。
長芋と卵と野菜と魚介類で作っています。
30人分のお好み焼きを5枚のフライパンを使って焼いて下さりました。

研先生を筆頭とする男の料理の日
研先生が本当に私たちのことを息子と娘のように想ってくれているのが伝わるくらい
お料理に愛が詰まっています。

また、毎日毎日、朝、昼、夕と食事を作って下さっている厨房の女性メンバーにも
改めて感謝の気持ちを感じさせて頂きました。

美味しいお料理を食べて、そのエネルギーを少しでも世のため人のために使えるよう
立派な人間を目指して明日からも実習頑張ります!!

研先生、みどり先生いつもありがとうございます!!



 <こちらもあわせてご覧ください!>

2020年12月18日金曜日

2020.12.18 日本の皆さんコロナに負けず頑張りましょう!

コロナの大変な時に頑張っている私たちに
山本勇人先生から歯ブラシを頂きました。
コロナに負けない体づくりにはお口の衛生が第一です。
山本勇人先生、ありがとうございます!!
毎年私たちに送ってきて下さります。

私たちは毎日元気に実習頑張っています!
立派な人間になれるように、これからも実習頑張ります!
よろしくお願いします!





 <こちらもあわせてご覧ください!>

2020年12月14日月曜日

2020.12.13 お魚『そい』をさばきました!

いつも私たちを応援して下さっている木下修さんと容子さんから、たくさんのお魚を
頂きました。今回送って頂いたのは『鮭』と『そい』というお魚です。

今日の夕食は『そいの塩焼き』でした。
さばいてくれたのは厨房で実習をしているS.T.さんとN.S.さん。
少し苦戦しながらも上手にさばいてくれました。

そいの塩焼きはとっても美味しかったです!
本当にありがとうございます。

他にも多くの方からお菓子やフルーツを頂いております。
皆感謝の気持ちでいっぱいです。
皆様が応援して下さるお気持ちに恥じぬよう
これからも精進して参ります。





2020年12月11日金曜日

2020.12.11 たくあん漬け

先日は、野沢菜漬けに続き、たくあん漬けを行いました。
今や出回ることの少ない本物のたくあん漬け。
水輪では野菜を作るところから始まり、
加工するところまでの食文化を大切にしています。
今回たくあん漬けを行った研修生のT.S.さんの感想文をご紹介させて頂きます。

『たくあん漬けブログ』 研修生T.S.さん
今回のたくあん漬けは学びがたくさんありました。
たくあん漬けはすぐに出来るものではなく、ぬか、塩をはじめとした様々な調味料、そしてメインの大根もしっかり「層」の状態になるように入れます。
そしてしばらくすると「発酵」がはじまり、生のものよりビタミンB群が3倍以上に増えます。
このたくあん漬けを2樽程漬けさせて頂きました。
実際やってみると、かなり考えながら行わなければなりません。
大根の重さの数%の限られた塩をいかにバランスよく、そして樽の下側から、濃度が高いようにふりまかないといけない、大根も「層」の状態にしていく時、出来るだけ隙間が出来ないようにしないといけない、本当に考えながらの連続でした。しかし、大事なのはいかに美味しくなることを祈りながら「気」を込めることだと思いました。技術的なことはもちろん、大事なのは「心をこめる」と感じています。それ故に今回はどんな出来になるか楽しみです。

2020年12月8日火曜日

2020.12.8 ファーム動画

飯綱では雪が降り始め、寒さは日に日に増しています。
コロナ禍で世界が混沌とする中、水輪では全員がマスクを付けずに過ごしており、
仲間と共に笑い合ったり、一緒に食事をしたり、温かいお布団で毎日眠れる等の、
あたりまえのような自分たちの生活が、どれほど幸せなのか、日々考えさせられます。

動画は最近の飯綱ファームの様子です。
寒い中畑で畝作りをしているファームメンバー、
午後には先生方から頂いた温かいココア等を厨房メンバーが持ってきてくれます。
実習を通し、一人一人は着実に成長していっています。
そしてその成長は皆が嬉しく、更なる成長を心から願っています。
これからもよろしくお願いします!


<こちらもあわせてご覧ください!>


2020年12月4日金曜日

2020.12.4 母屋でのお食事会の様子です。

先日は豪華なお食事会でした。
母屋で実習しているメンバーは外に出ることは少なく、常に陰徳を積んでいます。
お食事の準備、片付け、早穂理さんのお食事作り、掃除、早穂理さんのケア、等々。
毎日ルーティーンの実習をこなしてゆきます。
何か特別な事がある訳でもない、華やかな事がある訳でもない
ただ毎日淡々と目の前の実習をこなしてゆく。
その中に深い気付きと学びがあり、成長があります。
特に早穂理さんのケアをしているメンバーは、「いのちと向き合う」ということを実践をしており、いのちの尊さを学んでいます。
これからも、今、ここで実習させて頂いていることに感謝をして、精進して参ります。
これからもよろしくお願いします!

2020年12月3日木曜日

2020.12.3 お豆選別も集中力を高めます!

今、自己を深めるため畑ハウスで実習を行っているOさん。
黒豆の脱粒を行っているところをパシャリ。
満面の笑顔を見せてくれました。

皆と少し距離を置いて自分を見つめることで、
自分が何を水輪で学んでいるのか、何のためにここへ来たのか、
また、日々どれ程多くの人に支えられて生きているのか、感謝の気持ち等
今まで当たり前で気づかなかった大切なことに少しずつ気付いていきます。

Oさんも、最近はとても表情が良くなり、実習も頑張っています。

これからもよろしくお願いします!

2020年12月2日水曜日

2020.12.2 お誕生日は親に感謝をする日

先日11月30日は実習生T.M.さんのお誕生日でした。
ご両親からはとっても美味しい鱒寿司とチーズケーキ、
研先生からは特製ステーキ、焼売ラーメンを頂き、とっても嬉しそうなT.M.さんでした。
研先生は「誕生日は、自分を生み、育ててくれた親に感謝をする日だ」と
おっしゃっています。
T.M.さんの『誕生日を迎えて』という文章を載せさせて頂きます。

『誕生日を迎えて』T.M.

早いもので水輪で迎える誕生日も4回目になりました。
家に帰りたくて仕方なかった1年目、2年目に比べると心境もだいぶ変わってきました。
社会復帰志望であることに変わりはないとは言え、
水輪が自分の第2の家のような感覚になり、
仲間がいるというように感じられます。
研一先生、みどり先生をはじめ、スタッフ、研修生、実習生の方々、
そして東京にいる父、母には尽きせぬ感謝を感じています。
今後ともよろしくお願いします。





2020年12月1日火曜日

2020.12.1 お誕生日おめでとうございます!

少し前、11月28日はスタッフ飛田航介さんのお誕生日でした。
お誕生日会では、シェフの鷲尾智恵子さんがステーキを焼いて下さり、
とっても嬉しそうな飛田さんでした。

『50回目の誕生日を迎えた抱負』

本日は皆さまから誕生日を祝っていただき、誠にありがとうございます。

今日は私がいのちの森へ来てから15回目の、そして人生に於ける50回目の誕生日です。想いは色々と過ぎりますが、まずはこんな自分を辛抱強く指導し続けて下さった塩澤研一先生、塩澤みどり先生に深く御礼申し上げます。この50回目の誕生日を私の新しい人生のスタートとします。これからは自分の人生に重きを置くのはわたくしのことでは無く、いかに世のため人のためになれるかということを第一義とします。それがいのちの森水輪スタッフとしての自覚だと思っています。これからもこんなわたくしをどうかよろしく御指導お願いいたします。

小生の妹であるカーンかおる様、そして夫君であるカーンズヘール様、わたしにとっての師であり又、同士であるお二人に、わたくしはこれから清貧であることを誓います。それがいのちの森に集う実習生の方々、研修生の方々、スタッフ方々への在り方だと思っています。

感謝と誠実を常に胸に抱いて日々努力を積み重ねていきます。

本日は本当にありがとうございました。

               令和2年11月28日 飛田航介